病気・けがを知る

IgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)の症状、治療内容から初診に適した診断科目まで適切な病院・クリニック、医者の選択のために必要な知識をピックアップしました。IgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)について正しく理解しましょう。

IgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)あいじーえーけっかんえん(へのっほ・しぇーんらいんしはんびょう)

IgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)とは

全身の血管に炎症が起こり、さまざまな部位の皮膚に盛り上がった紫斑(内出血のような紫色の斑点)が認められる病気。子どもに多く見られるが、大人でもかかることがある。体にウイルスや細菌などの異物が侵入してきたときにIgAと呼ばれる抗体が生み出され、この抗体がなんらかの要因で血管の壁に沈着して起こるといわれているが、詳しい原因はわかっていない。

症状

脚のすね、おしり、足の甲、腕などに盛り上がった紫斑が見られる。同時に関節痛や嘔吐、極めて強い腹痛、下痢、腎臓病などを併発することもあるが、どの症状が現れるかは人によって異なる。まれに、腸重積(腸が折りたたまれて大腸など同じ腸に入り込み、腸を閉塞してしまう病気)や血便を伴うこともある。

診断内容

特徴である紫斑の有無を確認する。また、似たような症状が見られるほかの病気の可能性を排除するために、さまざまな検査を行うことがある。血液検査では、血管が炎症を起こしているか、過剰なタンパク質がないかなどを確認する(IgA抗体はタンパク質からできているため、血液検査でタンパク質の値が異常値を示す)。腎臓の異常を確かめるために、尿検査を行うことも。また、便潜血や腸重積が疑われる場合には、便検査や腹部超音波(エコー)検査を併せて実施する。

治療内容

定期的な検診・検査を欠かさず、安静にしているのが基本。多くの場合、自然に治癒する。関節痛や腹痛、腎臓の障害などを併発しているときは、それぞれの症状を抑える薬を用いる。腸重積や腎臓病が重症化した場合は、これを早期に治療する。

初診に適した診療科目

内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

小児科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細