鈴木歯科クリニック

鈴木 規正院長

92738 %e9%88%b4%e6%9c%a8%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

淀屋橋駅、北浜駅の両駅から徒歩4分。天神祭の開催地として有名な大川沿いに建つビルの3階に「鈴木歯科クリニック」はある。院長の鈴木規正先生は、1999年に同院の前身となる歯科医院の分院長に就任後、2006年に継承・開院。穏やかな話し方と優しい笑顔が印象的な歯科医師だ。学生時代から柔術、合気道に親しんできたというだけあって、一本筋の通った考え方の持ち主。失った歯を補う治療としては、インプラント治療はあえて選択肢に加えず、歯牙移植、ブリッジ、入れ歯での治療にこだわる。顎関節症の治療にも早くから取り組み、悩みを抱える多くの患者を助けてきた。そんな鈴木院長に、患者に対する思いから治療のこだわり、ポリシーまでをたっぷりと聞いた。
(取材日2019年2月14日)

自身の経験から、早くから顎関節症治療に取り組む

―淀屋橋からも北浜からもアクセスの良い場所ですね。患者さんはどんな方が来られますか?

基本的には、近隣のオフィスに勤める会社員の方ですね。お子さんはほとんどいらっしゃいません。時折、インターネットで当院を知ってくださり、滋賀県や兵庫県といった、遠方からお越しになる患者さんもいらっしゃいますが、やはりクチコミをお聞きになられた近隣の患者さんにご来院頂いていることが多いですね。近くの方が当院を頼って下さることは本当にうれしいことです。当院は予約制ですが、急患の方もお断りすることはありませんのでご安心ください。

―数ある診療内容の中から、いくつか特徴的なものをご紹介いただけますか?

当院は一般歯科、予防歯科、顎関節症治療、歯牙移植、入れ歯・ブリッジ治療などに対応しています。その中で申しますと、顎関節症治療と歯牙移植は非常に多くの症例を診てきました。特に顎関節症については、学生の頃から興味を持っていた分野です。私自身に食いしばりの癖があり、顎が開きにくくなった経験があるのです。顎関節症は「口を開けると顎が痛い」「顎を動かすとカクカク音がする」「大きく口が開けられない」などの症状が起きます。1999年にここへ赴任した時から、「無意識に上下の歯を触れ合わす習慣が無くなるようにしてください」、「マウスピースを使いましょう」などと顎関節症の改善や予防のため啓発してきました。就寝中の歯ぎしりや食いしばりに対処するためのナイトガードは、歯科技工所に任せるのではなく、私自身でつくっています。

―顎関節症が進むと、どうなりますか?

症状が進むと、日常生活にまで支障を来してしまうことがあります。ある患者さんは、顎関節症をなんとか治したくて、あちこち転院を繰り返しても良くならず、行き着いたとある病院で「あなたの顎関節症はもう治っているのだから、それでも症状が気になるというなら精神科へ行ってください」とまで言われたそうです。その後あるきっかけで当院へ来られ、治療をさせていただくとたいへん喜んでくださいました。こんなケースもあるんだという事を身を持って実感する事となった出来事でした。実は当院のホームページは、その方が「もっと世の中に広く知らせたい」とベースをつくってくださったものです。今も遠方から通院してくださっていますよ。私もたいへん勉強になりましたし、深く感謝しています。この経験を生かして、これからも患者さんと良いご縁が結べるように、日々精進だと思っています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

オールセラミックのかぶせ物/6万円~10万円(税別)



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細