全国のドクター8,717人の想いを取材
クリニック・病院 161,527件の情報を掲載(2019年12月06日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. めやにがでるの原因と考えられる病気一覧
  4. ドライアイ
  1. TOP
  2. 眼の病気一覧
  3. ドライアイ
015

こちらの記事の監修医師
新家 眞 院長

どらいあいドライアイ

概要

涙の分泌量が不足したり、量は十分なのに涙の質の低下により涙がすぐに蒸発したりなどの異常によって角膜が乾燥し、目の表面が傷ついてしまう病気。涙は油層、水層、ムチン層の3層から成り立っており、それぞれのバランスを保つことで涙の安定性を保っている。しかしこの涙の状態が不安定になることで、涙が蒸発しやすくなったり、眼表面に傷がつきやすくなったりする。涙は角膜や結膜の細胞へ栄養を供給するのにも使われているため、ドライアイになることで角膜や結膜が傷付きやすくなる。日本では約800~2200万人がドライアイであるといわれている。 パソコンやスマートフォンの長時間の使用なども原因とされており、オフィスワーカーの8人に1人はドライアイともいわれており、年々増加傾向にある。 

原因

加齢による涙の分泌量の減少や質の低下、パソコンやスマートフォンなどのモニターを長時間見つめることによるまばたきの減少、コンタクトレンズの使用、空調による室内の乾燥が主な原因となる。血圧を下げる薬や向精神薬、抗がん剤により涙の分泌量が減ることも知られている。また、点眼薬の中には涙の安定性を欠如させ、角膜に障害を与えやすくする成分が含まれていることもあり、ドライアイを引き起こす原因となる。加齢によりまぶたのふちにあるマイボーム腺という脂を出す部位が詰まり、脂が出にくくなるマイボーム腺機能不全、結膜部分がゆるみ、目の表面で涙がとどまりにくくなったり、ゆるんだ結膜が摩擦で目の表面を傷つきやすくする結膜弛緩症なども。まれに自己免疫疾患であるシェーグレン症候群が原因となることもある。比較的男性より女性のほうがなりやすい。 

症状

ドライアイという病名通りの乾燥感だけでなく、異物感や目の痛み、目の疲れ、目のかすみ、目が赤くなる、涙が出るなど、あらゆる慢性的な目の不快感を生じる。人によっては、目やにが多く出たり、目を重たく感じたりすることも。また乾燥によって目の表面が傷付きやすくなるため、傷から感染症になり、視力が低下したり、痛みや充血が生じたり、光をまぶしく感じたりする。 

検査・診断

問診と視診、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査を行う。細隙灯顕微鏡検査では、まぶたの表裏や結膜、角膜を観察し、目の表面に傷があるかどうか、その程度はどうかを調べる。特殊な染色液を少量点眼し、さらに詳細に変化を観察する。同じ染色液で涙の層が乱れるまでにかかる時間を測定する涙液層破壊時間検査を行い、涙の安定性を調べ、涙液メニスカス高も調べる。シルマー試験は、涙の量を調べるための一般的な検査。検査用のろ紙をまぶたに挟んで涙を吸わせ、5分間で濡れた部分の長さを測定して涙の分泌量を測定する。ドライアイの自覚症状がある上に、涙液異常や角結膜上皮障害が認められると確定診断となる。 

治療

症状が軽い場合は、点眼薬で目に潤いを与えることで改善を図る。人工涙液やヒアルロン酸製剤、ムチンや水分を分泌促進する点眼薬、ムチンを増加させる点眼薬などを使用する。それだけでは不十分な場合、涙点プラグと呼ばれる小さな器具で涙腺に栓をし、涙の生理的排出を人工的に遮断し、涙を目にためる処置を施す。 

予防/治療後の注意

室内が乾燥していると目が乾きやすくなるため、加湿器を使ったり、エアコンの使用を控えたりすることが予防につながる。また、パソコンやスマートフォンを使ったり、テレビを見たりするときは、顔を画面に近づけ過ぎない、画面は目より下に設置する、まばたきの回数を増やす、長時間運転をするときなどにはこまめに休憩を取るなどを心がける。市販のドライアイ専用眼鏡を使用し、眼鏡の周りに覆いを付けて目の周りの湿度を上げ、目を温めて目の疲れを取ることも有効である。コンタクトレンズは、正しい使用法を守ること。 

015

こちらの記事の監修医師

公立学校共済組合 関東中央病院

新家 眞 院長

東京大学名誉教授、埼玉医科大学客員教授、東京医科大学客員教授。 1974 年東京大学医学部卒業、同大大学院医学研究科教授。