井上医院

井上医院

星 敬美院長

頼れるドクター

41220

西武新宿線新井薬師前駅から徒歩2分。閑静な住宅街にある「井上医院」は、戦前から続く地域密着型のクリニックだ。祖父の代からの歴史ある医院を2015年4月に継いだ星敬美院長は、医学博士、日本循環器学会認定循環器専門医の資格を持つドクター。昔ながらのアットホームな雰囲気を大切に、患者の話を親身になって聞くことを心がけている。循環器系の病気の診断や生活習慣病の治療など、専門性を生かしながら「ちょっと心配事がある方が気軽に相談できる場所でありたい」と話す星院長。動悸があって病気かもしれないと悩む患者を、的確な診断と丁寧なフォローで救うクリニックの役割や、今後の展望などについて語ってもらった。
(取材日2016年11月17日)

80年以上、地域の人々の健康を支えてきたクリニック

―こちらの医院は80年以上の歴史があるそうですね。

正確な開院年はわからないのですが、だいたい80年くらいと父に聞きました。ここより1、2軒離れた場所で、祖父が戦前から始めたそうです。祖父も父も内科です。祖父はその時代なので外科でも何でも診ていたと思いますが。祖父は私が2歳の時に亡くなっているので何となくしか覚えていないのですが、よくしゃべる社交的な人だったらしく、私はどちらかと言えば祖父に似ていると言われます。父は寡黙ですが、すごく真面目で患者さんのことを真摯に考えているな、と感じていました。

―おじいさまから続く医院を継ごうと思われたきっかけは?

小さい頃から待合室で患者さんとおしゃべりをしたり、遊んでもらったりしていましたので医院が生活の一部でした。私は一人っ子ということもあって、小さい頃から「いずれここを継ぐのだろうな」と何となく思っていました。父は今も元気ですが、数年前に診療中に心筋梗塞を発症して、私が勤務していた大学病院に緊急入院したんです。同僚の救急当番の先生から「お父さんがいらしているよ。」と連絡をもらい、たいへん驚いたのを覚えています。その時、入院した父の代わりに、1週間大学病院にお休みをいただいて当院の診療にあたりました。退院してからすぐに診療を再開した父の姿を見て、医院を継承することを本格的に考えるようになり、2015年4月に院長に就任しました。

―患者さんはどのような方が多いですか?

やはり70代以降の方が多いのですが、昨年、クリニックのホームページを作ってからは若い方も増えています。「60年前に喘息で倒れた時に、祖父に往診してもらって命拾いした。」など、祖父の話をしてくれる患者さんもいますね。子ども時代をご存知の方には、いまだに下の名前で呼ばれたりもします。この辺りは街並みが変わっていないところも多く、昔ながらの雰囲気が残っていて、玄関にいつの間にか、患者さんのお庭で採れたミカンがたくさん置いてあったり、「大きなカタツムリがいたから、お子さんにどうぞ」といただいたり。そのような温かい繋がりが素敵だと思っています。「継いでくれてよかった。これで安心だ。」と、言っていただくことも多くて。ありがたいですよね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細