全国のドクター8,761人の想いを取材
クリニック・病院 161,545件の情報を掲載(2019年12月16日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 練馬区
  4. 大泉学園駅
  5. ひらが歯科クリニック
  6. 平賀美穂子 院長

平賀美穂子 院長の独自取材記事

ひらが歯科クリニック

(練馬区/大泉学園駅)

最終更新日:2019/08/28

40703 df 1 main 1411517568

西武池袋線・大泉学園駅北口から徒歩5分、大泉通り沿いに「ひらが歯科医院」はある。待合室はシックで落ち着いたデザインで緊張感を感じさせない。白を基調とした診療室も明るく清潔で開放感もあり、ゆったりとリラックスしながら治療を受けることができる。また、在籍するドクターとスタッフはすべて女性であり応対もきめ細やかなので、歯科医院が苦手な患者でも安心して通える。院長を務めるのは平賀美穂子先生。幅広い診療をする歯科医院に勤務し研鑽を積んだ後、満を持して2013年12月にクリニックを開業した。地元である大泉学園の人々へ、口腔内の健康と笑顔を提供していきたいと語る。診療の腕はもちろんであるが、物腰柔らかく、気さくな人柄も魅力的。そして、一連のお話を通して、何より患者のことを本当に考えてくれる先生だと感じた。よい意味で「先生」然としていない。だからこそ、患者もいろんな悩みを話しやすいのだろう。そんな平賀院長に、開院の経緯、クリニックの特色や診療のこだわり、歯科医師をめざしたきっかけなどいろいろと話を聞いた。
(取材日2013年3月14日)

地元への恩返しと地域医療への貢献をめざし開業

この大泉学園周辺は先生のご出身だそうですね。

40703 df 1 1 1397216617

そうです。小さい頃から慣れ親しんできた場所なんです。なので、たくさん思い入れがあるのですが、大泉学園は住民の方々の触れ合いが特に盛んな地区だと感じています。子どもの頃に通りで遊んでいると、「危ないから走っちゃいけないよ」と街の方に声をかけていただくことが、度々ありました。さまざまな方々に支えられ育ててもらったという実感がありますので、歯学生時代から開業するのであれば地元でと決めていて、また将来は地元に恩返しができればとずっと考えていました。

開院はいつですか?

2013年の12月です。今は、開院して4ヵ月目に入ったところですね。ホームドクターとしてまだスタートしたばかりですが、子どもからお年寄りまで地域住民の方誰もが気軽に、安心して通えるようなクリニックをスタッフ一丸となってめざし日々の診療を行っています。

開院にあたり、工夫されたことはどのようなことでしょうか?

40703 df 1 2 1397216617

「痛そう」、「怖い」、「できれば通いたくない」など、多くの方々が抱く歯科医院のイメージを払拭できるクリニックを心がけました。歯科の治療は一度で完了することはありませんし通院にストレスを感じてしまえば、なかなか継続して通っていただくこともできなくなり、完治も難しくなってしまいます。放っておけば虫歯は進行してしまいますから、口腔内環境にも良いことはありません。なので、まず誰もが気軽に通える雰囲気づくりを心がけ、院内デザインにも細部まで気を配りました。「特に歯が痛いわけじゃないけれど、クリニックで診てもらおうかな」と感じていただけることが一番だと考えています。

一人ひとりをかけがえのない家族と捉え、患者が笑顔になれる治療を

クリニックの特色を教えてください。

40703 df 1 3 1397216617

患者さまの気持ちを第一に考えたクリニックであることです。開院場所に関してはご高齢の方、車いすやベビーカーをお使いの方もストレスなく来院できるようにと1階の路面クリニックを選びました。スタッフが皆女性というのも特色で、定期的に皆でミーティングを行って、女性ならではのキメ細かい気配りや丁寧な応対を常に心がけています。そして、地域密着型のクリニックですから、何か患者さまに心配事があったとき、まず相談できるクリニックであるように一般歯科や小児歯科、審美歯科はもとより、口腔外科やインプラント治療、歯列矯正など幅広い診療体制を整えています。治療面では、「ご要望の傾聴」、「納得いただけるご説明」、「ミニマムインターベーション」です。患者さま一人ひとり、症状は他の患者さまと同じものだとしても、治療のご要望は異なります。なので、まず何が心配でどうされたいのかをしっかりとお聞きし、各ご要望に適した治療法のご提案とご説明をしながら、納得・満足いただける治療を一緒になって計画していくことをモットーにしています。ミニマムインターベーションというのは、最小の治療で最大の効果をめざす歯科治療です。簡単に言えば、一度削ってしまえば元には戻らない天然歯を尊重した治療と言って良いと思います。口腔疾患の状況によっては削ったり、抜歯しなければいけませんが、その場合でも最大限の注意を払いながら施術を行います。また、私自身もそうだったのですが、歯科医院の治療で多くの患者さまが苦手とする痛みにもできる限りの配慮をし、痛みを抑えた治療を実施しています。

