全国のドクター8,982人の想いを取材
クリニック・病院 161,453件の情報を掲載(2020年2月17日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市中央区
  4. 北浜駅
  5. 虎谷診療所
  6. 虎谷 圭似子 院長

虎谷 圭似子 院長の独自取材記事

虎谷診療所

(大阪市中央区/北浜駅)

最終更新日:2019/08/28

73256

地下鉄堺筋線・京阪本線の北浜駅から徒歩3分のビジネス街にある「虎谷診療所」。企業で働く人、一線を退いた後も郊外から通い続ける人などが、さまざまな悩みや不調を抱えて来院する。院長の虎谷圭似子先生は、鍼灸の施術家を母に持ち、東洋医学と西洋医学の融合をめざして診療所を開設した。80%が女性という患者の訴えに対して、東洋医学に内科、アレルギー科の医師としての知識や技術を組み合わせた治療を実践している。患者の状態に合わせて双方の良さを巧みに取り入れた治療は独自のものだ。東洋医学と西洋医学を融合させた治療とはどのようなものなのか、診療所の虎谷院長を訪ね、治療の特徴やこだわりについて話を聞いた。
(取材日2017年6月19日)

医学部に進んで西洋医学の知識を身につけた

医師になろうと思われたのはいつごろですか。

1

高校生頃に医学部へ進学と決めました。実家は赤かべ鍼灸院という代々女性が施術者を務める鍼灸院で、私の母で5代目になります。現在では次女が継いで、隣で頑張っています。曾祖母は、北浜に近い難波橋にあった鍼灸院で毎日200人も患者を診ていたそうですが、母がやっていた当時は鍼灸の知名度も理解度も低く、健康保険も適用されませんでしたから、鍼灸施術の限界のようなものを感じていたように思います。東洋医学に西洋医学的な考え方を取り入れたいという思いから、私が医学部に進学することを勧めたのでしょうね。先祖代々、鍼灸や医師の道へ進む人が多い家系なんですよ。

大学卒業後は医局へ入られたのですか。

兵庫医科大学の循環器内科に進みました。結婚して小さな子どもを抱えながら働くのは難しい状態でした。医局に籍は置いていましたから教授回診などには参加するのですが、そのためにはまず子どもを預けなければならなかったので大変でしたね。兵庫医科大学の内科はその頃はまだ新しい医局で、神戸大学から循環器内科出身の先生方が来られていました。その中におられた助教授に「漢方がやりたいなら、行ってみれば」と紹介いただいたのが、県立尼崎病院(現・尼崎中央病院)の東洋医学科でした。東洋医学科といっても当時はプレハブの建物で、先生方が手弁当で研究に打ちこむところという雰囲気でした。

開業されたのは何かきっかけがあったのですか。

2

医局での研修を終えてから、3年間ぐらい自宅で家事や子育てをしながら漢方の勉強に通っていたのですが、赤かべ鍼灸院が分院を出すので、管理責任者として働かないかという話があったのがきっかけです。責任者とはいえ、当時はまだ一週間の半分ぐらいは県立尼崎病院に勉強に通っていましたけどね。その後、「虎谷診療所」を開業します。その当時から東洋医学と西洋医学の融合をめざしており、当時はかなりたくさんの煎じ薬を使っていました。すぐ近くに道修町(どしょうまち)という薬問屋や調剤薬局が集中した地区があったので生薬を手に入れやすく、煎じ薬を飲もうという方も多かったので、院内で調合して提供していました。開院後しばらくして漢方薬のエキス剤が登場するのですが、まだ種類が少なく煎じ薬が欠かせませんでしたね。

東洋医学と西洋医学、それぞれの良さを生かす

どのような患者さんが多いのですか。

3

周辺の企業に勤務されている方のほか、和歌山や京都など遠方からの患者さんも多くいらっしゃいます。さらに周辺でマンションが次々に建設されていますから、今後は地元にお住まいの方が増えると予想しています。現在、患者さんの80%は女性で、最も多いのは不定愁訴。その次に高血圧症、高脂血症、糖尿病に代表される生活習慣病です。年代別にみると、30〜40代の女性は当院がアレルギー科を診療科目に上げている関係もあって皮膚トラブルの訴えが多いですね。40〜50代になると冷え性と更年期障害の悩みが増えてきます。

