全国のドクター9,329人の想いを取材
クリニック・病院 161,133件の情報を掲載(2020年11月01日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 逗子市
  4. 逗子駅
  5. 松岡歯科医院
  6. 松岡友輔 院長

松岡友輔 院長の独自取材記事

松岡歯科医院

(逗子市/逗子駅)

最終更新日:2020/04/01

92984

逗子市久木の住宅街にある松岡歯科医院。父の代で開業し、息子である松岡友輔先生が、昨年院長を引き継いだ。虫歯や歯周病などの一般的な診療のほかに、小児歯科や高齢者歯科に力を入れる。小児矯正治療も行う小児歯科では、子どもそれぞれのペースに合わせて怖がらせないよう治療を進める。また、通院できなくなった高齢者のための訪問診療も行っており、口腔ケアから入れ歯の調整、摂食嚥下リハビリテーションまで対応。これらは、松岡院長の「赤ちゃんからお年寄りまで、生涯を通してお付き合いできる歯科医師でありたい」という思いから取り組んでいる診療だ。そんな松岡院長に、治療のことや患者への思い、今後の展望までじっくり聞いた。
(取材日2015年12月9日)

訪問診療は、歯科医師と患者の深い信頼関係があるからこそ叶うもの

こちらの患者層をお聞かせください。

92984 df 1 1 1450772169

当院には、近隣にお住いの高齢の患者さんが多く来院されています。そのため、訪問診療も行っています。「もし通院が難しくなっても、ご自宅に伺ってお口の中のケアができますからね」とあらかじめお伝えしておくことで、患者さんもそのご家族も安心してくださっています。そうして、一人ひとりの患者さんと長くお付き合いしていきたいと考えています。訪問診療では、虫歯や歯周病の治療から入れ歯の調整、抜歯など、医院で可能な治療のほとんどに対応。出来るかぎり、医院でお受けいただくのと変わらないレベルで提供していけるように心がけています。また、飲み込みが難しくなってしまった患者さんへの摂食嚥下リハビリテーションなども行っています。10年程前から、これからの社会に必要となる知識だと感じ勉強を続け、現在は神奈川県歯科医師会の「摂食嚥下障害者相談医」として認定されています。すべての患者さんに、いかに終末期までを苦しくなく快適にお過ごしいただけるか。そのためのサポートをしていければうれしいですね。

訪問診療をしていて感じることはありますか?

患者さんのご自宅に伺う訪問診療は、患者さんやそのご家族との信頼関係が築けていなければ成立しないもの。医療を提供するだけでなく、一人ひとりの人間としての関わりが深いんです。そんな深い関係性ができるからこそ、患者さんの終末期まで携わっていけるのだと思うのです。その患者さんがどんな終末期を迎えるのか。それを、ご家族やケアマネージャーさん、医師の方々と協力し合いながらサポートしていく。歯科医師として、その一員となれればうれしいですね。もっとできたことがあったはずと不甲斐なさを感じることもあれば、私が訪問するとわざわざ玄関まで迎えに来て笑顔を見せてくださる、そんなうれしい瞬間にも出会える。非常にやりがいにあふれた診療だと感じています。歯科医師にできることは限られています。しかし、できることを精一杯、患者さん一人ひとりのために尽くしていきたいですね。

お子さんの診療にも力を入れているのですね。

92984 df 1 2 1450772169

当院には、高齢の患者さんのほかにお子さんも多く来院しています。私がお子さんの診療をする際のモットーは、怖がらせないこと。そして泣かせないこと。私自身、2人の子どもを持つ親という立場です。そのため、子どもが泣いているのは、やはり心苦しいもの。できれば痛くないように、怖くないようにしてあげたいと考えてきました。幼少期に歯科医院に怖いイメージを持ってしまうと、大人になっても歯科医院嫌いになってしまいます。そうならないためにも、治療を怖がる子や診療室にも入れない子も、一人ひとりのペースに合わせてゆっくりと歯科医院やスタッフに慣れてもらうことからはじめています。待合室で少し口の中を診せてもらったり、一緒に遊んだり。それを繰り返していく中で、次第に怖さや緊張感はなくなっていくものです。お母さんたちのお悩みにもお応えしながら、お子さんそれぞれの成長に合わせた治療を進めていきたいと考えています。

生まれてから最期を迎えるまでを診ていける歯科医師が目標

先生が歯科医師をめざされたきっかけは?

