全国のドクター9,362人の想いを取材
クリニック・病院 160,997件の情報を掲載(2020年12月06日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 茅ヶ崎市
  4. 辻堂駅
  5. 緑が浜こどもクリニック
  6. 長岡 千春 院長

長岡 千春 院長の独自取材記事

緑が浜こどもクリニック

(茅ヶ崎市/辻堂駅)

最終更新日:2020/04/01

60945

辻堂駅から車で約5分の住宅街にある「緑が浜こどもクリニック」。おしゃれな一軒家という風情は周辺の雰囲気になじみ、看板がなければクリニックとはわからないたたずまいだ。一歩中に入ると、外観の印象もそのままのくつろげる空間が広がっている。「ここはもともと私が3歳の時から大学生になるまで暮らしていた実家をリフォームしたのですよ」と、にこやかに迎えてくれたのは院長の長岡千春先生。大学では感染症を学び、大学病院や総合病院で新生児集中治療室勤務の経験を持つ。開業したのは治療だけでなく、その後の成長も見守っていきたという思いからだという。子どもはもちろん、家族にも寄り添える医師でありたいという長岡院長に、小児医療への思いを聞いた。
(取材日2019年1月17日)

3歳から暮らした実家を改装し、くつろげる空間に

温かみのある院内でくつろげます。ご自宅を改装されたそうですね。

1

はい。リフォームにあたって業者の方には、あまり診療所らしく見えないよう、親しみやすい雰囲気にしたいとお願いしました。待合室の暖炉は実際に使っていたものですが、開口部を塞いでアクセントとして残しました。第1診療室はもともとキッチンとダイニング、第2診療室は妹と弟の部屋だったところです。それぞれの診療室から外がよく見えるようになっているところが、気に入っています。母が長年手入れをしてきた庭には、鳥や虫がやってきたり、季節によってはモミジや夏ミカンの木に果実がたくさんぶら下がったりするのです。私も大好きなのですが、お子さんたちにも好評です。

どういった患者さんが多いのですか?

風邪など一般診療の患者さんが多いですが、アレルギー疾患に特化した外来もあるのでアレルギーの診療で通院する患者さんの割合は高いですね。特に多いのは、アトピー性皮膚炎を含めた湿疹です。アレルギーが絡むお肌のトラブルは、お薬を出せばすぐ治るというものではなく、良くなったり悪くなったりを繰り返します。どうしても長くかかってしまいますので、延べ人数が多くなるのでしょうね。最近は、世間一般の傾向でもありますが、食物アレルギーの患者さんが増えていると感じますね。親御さんは比較的、若い方が多いです。近隣には幼稚園や小学校が多く、海にも近いこともあって子育てしやすい環境ということで移り住む若い方が増えたのだと思います。

先生は、なぜ小児科の医師になったのですか?

2

医師という職業を意識し始めたのは、中学生の頃でした。マザー・テレサの映画に感銘を受けて、自分にも何かお手伝いできることがないだろうかと考え、人を救うには医師になればいいと思ったのです。医学部に進み、内科と小児科の選択で迷いましたが、当時の内科は消化器内科、循環器内科など臓器別が主流でした。私は患者さんの全体を総合的にケアしたかったので、小児科を選んだのです。ただ、それ以前に、幼い頃の記憶がベースになっていると思います。私には年の離れた妹と弟がいるのですが、当時はもう一人の小さい母親という感じで、おむつ替えなどを喜んでやっていました。下の子のお世話が楽しくて、小さな子が好きになったというのも、大きかったのではないでしょうか。

子どもたちの成長を見られることが、小児科の醍醐味

開業されたのは、どういった理由からですか?

3

小児科医師の一番の醍醐味は、子どもたちが元気に育っていく姿を見られることだと私は思います。けれども大学病院では、専門性が細分化されていて、自分の領域でない場合は、診られないこともありました。また治療が終われば、そこで子どもたちとの関係が終わることがほとんどです。やはり、ずっと寄り添っていられるような関係でいたかったし、子どもたちの成長を見守っていきたいという思いがありました。それが大きいですね。大学病院にいた頃のように、難しいことはできませんが、それこそ転んでケガをしたとか、風邪をひいたとか、そういった日々に関わりたかったのです。ここなら、小さい頃大騒ぎしていた子が、落ち着いて良いお兄さんになっちゃってみたいな(笑)、そういう成長が見られます。時々街で会ってあいさつをされたり、コンビニでアルバイトをしていたりするのを見たりすると、本当にうれしくなります。

