全国のドクター9,434人の想いを取材
クリニック・病院 160,469件の情報を掲載(2022年9月29日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 練馬区
  4. 大泉学園駅
  5. 齋藤歯科医院
  6. 安齋 聡 院長

安齋 聡 院長の独自取材記事

齋藤歯科医院

(練馬区/大泉学園駅)

最終更新日:2022/08/26

20220823 40844 top

西武池袋線・大泉学園駅北口から徒歩1分。閑静な住宅地の一角にある「齋藤歯科医院」。開業は1945年。約70年にわたり、地域住民の歯を守り続けてきた老舗のクリニックである。診療分野は幅広く、虫歯からインプラント、審美歯科に至るまで、何か口腔内のトラブルがあったときにはまず頼りにできる。院内はアットホームな雰囲気にあふれており、スタッフの応対も気さくなので歯科医院が苦手な患者でも緊張しないで済むだろう。診療開始時間は8:40〜と早く忙しいビジネスパーソンも受診しやすい。今回、話を聞いたのは、3代目となる安齋聡先生。勤務医時代に歯科口腔外科、審美歯科、噛み合わせ治療の研鑽を積み、2012年から同院で診療にあたっている。さわやかな印象ながら、患者の健康を支えたいという熱意にあふれ、口腔内の素朴な疑問や相談にも真摯に応じてくれる先生だ。クリニックの歴史、診療のこだわり、 歯科医師になったきっかけについて、安齋先生に聞いた。

(取材日2014年5月29日)

老舗クリニックの新しい時代を築く、若き歯科医師

開業から約70年の歴史を持つと聞きました。

40844 df 1 1 1402552491

そうですね。祖父が東大泉で開院したのが1945年だと聞いています。そこから、私の母が後を継ぎ、私が常勤で勤めるようになって、現在に至ります。お気づきかと思われますが、待合室には開院当初の大泉学園の風景写真が飾ってあります。この周辺は都市開発が軒並み進みましたので、今では昔の面影はありませんが、これを見ると街の歴史とともに当院も歩んできたんだなと感じますね。以前、当院は駅付近にあったのですが、1998年の駅前開発に伴いこの場所に移りました。

まさに地域に根差してきたクリニックなのですね。

「先代には、小さい頃によく診てもらった」と、おっしゃる数十年来の患者さんも少なくありません。4代で通われているご家族もいらっしゃいます。子どもから高齢者まで、地域の皆さんに親しんでいただいているクリニックだと感じます。そのような患者さんに応えるべく、当院は地域医療への貢献にも積極的に取り組んできました。練馬区成人歯科診査や妊娠歯科健康診査を行い、また、近隣の幼稚園や保育園の園医もしています。私は当院に勤務してまだ日が浅いのですが、患者さんに親しみを持っていただけるよう、日々の診療だけでなく、地元のお祭りに参加したりもしています。

先生が診療をスタートしたのはいつ頃からですか?

40844 df 1 2 1402552491

2012年からです。日本歯科大学を卒業後は、都内のクリニックで勤めていました。現在は、院長が昔からの患者さんやお子さんを主に担当、そして私が新規の患者さんや、歯科口腔外科や噛み合わせ治療で来院される患者さんを担当しています。院長と私、それぞれ診療スタイルが異なりますので、幅の広い診療を提供できていると感じています。

誰もが気軽に来院でき、虫歯から専門的な治療まで安心して受けられるクリニックを

クリニックの特色を教えてください。

40844 df 1 3 1402552491

大きな特色としては2つあると思います。まずは、患者さんが気負いなく通えるクリニックであることです。すぐに治療が必要なときはもちろんですが、ちょっとした心配事があるときも、とりあえず足を運んでいただけるアットホームさがあると思います。それはスタッフの応対はもちろんですが、特に院内環境に工夫をしています。デザインやインテリアに私は疎いほうなのですが、院長は得意で、毎日季節の花をユニットにさりげなく飾っています。結構、この雰囲気に落ち着くとおっしゃる方が多いんですよ。また、診療室の壁には画家である叔父のパステル画を飾っているのですが、季節ごとに変えていて、それを楽しみにされている患者さんもいます。各ユニットに備えつけのモニターにもそれぞれの季節の絵が映し出されるようにしています。こんなふうに、皆でいろいろと協力しながら、患者さんにとって治療の時間がリラックスできるものであるように心がけています。そして、2つめは院内に歯科技工室があることです。義歯を作るとき、患者さんと歯科医師、歯科技工士を交えての入念な打ち合わせができますし、患者さんの要望にきめこまやかに応えることができます。それは、かぶせ物が外れたといったちょっとした修復についても同じで、迅速な対応が可能です。一般的な歯科医院では、院外の歯科技工所に発注する手間がかかりますから、どうしても日数がかかってしまいがちなんです。

