日本医科大学多摩永山病院

日本医科大学多摩永山病院

中井 章人院長

頼れるドクター

20180417 banner

1977年の開院以来、もう40年以上にわたり、多摩ニュータウン地域の基幹病院として周辺に暮らす人々の健康を守り続けてきた「日本医科大学多摩永山病院」。地域住民の「何かあったら多摩永山病院に」との信頼と親しみの表れか、大きな大学病院でありながら、院内にはどこか温かく親しみやすい雰囲気が漂う。東京都がん診療連携拠点病院にも指定される同院は、都心の専門病院にも引けを取らない医療技術の提供に努める。また、母体救命、産科救命にも力を入れており、ハイリスク妊娠にも対応する。「多摩地域の患者さんは多摩地域で治す」のモットーのもと、日々、よりよい医療の提供を実践する同院において、2018年4月に新しく院長に就任したのが、中井章人先生だ。すでに20年近く女性疾患・産科疾患専門の医師として同院で診療にあたっており、地域に寄せる思いは誰よりも深い。「多摩永山病院のことをもっと知ってほしい、そして地域のことをもっと知りたい」と力強く語る中井院長。めざす医療の姿や今後の展望について、じっくりと話を聞いた。
(取材日2018年4月2日)

地域連携の強化で医療資源の最大限活用を

―この4月から院長に就任されたそうですね。

はい。ただ、当病院で女性診療科・産科の医師として、20年ほど診療をしていますので、病院のことも地域のことも理解はできていると思っています。当院のいいところは、総合病院として、ある程度の診療科がそろっていること。ただ規模がさほど大きくないので、診療科同士の垣根が低く、横の関係が良好な点も重要なポイントです。院内のネットワークがうまく構築できていて連携も取りやすい。非常に動きのいい病院だと思いますね。患者さんも、大学病院ではあるけれど親しみやすい、と感じてくださっている方も多いのではないでしょうか。1977年の開院以来、地域の基幹病院として先進的な医療の提供に努めてきまして、長年の診療経験を通じて私自身も、多摩という地域の特殊性を理解しているつもりです。そこで当院の力を一番発揮していくにはどうしたらいいか、その方法を考えるとともに、地域に求められる医療の充実を推し進めていきたいと思っています。

―これまでと同様、がん診療などに力を入れていくのでしょうか。

そうですね。がん診療や急性期疾患に対する医療を充実させ、急性期病院の役割を果たしていくことが、地域貢献にもつながると思っています。多摩地域では、大きな病気になると都内の病院を受診される方も多いですから、当院としては、救急疾患と高齢者やお子さん、妊婦さんの医療が中心になっていくはず。今、高齢者も悪性疾患が増えており、昔に比べ手術も行うようになっていますから、そのあたりのニーズは増えてくるのではないでしょうか。ただ、例えば、がん診療においてすべての科がそろっているわけではないし、救命救急に関しても高度救命救急センターを備えているというわけではありません。東京全体を見ても、完全な病院などそうそうないですから、これは多くの病院においても言えることだと思うんですが、大事なのは、自分たちの領分をよく理解し、その範囲内でやれることを精一杯やること。それこそが地域貢献の面でも最も重要だと思っています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access