ご専門の分野について教えてください。

大学では感染症の班に所属していましたが、大学を卒業してからアレルギーの勉強をして、日本アレルギー学会アレルギー専門医の資格を取得しました。大学病院を出て5年ほど勤めた診療所の院長で、小児アレルギーを専門としている矢野靖子先生との出会いがきっかけです。矢野先生は患者さんのご家庭のことなど、生活スタイルや背景まで聞いた上で治療方針を決めるんです。例えばアトピー性皮膚炎の塗り薬を処方するにも、朝晩2回必ず使っているご家庭もあれば、忙しくてなかなか難しいご家庭もあります。そういった患者さん一人ひとりの生活背景まで把握して診療にあたるのが大事だということを学びました。丁寧に時間をかけて診る外来スタイルを尊敬し、同時にアレルギー疾患に興味を持ったのです。

今後力を入れて行きたい治療や、新しく取り組みたいことは何ですか?

4

先ほどお話しした矢野先生には当院でアレルギー治療を担当していただいていますが、私も専門医資格を取得したので枠を広げたいと考えています。それから今、以前から興味があった発達障害について勉強をしているところです。発達障害は以前と比べて情報も多く、理解度も高くなってはいますけれど、病気のレベルまでいかない、グレーゾーンの人たちがたくさんいます。たぶん一番困っているのは、その微妙なラインの人たちで、そこが問題になってくるのです。そういう日常の困り感も、周りの対応の仕方で変わります。医師としてそのご相談に乗ることが、診断したり病名をつけたりするより大切だと思っているので、いずれはそういう時間をつくりたいと考えています。

子どもだけでなく、家族にも寄り添いたい

ところで、休日はどのように過ごしていますか?

5

2年くらい前からヨガを始めました。日曜の朝、7時半からのクラスなんですが、海が見える海岸沿いの6階にあるスタジオで、とにかく、すごく気持ちが良いんです。運動不足の解消と気分転換を兼ねて、自宅から20分くらいかけて自転車で通っています。小さい頃からの趣味であるバイオリンを演奏することもあります。どこかの団体に所属して演奏したいと思っていますが、今のところは、大学時代や昔入っていた地域オーケストラのOB演奏会などに、たまに参加するくらいですね。中学生の娘がソフトボール部に所属しているので、その応援に行くことも。もちろん学会や勉強会に参加することもあります。子育てが一段落したので、以前より自分のために時間を使うようになりました(笑)。

子育て中の方に向けてアドバイスをいただけますか?

子育てしづらい世の中だとおっしゃる方もいますが、昔と比べれば、子育て世代にとって非常に便利な環境になりました。お出かけスポットのトイレには、たいていおむつ替えの台がありますし、授乳室のあるショッピングモールなども珍しくありません。ただ、お出かけの前に、その外出は赤ちゃんにとって、本当に必要なのかを考えていただきたいですね。もちろん親御さんのリフレッシュも大切ですが、人込みの中に連れて行くと感染症のリスクも高まります。いろいろな場所に連れて行って刺激を与えたいという方もいるかもしれませんが、わざわざ商業施設に行かなくても、公園やご近所を散歩して自然を感じるだけでも、お子さんには十分に刺激になりますよ。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

何でも相談できるかかりつけ医を、できれば自宅のご近所で見つけましょう。いくら評判が良くても家から遠いと、ちょっと気になることを気軽に聞けません。通うのに無理のない範囲で、親御さんと気が合い、説明に納得できる医師を探してください。聞きたいことが聞け、教えてもらいたいことを教えてもらえれば、かかりつけ医としてうまくお付き合いしていけるはずです。私自身も、そういう医師でありたいと考えながら患者さんと向き合っています。小児科の医師としてお子さんだけでなく、親御さんやご家族にも寄り添わなくてはと思っているのです。先ほどお話しした発達障害もそうですが、昔より心の問題で困っている方は多いと感じています。ですから専門的な治療が必要なのか、お家の対応でなんとかなるのかというご相談はもちろんですが、ここで話をすることで少しは楽になっていただければうれしいですね。

Access