全国のドクター8,988人の想いを取材
クリニック・病院 161,446件の情報を掲載(2020年2月18日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市東淀川区
  4. 淡路駅
  5. 辻田外科クリニック
  6. 久徳 美樹 院長

久徳 美樹 院長の独自取材記事

辻田外科クリニック

(大阪市東淀川区/淡路駅)

最終更新日:2019/08/28

72143

「辻田外科クリニック」は、阪急京都線淡路駅から徒歩7分・崇禅寺駅から徒歩5分、昔ながらの住宅街の中にある。院長の久徳美樹先生は、曾祖父の代から続く医師の家系に生まれ育ち、実父が現在の地で開業したクリニックを継承した。それまでは、外傷、再建外科を専門的に扱う形成外科の医師として、大阪・高槻・奈良の病院で勤務してきたが、現在は地域に根差した形成外科クリニックの院長となり、地元の人々から信頼を集めている。高齢者の褥瘡(床ずれ)などの治療にも取り組み、日帰り手術にも積極的に対応している。「クリニックの仕事が楽しい!」という久徳院長に、形成外科の仕事の魅力やこだわり、モットーなどについて語ってもらった。
(取材日2017年6月14日)

父の姿を見て外科医を志し、新しい分野・形成外科医へ

医師をめざした理由をお聞かせください。

1

「父を見ていて、なんとなく」でしょうか。私の家は代々、医師の家系で、曾祖父から数えて私が4代目となります。祖父は柴島(くにじま)で内科の開業医、父は現在のクリニックのある場所で外科医院を開業していました。個人の医院でしたが診療所の奥に手術室、2階には病室もあり、盲腸や胃の手術もしていました。私は3人姉妹の末っ子で、2人の姉は医療とは別の道に進んだのですが、私は幼い頃から医院をみていたせいか「外科医になってもいいかな」という気持ちがあり、気がついたら医師の道を進んでいました。小学生の頃に読んだ、天才外科医の漫画の影響もあったかもしれませんね。

医学部を卒業して形成外科を専攻されたのはなぜですか?

一般外科へ進むことも考えましたが、当時は女性外科医が少なかったこともあり、新しい分野である形成外科を選びました。外傷(けが)・熱傷(やけど)・腫瘍(できもの)などで組織が損なわれてしまった部分を元の状態に近づけていく、再建手術に興味を覚えたのです。再建手術は一つの症例に対して正解が一つではなく、患者さんの希望や外科医師のスキルによって最良の方法を選択していきます。症例によっては、他科の医師とチームを組んで手術に臨み、それぞれの医師が専門知識を出し合って再建していくこともありました。夜中までオペをすることもあり体力的にハードでしたが、やりがいがある仕事でした。

勤務医を辞めてお父さんの後を継がれた経緯をお聞かせください。

Df2

外科の現場、特にオペが好きでしたので、ずっと勤務医として働きたいと考えていましたが、そんな矢先に父が倒れてしまいました。父が復帰するまでの間、私が代わりにクリニックの診察をすることになったのですが、父はそのまま帰らぬ人となりました。古くから通われている患者さんから話を聞き、いかに父が地域の方に愛されていたかが伝わってきました。父の凄さをあらためて知ったことで、私も同じ道を歩むべく継承を決意しました。

父が築いた地域との良好な関係が生きている

素敵な雰囲気のクリニックですね。

Df5

開院した年の末に、高校の同級生である建築士さんに改装をお願いしました。この建物は、昭和50年頃父が建てたものですが、幼い頃からなじんでいた昭和レトロな雰囲気が好きだったので、改装の際にはその面影を残すようにお願いしました。医療器具を入れるガラス棚は祖父の代から、手術室の表示灯、診察机は父の代から使っているものです。待合室のペンダントライトと受付の飾りガラスは建築士さんのアイディアで、病院という緊張する場所が少しでも和んでいただけるような温かい雰囲気になっています。

こちらには、どのような患者さんが来られますか? また患者さんの反応はいかがでしょうか?

父の代から通われている方、近隣の方、私の知り合い、近くの医院からの紹介の方が多いですが、外科手術が可能なクリニックが近隣にない方や、女性医師の診察を希望される女性が、インターネット検索で当院を知って、遠方から来てくださることも増えました。遠くから足を運んで来られた方に、「このクリニックで診てもらって良かった」と思っていただけるような、質の高い医療を提供したいと思っています。知らない地で開院する場合は、受診する患者さんも診察する医師もお互いのことを知らず、ゼロから信頼関係を築くわけですが、私の場合はこの地で生まれ育ち、父の継承ということもあり、地域の患者さんに受け入れてもらいやすかったように思います。

現在のクリニック診療に対する思いをお聞かせください。

New3

一般病院に勤務していた頃とはまた違う、やりがいと喜びを感じています。大きな違いは、患者さんとの距離の近さですね。一般病院の場合玄関を入って受付を済ませ、案内された診察室に入られるまで患者さんのご様子を見る機会はありません。患者さんの生活背景を知らないまま治療を行っている感じでしたが、現在はクリニックに入って来られる様子が見えるので、車いすで来られている様子や歩きづらそうにしている姿、1人で来院されたのか、家族やヘルパーさんに付き添われて来られたのかなど、診察室以外でのご様子も目にすることができ、患者さんのバックグラウンドが自然に伝わってきます。勤務医の頃に比べて、より患者さんに密接した診療が行えるようになりました。

「来て良かった」と思ってもらえる治療を提供する

多忙な毎日の中でリフレッシュ法は何ですか?

Df1

私は球技系のスポーツが好きなので、テニス、ゴルフ、ソフトボールなどで体を動かしています。医師は患者さんに健康を与えるのが仕事です。私自身が健康でなければ患者さんを健康にすることはできないと思っており、心身ともに健全な状態で診察に臨みたいという気持ちがあります。仕事をしている時は一生懸命診療に打ち込み、休みの日は頭の中のスイッチを一旦切り替えて、オンとオフのメリハリをつけるようにしています。

今後の目標を聞かせてください。

1つ目は、「ここに行けばなんとかしてくれる」と、地域の方に頼りにしてもらえるクリニックをめざすことです。発熱や急なけがなど近隣の方にアクシデントがあった際、院内でできることを行い、後送病院へ紹介するのは、かかりつけ医にとって重要な役割だと思います。気軽に来ていただければと思います。2つ目は、地域に形成外科を浸透させることです。形成外科でどういう治療ができるかを広く知っていただき、病気やけがにより身体外表に悩みを抱える方の力になりたいです。例えば、寝たきりの患者さんでよく問題になる褥瘡(床ずれ)も形成外科の範囲なので、依頼があれば往診もしています。傷のケアができる医師が訪問させていただくことで、お役に立てると思います。

最後に、読者へメッセージをお願いします。

Df6

「形成外科」は何をする科なのかよくわからない方もいらっしゃると思います。大まかに言えば体の表面の変形やできものを手術によってきれいにしていく科です。つまり手術を行う科なのですが、手術には緊張がつきものです。手術や処置に対する患者さんの不安が少しでも軽減できるように、声かけをし、リラックスできる雰囲気づくりを心がけています。当クリニックは性格が明るいスタッフが多く、話をするだけでほっとした気持ちになっていただければと思います。形成外科は手術や処置の結果が見てわかるので、傷がきれいなった時の喜びや感動を患者さんと一緒に分かち合えることができ、同時に医師としてのやりがいを実感します。自分自身もスキルアップしていきながら、これからも多くの患者さんに喜んでもらえるクリニックをめざしていきたいです。

Access