全国のドクター9,295人の想いを取材
クリニック・病院 158,642件の情報を掲載(2024年4月22日現在)

  1. TOP
  2. 鹿児島県
  3. 鹿児島市
  4. 天文館通駅
  5. 副島デンタルクリニック
  6. 副島 健太郎 院長

副島 健太郎 院長の独自取材記事

副島デンタルクリニック

(鹿児島市/天文館通駅)

最終更新日:2021/10/12

副島健太郎院長 副島デンタルクリニック main

鹿児島市電の天文館通駅から徒歩2分、天文館バス停からも徒歩1分の「副島デンタルクリニック」は天文館アーケードの中にある。院長を務めるのは、歯科口腔外科を専門とし、インプラント治療を得意とする副島健太郎先生。従来の診療内容に固執することなく、時代の変化に合わせた在り方を模索する向上心にあふれた歯科医師だ。患者のさまざまな求めに柔軟に応じ、かつ満足いく結果を提供できるよう、知識や技術を習得し、医療者として研鑽を続ける副島院長。患者とフレンドリーな関係を築き、心理面での配慮も怠らない副島院長に、クリニックの診療方針や今後の展望を聞いた。

(取材日2021年7月13日)

歯科医院を治療の場からメンテナンスの場に

このクリニックはお父さまから継承されたのですね。

副島健太郎院長 副島デンタルクリニック1

はい。ここを開業したのは父ですが、祖父も鹿児島大学医学部歯科口腔外科学(現・鹿児島大学大学院歯学総合研究科)の教授でしたから、僕と弟は歯科医師3代目です。歯科医師になってからはしばらく県外で経験を積んでいたのですが、父が高齢になったのを機にこちらに戻ってきました。このクリニックは天文館という土地柄、住宅街にある歯科医院とはちょっと違う雰囲気だと思います。患者さんは高齢の女性が多く、治療はすでに終わっていて月1回程度のメンテナンスに来られる方がほとんど。長く通ってくださっている患者さんばかりで、中には30年以上お付き合いしている方もいます。フェリー乗り場のある南ふ頭からも近いため、種子島、奄美大島などから来られる方もいます。メンテナンスのほかに多いのは、親知らずの抜歯ですね。僕が歯科口腔外科出身なので、普通は大学病院で抜いてもらうような難しい親知らずでも対応可能です。

虫歯治療で通われている方は少ないですか?

副島健太郎院長 副島デンタルクリニック2

今は虫歯の方が減っていますよね。昔の小学校には虫歯だらけの子どもがいましたが、今はそういう子は少ないです。大人も同様で、虫歯が減っている代わりに増えているのが、審美的な修復です。最近は患者さんの美に対する意識も高くなっていて、小さな銀歯をセラミックに替えてほしいという方が多いです。かぶせ物は歯科技工士さんの力が大きいので、信頼できる方にお願いしています。クリニックに来てもらい実際に色などを確認してから作ってもらっています。治療後に鏡を見た患者さんが「え、どの歯でしたっけ」と言うのが僕の理想であり、当院がめざす治療です。虫歯の少ない時代ですから、いずれ削ったりインプラントを入れたりする治療は少なくなっていくでしょう。ですから今後は、メンテナンスや審美歯科にも力を入れ、矯正歯科の先生との連携も積極的にしていこうと考えています。

その中でも、特に力を入れて取り組みたい分野は何ですか?

ホワイトニングですね。もっと多くの患者さんのニーズに対応できるよう、新しい機械も導入しました。現在当院では、クリニックで行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの両方に対応しており、両方を組み合わせたデュアルホワイトニングも可能です。1度オフィスホワイトニングを行い、その後ホームホワイトニングをすると施術後の状態が長持ちすることが期待できます。それでも1ヵ月半に1回くらいはオフィスホワイトニングをするのがお勧めですね。ホワイトニング薬剤の刺激を心配される方もいらっしゃいますが、染みるのを防ぐための歯磨き粉もお渡ししておりますのでご安心ください。黒ずんだ歯茎にはピーリングも行っており、ホワイトニング同様希望される方が多いです。

