全国のドクター12,588人の想いを取材
クリニック・病院 158,547件の情報を掲載(2024年6月26日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 北九州市小倉北区
  4. 平和通駅
  5. ナカノ歯科医院
  6. 中野 宏俊 院長

中野 宏俊 院長の独自取材記事

ナカノ歯科医院

(北九州市小倉北区/平和通駅)

最終更新日:2022/12/14

中野宏俊院長 ナカノ歯科医院 main

小倉駅から徒歩8分。1974年に開業してから40年以上、小倉の地で地域患者の歯を守り続けているのが「ナカノ歯科医院」だ。同院には歯科衛生士、歯科助手の他、歯科技工士も在籍し、各自がインプラント治療や歯周病治療などを専門的に研鑽を積んできている。「最新の治療だけに飛びつくのではなく、研鑽を積んできた長期的に安定性の高い治療を、丁寧に患者さんに提供していくのが大事だと考えています」と、中野宏俊院長は穏やかに語る。院内には患者からの手紙やスタッフの写真などが飾られ、患者に愛されてるクリニックだということが伝わる。穏やかな雰囲気のある院長に、治療スタンスやスタッフとの連携などについて詳しく聞いた。

(取材日2021年6月30日)

地道で丁寧な治療をベースに、歯周病などの悩みに対応

先生はクリニックをお父さまから継がれたと聞きました。

中野宏俊院長 ナカノ歯科医院1

父が当院を開業したのは1974年、私が5歳当時のことです。私自身はそこまで「継ぐ」という意識はなく育っていたのですが、高校生の頃から父が参加する講演会などについていっていましたし、周りの大人の多くは歯科医師だったんです。ですから仕事のイメージができるものといったらやっぱり“歯科医師”であり、結果的に父と同じ道を選んでいました。周りの先生方やその患者さんたちにかわいがられて育ってきたのだと思います。神奈川歯科大学を卒業後は、父のアドバイスもあり山口大学歯科口腔外科に勤務し、その後は福岡市にある船越歯科医院に勤務させていただきました。

船越歯科医院は歯周病に特化したクリニックのようですね。どのようなことを学んできたのでしょうか?

船越歯科医院の船越栄次先生は、日本の歯周治療の草分け的であられました。そこで学んだ技術、学術的なことは言うに及ばず、船越先生のお人柄も非常に魅力的でした。医療人としても、院長としても、スタッフや患者さんと接する姿にも、憧れました。先生はとてもフランクなお人柄なのですが、私はどちらかというと一人でこもって熱中するタイプだったので、少しでもその姿勢に触れて自分にも取り入れたい、という気持ちもありました。あと船越歯科では、スーツとネクタイで出勤するという決まりがあったのですが、私の父も同様でしたので、北九州に戻ってきてからも、勤務医とともに今もその文化を引き継いでいます。

クリニックでそのスタイルは珍しいかもしれませんね。

中野宏俊院長 ナカノ歯科医院2

北九州市の商業地のクリニックですから、街の人から歯科医師として信頼を得られるような格好をしなさい、ということだったのかもしれませんね。父から教わった中で印象に残っているのは、きらびやかなところだけではなく、地道な部分にもしっかり目を配ること、です。勉強会などに参加すると、とても勉強になる芸術的な症例に出合うんです。しかしその表面的な結果ばかりを追いかけるではなく、その裏の診査、診断、基礎治療の積み重ねにまで思いをめぐらすこと。大事なのは、基礎的な治療であり、それを確実に行うことだと。当院でも初診時から患者さんの口腔内の写真を必ず撮っていますが、それは自分の臨床の発表用なのではなく、日々の診療に生かすものだという考えからです。治療の計画も詳細に検討できますし、メインテナンス中の変化の確認や患者さんへの説明にもかかせません。この考えは歯科衛生士さんにもしっかりと伝えています。

患者の未来を守るため、正しい情報を丁寧に伝えていく

そういった点を、日々の診療でも心がけておられるのですね。

中野宏俊院長 ナカノ歯科医院3

今ではネットなどで情報が簡単に得られるようになっていますが、その情報が正しいとは限りません。また、その情報がその患者さんに該当するかどうかも、正しく判断することは難しいものです。患者さんが自分の現状を正しく理解した上での希望に沿うことが大切だと思っています。だから患者さんに対する現状の説明や、治療方法の説明を正しく理解してもらった後の、患者さんの本当の希望をくみ取り、すり合わせることが大切です。例えば「インプラントをお願いできますか?」とか「インプラントは悪いと聞いた」とか、言われることがあります。それだけで、インプラント治療をする、しないを決めてはいけないと思っています。インプラントに関してその患者さんに必要な説明をした上で、その結果インプラント治療を選ぶことはもちろん構いませんし、手術はどうにも苦手だからと入れ歯を選ぶ方もおられます。

