全国のドクター8,470人の想いを取材
クリニック・病院 161,469件の情報を掲載(2019年9月21日現在)

社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 東埼玉総合病院

三島 秀康 病院長

42316

スタッフの意見を取り入れたという明るく機能的なつくりの「東埼玉総合病院」。40の施設や事業所を抱えるジャパンメディカルアライアンス(JMA)グループの発祥となった病院で、開院から40年以上の歴史を持つ。2012年には埼玉県幸手市に移転。人々が安心して暮らし、健やかに老いていける地域づくりをめざし、地域の急性期医療と在宅の併存に力を入れる。当直は外科と内科に加えて脳神経外科の医師の3人体制。脳卒中患者を24時間365日受け入れるSCU(ストロークケアユニット)や、脊椎脊髄病専門の診療科を設置するなど、173床の中規模病院ながら、スタッフ、設備とも充実している。そんな地域医療の核となる病院を率いるのは、柔和な笑顔が印象的な三島秀康病院長。地域医療にかける思いをはじめ、さまざまな話を聞いた。
(取材日2016年5月26日)

人々が安心して暮らせる地域の一助として

―開院から40年以上の歴史になりますね。

1973年9月、「救急こそが医療の原点である」という信念のもと、埼玉県杉戸町に東埼玉病院として設立しました。その後は、海老名総合病院をはじめとした40もの施設や事業所を持つグループに成長。「仁愛の心を持ち、安心・安全で、かつ質の高い保健・医療・福祉サービスを24時間365日提供することにより、地域貢献を果たす」を基本理念として、地域医療への貢献をめざして奮闘しています。病院のトップとして常日頃意識しているのは、夢などの「旗」を掲げること。職員にも、個人のキャリアプランをしっかり持つよう伝えています。また病院運営においても「地域をどのようなところにしていきたいのか」というビジョンを大切にしています。お年寄りが独りでもしっかり暮らせて、看取りもできる。お子さんがご両親を呼びたくなるような地域にするために、どう働き機能すべきか、常に考えていきたいですね。

―病院の特徴や、今後注力していきたい点はなんでしょう。

現在、年間の救急車受け入れ台数は約2500件。病院規模以上の役割を果たせているのではないかと自負しています。地元医師会との協力体制も構築していますから、当院は治療や検査を、かかりつけ医は日頃の体調管理を、という役割分担がしっかりできていると思います。今後も、多彩な分野において有益かつ効率的な仕組みを整えたいですね。在宅診療にも注力しており、在宅でお看取りさせていただく患者さんもいらっしゃいます。病院まで自力で来られない高齢者の方がいらっしゃるという現実問題がありますから、患者さんや近隣の方が、生涯にわたり安心して暮らせる地域にするためには、私たちの方から積極的に地域へ出ていく必要があると思います。医療提供だけでなく、地域に愛され、地域をつなぐインフラのような存在をめざしたいですね。各種病気の講演会や訪問、地域包括医療システムなど、病院を飛び出したさまざまな取り組みに着手しているところです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細