こばなわ神田整形外科

こばなわ神田整形外科

小塙幸司 院長

頼れるドクター

40676 df 1 main 1395879938

関節や骨を守るため、体の使い方を覚えることが大切

―診療スタンスを教えてください。

当院は、整形外科・リウマチ科・内科・リハビリテーション科を標榜していますが、基本的にはあらゆる疾患の患者さんを幅広く対象としています。また、地域のプライマリー医療に貢献することを目的の一つに掲げ、どんな症状の患者さんが来ても、的確な診断を行うよう心がけています。その後こちらで治療を行ったり、必要があれば大学病院などに紹介をしたりといった方法を取ります。「こんな症状があるんだけど、どこに行ったらいいかわからない」という患者さんは意外と多いものです。症状があって辛いときに、わざわざ大学病院まで行き、そのうえ診察まで長い時間待たされるのは大変ですよね。当院は、そういった患者さんを受け入れ、すみやかに適切な診断を行う地域の総合医としての役割も果たしています。

―幅広い疾患の診断が可能なのですね。

はい。その通りです。私は順天堂大学の整形外科に所属していましたが、教授の教えの一つに「スペシャリストたるな、ゼネラリストたれ」という言葉があります。これは、専門ばかりを極めずに幅広い疾患を診られるような医師になれという教えです。大学病院にいた頃は、主として脊椎外科とリウマチ・関節外科の専門医療に携わっていましたが、開業してからは全身をオールラウンドに診ることのできる総合医としてのスタンスで診療を行っています。ですので、「整形外科だから」と思い込まず、どんな悩みであっても気軽に来ていただければと思います。

―最後に読者にメッセージをお願いします。

体の使い方を覚えたり、足型に合わせたインソールを用いたり、最近では肘、膝にはバンドタイプのサポーターを、手指にはテーピングを使うことで痛みを軽減することもできます。ちょっとしたヒントを取り入れるだけで、その後の人生はずっと生活がしやすくなることをご存知でしょうか。整形外科の疾患のうちのいくつかの原因は、普段の誤った生活動作の積み重ねによるものなのです。人は誰でも年齢とともに身体を動かすことが億劫になってくるため、畳のへりや階段など、ふとしたところで躓くなどして健康を害しやすくなりますが、そうなる前に基本的な身体の使い方を覚えておくことで、中高年期以降の関節や骨の疾患リスクをぐっと減らすことができます。肩こりや腰痛をあたり前のことと思わず、体からのサインと考えて早めに来院していただければうれしいですね。普段の生活が楽になる方法を一緒に考えていければと思います。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細