歯科として、正しい情報を提供することが大事なのですね。

要は説明を省くことで、患者さんに不利益が生じないようにすることが大切なんです。患者さんは専門家ではありませんから、知らないことが当然です。それを補うのが、私たち歯科医師や歯科衛生士なのです。これは父や先輩の先生方からもよく言われてきたことですが、患者さんの選択は大事だが、患者さんの言葉に迎合した治療ではなく、患者さんの利益を考えた治療をしなさい、と。この教えは歯科衛生士をはじめスタッフすべてに共有しています。そうすれば患者さんの心の奥にある要望などとも、自然とすり合わせができていくものだと考えています。

地道に、丁寧に、というのが軸にあるのですね。

中野宏俊院長 ナカノ歯科医院4

ブラッシングなどの基本的なこともとても大事にしています。それはブラッシング練習をせずに治療をしたとしても、望ましい結果を得られないし、場合によってはかえって悪くなることもあるからです。これは歯石取りでも、歯周外科治療でも、虫歯の治療でも同様です。当院では本格的に治療を始める前に、口腔内の状況を確認して、必要であれば徹底してブラッシングを行って、できる限り細菌感染などのリスクの少ない治療を進めていくようにしています。けれども「どうしてこんな遠回りをするんですか?」という方がおられるのも事実です。そういった時にも、どうして必要なのか、という点をしっかりお伝えすれば、おおよその方は理解してくださいますよ。予約時間前に来て、ブラッシングコーナーでブラッシングをしながら待ってる患者さんがたくさんいらっしゃいます。

歯科衛生士ともしっかり連携し、患者の歯を守っていく

歯科衛生士さんの存在はとても大きいものなのですね。

中野宏俊院長 ナカノ歯科医院5

当院では治療にあたる場合、歯科医師、歯科衛生士、患者さんの3人体制で進めていきます。最初に歯周基本治療という、助走ともいうべき治療が念入りに行われるかどうかによって、その後の治療が順調に進むかどうかが決まると考えています。また、治療完了後もご自宅での歯磨きが、その後の健康を左右するとも言えるでしょう。その最初の理解を促す役割を担っているのが、歯科衛生士なんです。また当院には歯科技工士もいるため、患者さんと直接相談して好みなどを反映させてくれるのでとても助かっています。また、型採りもその場で顕微鏡でチェックしてくれるので、適合精度の高いかぶせ物ができます。残念ながら削ってかぶせる歯には、せめて精度は高くありたいと考えています。

それは本当に心強いですね。メインテナンスを希望される方も増えてきていますか?

はい、健康意識の高まりとともに、痛みがない状態で歯科を受診される方が増えています。「こちらでも継続的にメインテナンスをしたい」という転居されて来られた方や、患者さん同士のご紹介でいらっしゃる場合もあります。メインテナンスだけを希望されていても、検査をしてみると自覚症状のない病気が見つかることも考えられます。いずれにせよ、メインテナンスを行っていると、治療が必要になったとしても軽い治療で済むことが多々あります。また当院では歯科衛生士は担当制ですので、より安心して通っていただけていると感じています。歯科医師も基本的には担当制ですが、治療内容によってはそれぞれの得意分野を持ち寄ることもありますよ。

患者さんの歯をクリニック全体で、継続的に診ていく環境にあるのですね。

中野宏俊院長 ナカノ歯科医院6

毎週ミーティングをしているのですが、そこでも患者さんの情報であったり、みんなが感じたことを共有し、自分自身の仕事への糧にしてもらっています。当院のスタッフは資格取得などにも前向きですから、本当に助かっていますよ。新しい治療法にも取り組みながら、地域密着の歯科医院として、これからも丁寧に診療を行っていきたいですね。いずれ皆さんお年を召していくものですから、その中でメインテナンスが果たす役割は大きいものだと実感しています。自分の歯を大切にしたいからしっかりと診てもらいたい、年を取っても自分の歯で食事を楽しみたいという方はぜひ、ご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/35万2000円~、歯周組織再生療法/8万8000円~、セラミッククラウン/11万円~13万2000円 
※症例によって価格は変動します

Access