おおさわ歯科クリニック

おおさわ歯科クリニック

大澤一浩 院長

40556 df 1 main 1387269289

緑あふれる住みよい町三鷹。「おおさわ歯科クリニック」は2011年の開業以来、精巧で質の高い治療と心地よい空間にこだわり診療を行っている。ドアを開けた瞬間ふわっと漂う優しいアロマオイルの香り。これもこのクリニックの特徴の一つだ。この地で育った院長の大澤一浩先生は、慣れ親しんだ町で、自分だったらどんな治療をしてほしいか、どうすればリラックスして治療を受けられるかを考え患者と向き合う毎日。緻密で丁寧な治療は技工士など歯科に関わる人からもお墨付きで、患者には歯科業界の人も多いとか。「手を抜く事ができない性格なんです」と微笑む大澤先生だが、そこには数ある歯科医院の中から選んで来てくれた人への感謝の気持ちと責任感があふれている。自分のすることは目の前にあるお口の中をきちんと治すだけと力強く話す大澤先生に、開院の経緯や診療スタイルのほか、印象に残っている出来事などたっぷりと語っていただいた。
(取材日2013年11月20日)

アロマの心地よい香りに包まれる中、精巧で丁寧な治療を提供

―はじめに開院の経緯について教えてください。

父が三鷹駅前で開業していたのですが、その地盤を引き継ぎ、2011年に「おおさわ歯科クリニック」を新規開院しました。父の代から来てくださっている患者さんの中には、子どもの頃の僕を知っている方もいらっしゃいます。埼玉県、千葉県など東京都に隣接した他県から通ってくださっている方もいらっしゃいますが、ほとんどが近隣にお住まいの方で、詰め物が取れたり、歯茎が腫れたなどのご相談が多いですね。また、子どもの患者さんには、フッ素塗布やシーラントなどによる虫歯予防を行い、生えかけの永久歯が将来虫歯にならないように取り組んでいます。当院では完全予約制で診療を行っています。時間が空いている時以外は、飛び込みの患者さんは予約を取り直していただくか、申し訳ありませんがお断りをしています。急患を随時受け入れてしまうと、そのために予約して来てくれた人の時間を削ることになってしまいます。もし僕が患者さんの立場なら、予約をして時間を作って治療を受けにきているのに、予定より短く終わってしまうのは少し残念ですからね。予約の患者さんを最優先とさせていただいています。

―院内はとてもよい香りに包まれていますね。

独特の消毒の臭いや雰囲気などどうしても怖いイメージが強い歯科医院に気持ちよく通っていただくためには環境作りが大切だと考え、待合室に業務用アロマディフューザーを置きました。アロマは一般的に使用されている合成香料ではなく、植物から抽出した100%天然の精油を使ったものを使用、毎月アロマテラピーの有資格者の方に、季節に合わせた当院オリジナルの香りをブレンドしていただいています。患者さんからも好評で、次の予約を取る際にはついついアロマの話で盛り上がってしまうことも。家庭用のコンパクトなアロマグッズを置いている歯科医院は増えていますが、ここまで本格的な物を置いているところは少ないと思うので、当院の特徴の一つと言えるでしょう。美容院が定期的に髪をカット・トリートメントすることで、リフレッシュできる空間のように、当院も定期的に来ていただく事によって快適なお口の環境を維持でき、心地よい香りに包まれることで美容院同様心身ともにリフレッシュできる空間になるようにしていきたいです。

―治療時には毎回口腔内カメラで撮影されるそうですね。

下の歯であれば鏡で確認できますが、上の歯だとどこかどうなっているのか見えませよね。それがわからないまま治療が始まり、はい治りましたと言われるより、僕だったら、治療前の状態はどうなっているか、治療の途中、治療後どんなにきれいになったかを知りたいと思うんです。ですから、治療の経過が一目でわかるように、治療前、削っている途中、歯型を採るとき、治療終了後の様子などを適宜口腔内カメラで撮影して患者さんにお見せしています。特に、自分が受けている治療についてもっと知りたいという方や、お口の中に興味のある方には、より細かく写真を撮って説明をしています。歯科の治療にかかわらず、物事の経過についての説明がわかりやすいのはよいことですし、自分の口に興味を持つのは、口腔内の健康を維持することに非常に重要なことです。いつどんな状態で写真に収めても自信を持ってお見せすることのできる治療をするということは、手間も時間もかかるのですが、僕の中での一つのこだわりとして行っています。

記事更新日:2016/01/24


Access