92984 df 1 3 1450772169

幼い頃から、父が当院を開業していました。私は昔から人と接することが大好きで、将来は人と深く関わっていける仕事がしたいと考えていました。医院に遊びに来て父の診療を見ているうちに、患者さんとの関係性を築いていける歯科医師という職業に魅力を感じ、この道を選びました。そんなきっかけでしたから、大学を卒業したら医院を継ぎたいと考えていて。それならば、少しでも地域患者さんと長くお付き合いをしていきたいと思い、大学卒業後すぐに当院で働きはじめました。今年で12年目を迎え、働きはじめたばかりの頃、最初に一人で全顎治療を任せてもらった患者さんは、今でも通い続けてくださっています。とてもうれしい事ですね。私の年齢で、患者さんとこんなに長くお付き合いができているのは、1ヵ所に腰を据えてやってきたから。また、歯科医師になってすぐに、自分がどんな歯科医師になりたいかという軸を決められたことも、父の医院を引き継ぐことができたからです。生まれてから最期を迎えるまでを診ていける歯科医師になること。その一本の太い軸が、私の成長を支えてくれています。

こちらが地元なのですね。

生まれも育ちも逗子ですから、思い入れは人一倍です。そのため、地域に貢献していきたいという想いも強いですね。私は現在、自分の母校である幼稚園や小学校で校医をしています。それは、母校やお世話になった先生方への恩返しができればという考えのもと。さらに、逗葉歯科医師会で理事も務めているのですよ。これは、長年会長をしていた父の意思を継げればと思ったことも大きいですね。こうした活動を通して、逗子や葉山の方々の健康に寄与していきたい。ゆっくりとした時間が流れ、心豊かに過ごす街だからこそ、そのままの良さをずっと持っていてほしいと願っています。そのために、健康面で少しでも地域に貢献していければうれしいですね。

マイクロスコープを導入されたのは、どのようなお考えからですか?

92984 df 1 4 1450772169

これは父の代からの考えなのですが、なるべく歯を抜かずに残せる治療をしたいと思っています。当院ではインプラント治療をしていない分、歯を残すための知識や技術を持っている必要があると思っています。その一つが、マイクロスコープを使用した根管治療ですね。いくらきれいなかぶせ物をしても、土台となる歯の根がしっかりと治せていなければ意味がありません。細かい部分までしっかり見て治療が進められるマイクロスコープを使うことで、正確な治療が可能となります。ほかにも、外科的な治療や矯正治療、移植などのさまざまな技術を用い、出来るかぎり歯を残せるように力を尽くしています。治療について、患者さんに心から納得していただくためにも、歯科医師が諦めずに最善を尽くすことが必要だと思っています。

どんな時でも、どんな人でも気軽に相談できるような歯科医院でありたい

診療の際に気を付けていることは何ですか?

92984 df 1 5 1452651590

はじめに治療計画を決めてしまわないことですね。なるべく歯を抜かないためにも、一本一本の歯がどのぐらいのポテンシャルを持っているのかを、その都度確かめながら治療を進めていかなくてはいけません。治療計画ありきで進めてしまうと、融通が利かなくなり、患者さんにとって不満の残る治療を強いられることもありますからね。「今この歯はこんな状態ですが、どうしましょう?」と、いくつかの選択肢をご提示した上で、治療方針を決めています。また治療前後には、行う治療と行った治療の説明もしっかりお話しするなど、患者さんとは世間話も含め、たくさん話をしてコミュニケーションを取っています。父には話しすぎだと怒られたこともありましたが(笑)。それでも、患者さんとしっかりと関係性を築いていくために必要不可欠なことだと考えています。

最後に、先生のリフレッシュ方法をお教えください。

私には、5歳と1歳の息子がいます。私も子どもも電車に乗るのが好きなので、よくピクニック気分で電車に乗って出掛けています。今計画しているのは、5歳の息子と寝台列車に乗って2人旅をすること。まだ小さいですが、息子と趣味を共有できることがうれしく、2人旅もすごく楽しみですね。私は、京都などに出かけて街並みや建物を見て歩くのが好きで。それに美味しい食べ物とお酒が付いてくれば尚よし(笑)。美味しいものを食べる喜びを感じていただくことが役目である仕事ですから、自分自身もその喜びを常に実感していたいと考えています。学会で色々な地域に出向くことも多いので、時間があればその場所その場所の美味しい物をいただくことも楽しみの一つですね。

今後の展望などお聞かせください。

92984 df 1 6 1450772169

私は、逗子から離れるつもりはありません。父の代からずっと根付いてきたこの地域。私は自宅もこの場所ですから、街中で患者さんから声をかけていただくことも多いんです。地域のコミュニティーの一員として生活できていることがうれしいのです。これからも、患者さんにとって身近な存在であり続けたい。「生まれてすぐから最期の日を迎えるまでを診ていける歯科医師でありたい」という理念を叶えるためにも、どんな時でも、どんな人でも気軽にご相談いただける歯科医院をめざしています。それに伴い、高齢化の進んでいる地域でもありますから、訪問診療の体制を強化するなど、地域のニーズに合わせて私ができることを常に考え、取り組んでいくことも大切だと考えています。

Access