常に患者本位の選択ができる体制を整える

インプラント治療の設備にもこだわっているそうですね。

副島健太郎院長 副島デンタルクリニック3

インプラント治療は父の代から行っています。一時期インプラントの治療事故が報道され問題になった時期がありましたね。インプラントの勉強会などできれいな症例を見ると簡単そうに思えますが、あれは技術力のある先生だからできることであって、侮ると事故が起きることにつながります。ですから僕はすべての手術でサージカルガイドを使っています。事前に歯科用CTで撮影して模型を作り、どこにインプラントを入れたらいいかを計画して、そのとおりにサージカルガイドを作ります。マウスピースのような形で穴が開いているので、治療する部分にかぶせ、ガイドに合わせて骨に穴を開ければ、計画どおりの位置や深さ、角度で人工歯根が埋入できるのです。治療では何より安全性を重視。難しい手術の場合は、大学から先生をお呼びして手伝ってもらいます。

クリニックの診療の特色は何でしょう。

副島健太郎院長 副島デンタルクリニック4

当院では、治療の説明はスタッフが行っています。僕が勧めると断りにくいと感じる患者さんもいらっしゃるでしょうし、それでクリニックに行きづらいなと思われても困ります。よく、歯科医院で親知らずを抜歯して「抜かれました」と言う人がいらっしゃいますが、自分の意思で決めていないから「された」となるわけです。なのでスタッフには、患者さんには保険診療、自由診療、当院でできる治療、できない治療、すべての選択肢を説明するよう伝えています。そしてその中から患者さんに選んでもらう。もしそれが僕にできない治療であれば、ほかの先生にご紹介しています。もちろん、迷われるような場合はしっかりと相談に乗りますのでご安心ください。大事なのは患者さんが納得して治療を選ぶということなんです。

今も勉強会などで技術や知識の習得に努めていると伺いました。

患者さんの望む治療を提供するためには、新しい技術や知識にもアンテナを張っておかなければなりません。なので、新型コロナウイルスの感染拡大前は月に2、3回は勉強会に行っていました。僕だけでなく歯科衛生士にもいろんな知識を持ってほしくて、歯科衛生士向けの勉強会やセミナーを受けてもらっていました。最近は、患者さんも治療に関していろいろとインターネットで調べていて「インプラントはどこのメーカーですか」「何という入れ歯を使っていますか」と質問されることもあると聞きます。それでネットと違う説明をすると指摘されるんです。「ネットにはこう書いてあったよ」と。しかしネットの情報が必ず正しいとは限りません。患者さんに正しい情報をお伝えするためにも、僕たち自身がしっかり知識を身につけておかないといけないんです。

通いやすいクリニックづくりは患者との関係づくりから

患者さんとの印象的なエピソードがあれば教えてください。

副島健太郎院長 副島デンタルクリニック5

長年通ってくださっているご夫婦がいらっしゃるのですが、当院でメンテナンスをした後、お昼に近くでうなぎを食べてから百貨店に寄って帰るのがルーティンだと言ってくださったことがあります。当院が患者さんの日常生活の中で、行って当たり前の場所であると言われたようでうれしかったですね。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

「ありがとうございました」と言われる瞬間です。差し入れを持ってきてくれる患者さんも多くて、そういう気持ちがうれしいですね。僕は偉ぶったりするのが嫌いなので、診療ではよく冗談も言いますし、親知らずの抜歯前は「さあ頑張りましょうか」と明るく声をかけ、緊張をほぐしたりもします。スタッフにも患者さんの友達になりなさいと言っていて、みんなしっかり実践してくれていますよ。患者さんは歯のことだけじゃなく家庭の相談などもされますし、スタッフも自分の相談事を患者さんにしたりして、親密な関係性を築いています。中には「何もないけど会いに来た」という方がいたり、僕たちも「家に帰っても話し相手がいないなら、ここにしゃべりにおいでよ」と言ったり。診療室に笑い声が響いているので、初めて来られた患者さんが驚くことはよくあります。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

副島健太郎院長 副島デンタルクリニック6

一番お伝えしたいのは、口は体の入り口だから大切にしていただきたいということです。口腔内のプラークや歯石は体全体に影響を及ぼします。妊婦さんで歯周病を持っていると低体重のリスクにもつながるといわれていますし、感染性心内膜炎や脳梗塞の原因にも影響するといわれています。反対に、歯が全部残っている方は、高齢になっても認知症の発生率が低いんです。今残っている歯をどれだけ大切にしてもらうかがポイントですね。どんな虫歯であっても、いかに削る歯を必要最低限にして神経を残すかというのが、これから求められる治療ではないかと思います。そのためにも、痛くなったら治療に行くという概念をなくして、髪が伸びたから美容室に行くというような感じで、健康な人にもメンテナンスに来てほしいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント(1歯)/25万円~、ホワイトニング/2万5000円~、セラミック詰め物(1歯)/3万5000円~、セラミックかぶせ物(1歯)/5万円~、歯茎のピーリング/5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access