ひたち歯科医院

ひたち歯科医院

日達 栄嗣院長

40668

再治療ゼロの治療をめざして

―日達先生がもっとも力を入れていることは何ですか?

医療としての治療、病気の治療を一番に考えています。虫歯がある状態で見た目だけきれいにするとか、とりあえず今はこうしておこう、という治療はしません。医学の面から見て必要なことを大事にして、それを患者さんに説明し、理解していただくための努力を続けていきたい。私が理想としているのは、将来的に再治療にならない治療です。もちろん、可能性がゼロとまでは言い切れないと思います。ただ、ゼロを目標にして治療していけば、おのずと治療の内容は違ってきます。再び病気が悪くならないように、最善を尽くすという気持ちで治療に臨んでいるんです。

―衛生面に配慮して、ラバーダムを使用しているのも、そうした姿勢のあらわれでしょうか?

そうですね、自分にとっては当たり前のことなのですが、根管治療を行う際には必ずラバーダムを使用しています。医科において手術を衛生的な環境で行うのと同じで、歯科の治療においても、確立された技術があるなら省略せずにやっていかないと。特に根管治療の場合、唾に含まれるばい菌が患部に入らないように、できるだけ無菌の状態で行うことが大事です。ラバーダムを使わなくても治療はできますが、使わなかったことでばい菌が入り、将来の虫歯につながるかもしれません。だから、最善を尽くしたいのです。これに限らず、当たり前の基本を大切にするというのは、どんな治療においても変わりません。

―他にも心がけていることはありますか?

忙しいサラリーマン世代を治療していると、「通院回数を少なくしたい」というニーズがあります。私自身も、病気の治療は1日でも1分でも早く治すのが当たり前だと思っています。だからといって治療の内容を省略することはできませんが、診療期間はなるべく短くというのは、心がけている点です。医学的にだめな理由がなければ、連日の治療予約も可能です。忙しい患者さんからは、「これは助かる」と言われることが多いですね。

―一方、定期的な検診の重要性も伝えていきたい部分だそうですね。

患者さんには「治療は終わりましたが、本当はここからがスタートですよ」とお伝えしています。治療の終わりは管理の「始まり」です。痛くなくても定期的に管理していくのが健康維持の秘訣です。1回ごとの治療も大事ですが、一生自分の歯を使うためには、患者さんご自身によるケアはもちろん、プロによる定期検診の重要性を伝えたいです。当院では、定期検診時に歯石などのクリーニングを同時に行い、歯周病管理にも努めています。開業して3年が経ち、定期健診の患者さんも増えてきたので、とてもありがたいです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細