先生の診療に対するこだわりをお聞かせください。

目下の症状のみを診るのではなく、「何が原因なのか」を特定することが、歯科医師の最初の役割であり、最も重要なことだと考えています。例えば奥歯が虫歯だったとして、噛み合わせが原因なのであれば、奥歯を治療しただけでは根本的な治療にはなりません。患者さんの協力も必要不可欠ですから、今の状況や治療後のデンタルケアなどについてしっかりお伝えしています。そうして、コミュニケーションを取りながら、一人ひとりにとって最良となる治療計画を練っていくというのが私の診療です。こうしたスタイルは以前に勤務したクリニックである弘進会宮田歯科医院にて学んだものなんです。特に、お口の中をトータルに捉えて診療を行う姿勢は、徹底して叩き込まれましたね。非常に厳しい職場でしたが、技術や知識を求めればどこまでも求められる勉強の場でもあって、当時学んだことは歯科医師としての財産です。

最近、力を入れている治療ジャンルはありますか?

20220823 4

最も、力を入れていることは「患者さんの歯を大切にすること」つまり、保存です。勤務医時代は噛み合わせ治療をはじめ、インプラント手術も数多く経験しました。最近では、インプラント治療に関する情報が氾濫していますが、現代の歯科医療においては、特に天然歯に近い咀嚼機能と審美性を提供できる治療法です。ただ、外科処置ですから当然リスクがあり、手軽に受けられる治療ではありません。必ずしもインプラント治療が最善でない場合もありますから、なるべく患者さんの歯を保存することを第一としてインプラントに執着した治療はしないようにしています。また、これは今後のことになるのですが、訪問診療にも力を入れていきたいと考えています。実は勤務医時代から当クリニックに至るまでの1年と数ヵ月の間、老人ホームなどの高齢者施設へ訪問診療を行っていたことがあります。診療を通して、高齢になってからのお口の中の健康管理の重要性を改めて実感しました。クリニックに通うことができず、悩みを抱えたままの高齢者はこの地区にも少なくありません。ですから、できる限りのお手伝いができればと思っています。

患者に笑顔を提供する祖父、そして両親の背中を見て、歯科医師の道へ

どのようなきっかけで歯科医師をめざしたのでしょうか?

40844 df 1 5 1402552491

やはり、家庭環境ですね。物心つく前から、漠然と素晴らしい職業だなと感じていました。診療所は2階が自宅でしたから、学校から帰ると「ただいま。」と診療室をのぞいていました。当時の祖父や母が診療にあたる姿や、父が義歯を製作する姿、また、治療を終えた患者さんのすっきりとした笑顔など、今でも鮮明に思い出すことができます。歯科医師になることが一番自分にとって自然だったんですね。あと、以前から大泉学園の方々に支えられて育ってきたという気持ちがあり、地元に恩返しをしたいと思っていたのも後押しになりました。

休日のリフレッシュ方法を教えてください。

2児の父なので、休日はイクメンなんです(笑)。まだ小さいのですが、子どもの成長を肌で感じるときが一番のリフレッシュになっていますね。勉強会などに出席する機会も多いので、家族でゆったりと過ごす時間を大切にしています。

最後に「ドクターズ・ファイル」の読者へメッセージをお願いします。

20220823 6

生活習慣を見直すだけでも、お口の中の健康管理につながります。例えば、20〜30代の大人の方で虫歯になる要因として多く挙げられるのが、“ダラダラ飲み”です。ペットボトルのジュースをちょこちょこ飲む方は多いと思います。しかし、これが歯にとっては非常に良くないんです。虫歯菌の栄養となる糖分を定期的に供給しているようなものだからです。短時間でも良いので歯磨きの回数を増やす、こまめに口をゆすぐ、またはお茶やノンシュガー飲料に切り替えるなどの工夫をしてみてください。ご自身の歯はそれぞれ一本ずつしかこの世に存在しません。生涯にわたり、しっかりと噛めて満足に笑える口元であるために、健康なうちからお口の中の衛生管理に取り組んでいただきたいです。そして、皆さんの取り組みを当院は全力でサポートしていきたいと思っていますので、相談だけでもかまいませんから、心配事があればぜひお気軽にお越しいただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ジルコニアインレー/3万5200円~、マウスピース型装置を用いた矯正/16万5000円~、インプラント1本/38万5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access