こばなわ神田整形外科

こばなわ神田整形外科

小塙幸司 院長

頼れるドクター

40676 df 1 main 1395879938

JR神田駅東口から徒歩1分のところに、「こばなわ神田整形外科」はある。ジャズミュージックが流れる院内は、ブラウンとベージュを基調にビビッドな差し色を取り入れたモダンな空間。「お客さんをお迎えするカフェのような雰囲気を出したかったんです」と語るのは、小塙幸司(こばなわ・こうじ)院長。口調は丁寧で物腰も穏やか。親しみやすい雰囲気だ。「大切なのは、体の使い方を覚えることです。そうすることで、腰痛や肩こりなどの症状が起こりにくくなるのです」と話す小塙院長。通常であれば理学療法士が行うような指導も自ら率先して行うという小塙院長に、医院のことや地域のこと、また専門である整形外科領域のことなどについてたっぷりと話を伺った。
(取材日2014年2月19日)

患者にリラックスしてほしいから。椅子の高さも自分で調節

―ダウンライトの明かりがあって、ほっと落ち着ける院内ですね。

ありがとうございます。開院するにあたり、「リノリウムの床で蛍光灯がまぶしくて」というようないわゆる病院っぽい内装は避けたいと思っていたんです。病院の殺風景な空間というのは、患者さんの緊張を招きやすいですしね。また私は以前、カフェのマスターになりたいという夢があったものですから、内装にはこだわりました。その一つが椅子ですね。最近の椅子は、肘掛けの位置が低いものが多いため、良肢位(りょうしい)といって体にとってう良いバランスで座るのが難しいんです。当院で使用している椅子は購入時、外国製のため肘掛けの位置は良くても若干高さがある状態でした。それで、自分で椅子の足をわずかにカットしたんです。おかげで患者さんには、「座り心地がいい椅子だね」と言っていただけています。後はBGMにジャズを流すこともこだわっていますね。わざわざ当院を選んできてくれた患者さんには、出来る限りリラックスできる空間を提供したかったのです。

―なぜ神田で開業をされたのですか。

開業する際の候補として、「汝の父を敬え」という小説があるように、迷わずこちらを選びました。というのも、亡くなった私の父が長年、神田駅の西口で「こばなわ歯科」を開業していたので、私にとってここは馴染み深い土地だったのです。私は中野で生まれ育ちましたが、神田は出身の大学もあり、第二の故郷のような存在ですね。そのため、働くなら土地勘がある場所がよいと思い、神田駿河台の杏雲堂病院でも整形外科部長を務めていました。ちなみに開業する際に、父の医院で使用していた電話番号を下四桁だけ引き継ぐことにしましたこの番号があることで父からの「思い」を引き継ぎ、少しでも地域の方に貢献していきたい、という思いを込めています。

―こちらではどのような患者が多いですか。

一番多いのは、肩こり、そして腰痛の訴えですね。神田という場所柄、丸の内や大手町など周辺の企業で働くビジネスパーソンの方が過半数です。そういった方はデスクワークに従事することが多いため、肩や腰の痛みを訴えて来られますね。それと、こちらでは特定の疾患に偏らずあらゆる症状を診ることができますので、ちょっとした風邪や予防接種を希望している方など幅広く患者さんがいらっしゃいます。ホームページを見てこられる方もいますが、ご紹介の方も多いですね。いつのまにかオフィスのかかりつけ医のようにしてくださっていることも多く、そういったお話を聞くと嬉しくなりますね。年齢層は比較的高めですが、開院前は神田駿河台の杏雲堂病院と御茶ノ水の順天堂大学でスポーツ整形が得意で思春期のそくわん症専門外来を行っていたので、10代の患者さんが来ることも多いですよ。また、スポーツ整形でくる患者さんはお子さんが実は多いので必然的に小児整形が多くなるんです。お子さんから大人の方まで安心して通っていただけるのは嬉しいですね。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細