診療のこだわりをお聞かせください。

常に念頭に置いているのは、誰もが笑顔になれるようにと、緊張せずリラックスしていただいた上で治療を受けていただくことです。一言で言えば「家族に行うような診療」がこだわりです。程度の差こそあれ、来院される患者さまは必ず不安を抱えていらっしゃいます。ご自身の口腔内の状況について、受ける治療についてなど不安はさまざまです。ですから治療よりもまず、いち人間として患者さまと向き合い、一人ひとりの気持ちを察することを第一にしています。世間話もたくさんするんですよ、私もお話しするのが好きですし(笑)。当クリニックでの時間を有意義と感じていただけるようにと、日々、試行錯誤しています。

「家族に行うような診療」というこだわりを持ったのは、どのようなことからですか?

40703 df 1 4 1411517568

小さい頃、この周辺でお仕事をされているさまざまな方々に家族のように接していただいていましたので、元をただせば当時の体験がきっかけだと思います。そして、明海大学歯学部を卒業し勤務した東京都清瀬市と埼玉県志木市の歯科医院での診療を通してこだわりが明確になりました。どちらも、あらゆる歯科疾患を診療対象にしているところでした。来院される患者さまもとても多彩だったのですが、担当医制で1人ひとりにじっくりと診療をあたることができました。患者さまに笑顔になっていただきたい、その一心で診療にあたっていたと思います。そのような毎日の中で、「なんでも相談できるから助かるよ」、「笑顔にさせてくれる先生だよね」とのお言葉をいただくことが幾度かありました。そのときに何より喜びを感じ、また治療だけではなく患者さまが抱く気持ちをサポートするのも私の役目だと自覚するようになりました。そしていつしか、患者さま一人ひとりに家族に行うような診療をご提供していきたいと強く思うようになってきました。

怖くない、痛くない歯科医院との出会いから歯科医師をめざす

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

40703 df 1 5 1397216617

まず、私の父が医師で開業していたのもあり、以前から医療に興味があり将来は人のお役に立てる職業に就きたい考えていました。ただ、歯科医師をめざしたのは遅いんです。実は、子どもの頃は本当に歯科医院に通うのが大の苦手。消毒の臭い、歯を削る音、そして痛みなどは本当に嫌でした。時にはトイレに隠れてしまったこともあります(笑)。しかし、高校生時代に通っていた歯科医院との出会いが転機になりました。それまでと同じように緊張して来院したのですが、まったく緊張せず、治療も痛くないところだったんです。先生の人柄も本当に素晴らしく、感銘を受けました。それまでの私の医療への憧れは漠然としたものだったのですが、この体験から自分も歯科医療を学びたいと思うようになり、歯科医師になることを決心しました。

休日はどのようなリフレッシュをしていますか?

平日の仕事の雑務を片付けたり、勉強しているうちに気がつくと終わってしまっていることが多いのですが、時間があるときは愛犬の“ボス”と一緒に過ごしています。室内で遊んだり、散歩に連れていったり。犬種はボストン・テリアで7歳です。人に例えれば、もう40歳位なのですが、結構やんちゃで(笑)。元々、実家でも犬を飼っていて犬好きなんです。ボスと過ごす時間は一番のリフレッシュになっています。だから当院のイメージキャラクターはボストンテリアなんですよ(笑)。

最後に『ドクターズ・ファイル』の読者にメッセージをお願いします。

40703 df 1 6 1397216617

歯科医院を苦手に感じている方は多いと思います。また、歯が痛くなってから来院する場所だというイメージもあると思います。しかし、歯を痛くさせないため、「予防」としても通えるのが歯科医院です。定期的なメンテナンスは疾患リスクを抑えることができますし、お口がすっきりことで気持ちのリフレッシュにもなります。信頼を置け気軽に通えるかかりつけを見つけて、例えるなら美容院に通うような気分で足を運んでいただければと思います。そして、当クリニックはまだオープンして間もないですが、通うと笑顔になることができる、末永く親しめるクリニックを目標に、スタッフ一丸となって診療にあたっています。心配事があればご相談だけでも構いませんので、ぜひお気軽にお越しください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access