「東洋医学と西洋医学の融合」とはどのような治療を行われるのですか。

鍼灸院の家で育ちましたから、漢方や鍼灸の良さはよくわかっています。診療所に鍼灸院を併設している関係で、「痛み」についてのご相談が多く、こうした場合には漢方の強みを実感できます。一般の痛み止めの薬は冷やすことで症状を抑える薬なのですが、漢方薬は温めることで根本的な改善をめざしますからね。しかしその一方で、漢方は医学的な根拠、いわゆるエビデンスの面には弱い部分があります。私は循環器内科出身の医師なので、高血圧症に対しては西洋薬のほうが確かな効果が期待でき、安心して処方できます。患者さんの強いご希望があれば漢方薬だけの処方もしますが、心筋梗塞などのリスクを避けるためには西洋薬でしっかり抑えたほうがいいと考えます。

西洋薬も使われるということですね。

高血圧の治療に使える漢方薬はないことはないのですが、効き目が穏やかだし、すべてに健康保険が適用される訳ではありません。大阪市内でも、漢方調剤(煎じ薬)ができる薬局が随分と少なくなったし、1ヵ月分の煎じ薬というとかなり重さがあるので、持って帰るのも大変です。こうしたいろいろな条件を考え合わせて、西洋薬で期待する効果が得られる場合はそのまま処方し、できるだけ健康保険の範囲内で治療するようにしています。高血圧の治療なら、ある程度のラインまで血圧を安定させた上で、長期にわたって体質改善する漢方も選択肢の一つとして併用するという考え方です。これに対して、ひざの痛みなどで受診されたような場合は、漢方薬がよく効きます。鎮痛薬の必要はほとんどありません。多くの漢方エキス薬は健康保険適応内ですので、とてもありがたいです。

皮膚トラブルにはステロイドも使用されますか?

4

ステロイドの弊害が問題になって、ステロイドフリーを希望される方もいらっしゃいますが、現実問題としてステロイドなしでアトピーに対応するのは困難です。脱ステロイドは大切ですが、こだわりすぎると良い結果に結びつかないこともあります。むしろ、漢方を併用しながらステロイドを使って、症状を早く落ち着かせると、その後は保湿剤だけで良い状態を保てるなど、早く良くなるケースが多いと思います。ステロイドも濃いものと薄いものを混ぜて処方することで塗りやすくなり、皮膚に余分な刺激を与えないので、明らかに症状が改善します。特に女性の場合は症状が改善するときれいになるので、精神面にも好影響を与えて、それがまた症状の改善につながっていると思います。

食事をはじめとする生活習慣の大切さを伝える

診療所の今後の目標を教えてください。

5

私も主人もまだ母親が健在で、私の母は89歳、主人のお母さんが88歳です。2人ともサポートを受けながら1人暮らしをしていますが、いずれは在宅医療を考えなければなりません。当診療所もずっと都心のビルの中で医療サービスを提供するだけでなく、高齢化へ対処できるように5年スパンぐらいでシフトしていく必要性を感じています。「平成30年問題」と言われる、2018年の介護保険と健康保険の制度改変を目前にしてこれからの大事な課題です。

先生の健康法を教えてください。

健康のために歩くこと、スポーツクラブで泳ぐことを心がけています。もっとも、下の娘に赤ちゃんが生まれたばかりなので、当分はプールに行くには難しそうです(笑)。食事は基本的に自分で調理しています。外食もしますが、料理の質がわかっていて、信用できるところだけです。また、自分で調理をするとその時に出る音とにおいが脳を刺激するので、テクノストレスの多いOLさんには、ご自宅で自分が作った料理を味わっていただくことをお勧めしています。

健康づくりのアドバイスをお願いします。

6

アトピーがよくなってステロイドをやめた人が、仕事を始めたとたんに悪化することがあります。食事をはじめとする生活環境やストレスが、健康に大きな影響を与えるからです。また、家族性の高脂血症の患者さんなのですが、その方のお母さんはお薬を飲んでおられないというケースもありました。その患者さんとお母さんとでは食生活が違いました。例えば、お昼にうどんを食べるとすると、その方はうどんだけ食べていたのですが、お母さんは青菜の和え物を加えるなどして、自然に栄養バランスのとれた食事をされていたのですね。忙しい毎日のなかで、栄養バランスの取れた食事を続けるのは難しいかもしれませんが、例えば野菜は外では取りにくいので家で食べる時に取るようにすればよいと思います。麺類など糖質に偏りがちなお昼ごはんは、例えばうどんなら卵やちくわなどをプラスして、たんぱく質を取るようにするといいですよ。

自由診療費用の目安

自由診療とは

健康診断:5000円~1万円
インフルエンザワクチン:3500円
風疹麻疹ワクチン:1万800円(すべて税抜き)

Access