オズ通り歯科医院

オズ通り歯科医院

有田まき 院長

40769 df 1 main 1400045288

「モトスミ」の愛称で親しまれている川崎市の元住吉には、童話にちなんだユニークな名前の商店街が2つある。そのうち、歴史的に新しい方が「オズ通り商店街」。経済産業省が選定した「がんばる商店街30選」にも名を連ね、街に活気が満ちあふれている。「オズ通り歯科医院」は、そんな商店街の一角で2013年に開院した新しいクリニック。院長の有田まき先生は、勉強会などを通じて技術や知識を取得するとともに、地元の飲食店で歯科医師仲間と議論を深めることも欠かせないと話す。耳で得た知識は玉石混交。自分だけの独断に陥らないよう、実際の体験談や業界内の定評などを確認することが、患者のためになると信じている。また、衛生管理に最善の注意を払い、まだ一部の歯科医院でしか取り入れられていない「クラスB」基準の滅菌器を導入しているのも、こうした交流からの気づきによるもの。本来持つべき正しい資質を一つ一つ積み重ねていくその姿は、『オズの魔法使い』に登場するキャラクターを連想させる。同商店街のドロシーこと、有田まき先生に診療のこだわりや、開院2年目の抱負を伺うことにした。
(取材日2014年4月21日)

開業のきっかけは、1人ひとりの治療に目を届かせたいから

―そもそも、歯科医師をめざそうと思ったのはどうしてなのでしょう?

私は北海道出身で、地元の北海道大学へ進学するのが、小さいころからの夢でした。どちらかというと理系が得意なので、一時は研究職のような仕事も考えていたのです。しかし、1日中顕微鏡をのぞいているのも私にはむいていない気がして。やはり、人に接する職業に就きたいという気持ちが強かったんですね。そうした意味では、フライトアテンダントに対する憧れもありました。北海道には新幹線が走っていませんから、中長距離の移動といえば飛行機なんです。新幹線は逆に怖いです。何百キロものスピードで地面を直接走るなんて、想像できませんよね。そうした中、人と接する職業として、歯科医師の道を選ぶことにしました。

―神奈川県との縁はどこにあったのでしょう?

大学卒業直後、勤務医を探しているときに、大学の先輩から進められたこともあり、横浜市都筑区の歯科医院にお世話になったことがきっかけです。また、大都会の医療現場を体験しておきたかったという気持ちも、少なからずありました。そこで学んだことは、何事にも経験と工夫が必要だということです。座学で学んだ画一的な治療方法は、多くのケースでは有効ですが、イレギュラーな事態を想定していない場合があります。一方、患者さんはそれぞれ固有の事情やライフスタイルをお持ちです。同じ治療をしても、効果があるときと望めないときがあるのです。ですから、あらゆるご希望に応えられるよう、引き出しを多く持っておこうと実感しました。そのために必要なのは、患者さんを理解するためのコミュニケーション。最初のころは、話の糸口がつかめず、緊張ばかりしていたことを思い出します。赤面するような失敗もありましたが、貴重な経験として今に生かしています。

―開業までの経緯を教えてください。

治療から予防やメンテナンスまで、最初から最後まで患者さんに寄り添い、常に症状を把握しておきたいという思いから、独立を決意しました。紹介された物件を見て回っている中で、活気にあふれた街として印象的だったのが、この元住吉でした。特に「オズ通り商店街」の理事長さんの取り組みがすばらしく、経済産業省による「がんばる商店街30選」にも選ばれているのです。独自のゆるキャラ「おずっちょ」もいて、地元の主婦の方がデザインされたのだとか。開院時には、そのゆるキャラが応援に駆けつけて来てくれて、お子さんたちに大人気でした。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細