全国のドクター8,960人の想いを取材
クリニック・病院 160,755件の情報を掲載(2021年9月20日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 新城市
  4. 東新町駅
  5. 医療法人みやま会 むらまつ内科
  6. 村松 学 院長

村松 学 院長の独自取材記事

むらまつ内科

(新城市/東新町駅)

最終更新日:2019/08/28

68586 %e3%82%80%e3%82%89%e3%81%be%e3%81%a4%e5%86%85%e7%a7%91

豊かな自然に囲まれた新城市の住宅街に佇む「医療法人みやま会 むらまつ内科」は、この地に開業してもうすぐ50年。先代である父の後を継ぎ、2代目院長としてクリニックを営む村松学先生は、地域のかかりつけ医として風邪やケガから、専門領域の糖尿病などの慢性疾患まで幅広い症状に対応している。そのため、同院には乳児から高齢者まで多くの患者が通っているのだそう。村松院長がいつも大切にしているのは、自分たちが地域で求められていることは何かを常に考えて、患者へ満足してもらえる医療を提供すること。生まれ育った町への恩返しの意味も込めて地域医療に取り組む村松院長に、これまでの経緯から地域医療にかける思い、そして今後の展望までしっかりと語ってもらった。
(取材日2019年3月27日)

父の後を継ぎ、生まれ育った場所で地域医療を行う

まずは大学卒業後から今までの経緯を、教えていただけますか?

1

私は1997年に岐阜大学医学部卒業し、同年より当時の岐阜大学第三内科へ入局しました。それから県立岐阜病院総合内科、県立下呂温泉病院内科、松波総合病院内科、岐阜大学病院糖尿病内分泌免疫アレルギー科、足助病院内科で勤務医として研鑽を積みました。今になって振り返ると、すべての病院で素晴らしい先生たちに教えていただき、幅広い知識と技術を磨くことができた、かけがえのない時間だったと思います。中でも研修医2年目の頃、総合内科の恩師から「内科医師は一人で幅広く診られるようにならないといけない」と厳しく教えていただいたことは、今の自分の内科医師としてのスタンスにつながっています。それから2009年に当院の副院長、そして2014年に先代の父の後を継ぎ院長に就任しました。

お父さまの後を継がれたとのことですが、幼少期から医師をめざしていたのですか?

そうですね、幼少期から父の往診について行って外で待っているなど、医師である父の背中を見ていたので、自然な形で医療の道を志しました。実は私は5人兄弟の末っ子で、男兄弟は皆医師になりました。私は双子で、将来の職業に対して選択の自由を与えられていましたが、きっと昔から医師という職業への憧れがあったのだと思います。家族と話し合う中で、将来的には私が当院を引き継ぐ形になり勤務医として経験を積んでいた頃に、父が体調を崩してしまいました。大学病院では糖尿病、内分泌や膠原病を専門にしていたので、クリニックの医師になる前に足助病院で双子の兄と地域診療を一緒に学びながら当院を手伝い始め、正式に当院に勤めて今年で10年たちました。4年前に父が亡くなりましたが、感謝と同時に尊敬の念を今更ですが抱いています。

この地域に対する思いと、現在の患者層について聞かせてください。

2

新城市は田舎の小さな町ですが、私が生まれ育った大好きな町です。自分を育ててくれたこの町に、恩返しの思いを込めて地域住民の皆さんの健康づくりに貢献していきたいと思っています。私が当院で勤務し始めた頃は、父を慕って来てくださった高齢の患者さんがほとんどでしたが、今では乳児から高齢の方まで、幅広い患者さんがいらっしゃいます。症状も風邪やケガから、専門領域の糖尿病などの慢性疾患までさまざま。最もうれしいことは、患者さんが家族や友人に紹介してくださったり、当院に勤めるスタッフが家族を連れてきてくれたことですね。自分の大切な人に当院を紹介してくれるのは、それくらい信頼してくださっているということなので、大きなやりがいにつながります。

専門の糖尿病からあらゆる体の不調まで、幅広く対応

先生は糖尿病領域を専門とされているそうですね。

3

そうですね。父も兄弟も内科の消化器系を専門としていたため、別な分野を専門にしたいと思っていました。今は総合的な能力が求められる時代ですが、私が医学部に通っていた頃は専門性が優先された時代。その中でも幅広い分野を診られる科はどこか考える中で、糖尿病、内分泌、膠原病を中心に消化器も診られる第三内科を選びました。それから日本糖尿病学会糖尿病専門医資格も取得しています。昔は糖尿病はあまり注目される病気ではありませんでしたが、今は国民病とも思えるくらい多くの患者さんが悩む病気の一つとなり、国もその対策に力を注いでいます。この辺りには糖尿病専門医は少なく、頼っていただくことも多いため、あの時に選んで心から良かったと思っています。

この地域での糖尿病診療のニーズや、治療の進め方について聞かせてください。

この地域には糖尿病に悩む患者さんが多く、当院にもこの10年で糖尿病の患者さんが増えています。治療の進め方は患者さんそれぞれ。患者さんの背景や思いを丁寧に把握した上で、一人ひとりに合わせて治療を進めています。当院には管理栄養士も在籍しているため、患者さんの希望に応じて、栄養管理や食事のアドバイスも行っています。患者さんが何を求めているか、考えながら進めるのが糖尿病診療の難しさでもありやりがいでもあります。期間をかけて向き合っていかなくてはならない疾患なので、糖尿病を専門とする医師にプロフェッショナルと呼ばれる人がいるなら、患者さんとコミュニケーションを上手にとって、結果的に継続した質の良い医療を提供できる医師だと私は思います。

先生が診療を行う上で、大切にしていることは何でしょうか。

4

私は田舎のかかりつけ医なので、自分ができる範囲の診療を、患者さんが満足してくれるように行うことを大切にしています。自分たちが地域で求められていることは何か常に考えながら、専門の分野に関わらず地域の相談窓口として、あらゆる疾患の診療に対応することを大事にしています。継続して「このクリニックにかかりたい」と思ってくださるファンが増えるように、患者さんと同じ目線、対等な立場で相手を思いやることを大事にしています。

在宅医療や小児疾患も相談できる、地域のかかりつけ医

在宅医療にも取り組んでいらっしゃるようですね。

5

父が昔から在宅医療に取り組む姿を見てきたので、私も以前から関心がありました。今は父が担当していた患者さんも引き継ぎつつ、休み時間を活用して在宅医療に取り組んでいます。また、当院に限らず、地域に在宅医療について知っていただくためにも、訪問看護師さんやケアマネジャーさんたちと連携しながら、地域の在宅医療イベントなどに参加、協力しています。今後も地域医療の発展のためにできることがあれば、力を入れていきたいですね。

お子さんたちの診療をする上で、心がけていることを教えてください。

いつも心がけているのは、嫌がらせない、怖がらせないこと。子どもたちは診療行為で嫌なことを素直に顔に出すので、どうしてもやらなくてはならないこと以外は、やらないように努めています。そうすると次回の診療時も嫌がらなくなってくれます。ほかにも、子どもに喜んでもらえるように院内にキャラクターを置いたり、治療を頑張った後はご褒美のプレゼントも。私も子育て中なので、ぜひお子さんの健康のことで気になる部分があれば、気軽に相談してください。

最後に今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

6

この地域で自分たちができる範囲の良い医療や介護を、継続して提供していきたいと思っています。地域の皆さんに「あの先生で良かった」と思っていただけるようになれたらうれしいですね。あまり事業の拡大は考えていませんが、地域に貢献する中で事業が増えるタイミングがあれば、その時は取り組みたいと思っています。当院では患者さんが通院しやすい環境づくりを心がけています。クリニックにとって欠かせない衛生面の維持のために掃除は私自身も行っており、何でも相談しやすい雰囲気づくりも大切にしています。ぜひご自身のことはもちろんのこと、お子さんからご両親のことまで、どんな悩みでもご相談ください。必要に応じて近隣総合病院や専門病院とも連携を取って、悩み解決のお手伝いをさせていただきます。

Access