全国のドクター8,887人の想いを取材
クリニック・病院 161,489件の情報を掲載(2020年1月29日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 小金井市
  4. 武蔵小金井駅
  5. 沼澤デンタルクリニック
  6. 沼澤 秀之 院長

沼澤 秀之 院長の独自取材記事

沼澤デンタルクリニック

(小金井市/武蔵小金井駅)

最終更新日:2019/08/28

39912

JR中央線武蔵小金井駅から徒歩5分のビルにある「沼澤デンタルクリニック」。沼澤秀之院長の父がこの地で開院した。現在は西東京市にある本院の「沼澤歯科医院」を含め、医療法人社団「博山会」としてスタッフ全員が一丸となって質の高い地域医療をめざしている。「当院は予防歯科とインプラント治療を2本の柱にしています。この二つの両立がテーマです」と沼澤院長。院内には治療用とは別に歯科衛生士の丁寧なメンテナンスを受けられる空間も用意。また、一言にインプラント治療といっても、患者の負担を軽くする低侵襲の術式を用いている。「スタッフ全員が『自分を高めたい』と思うような歯科医院にしたい」と語る沼澤院長に、柱としている治療や今後の展望を聞いた。
(取材日2017年4月3日)

地域住民の健康を実現する予防歯科の力に圧倒

お父さまの代に歯科医院を開院されたそうですね。

1975年に父が小金井市で「沼澤歯科医院」を始めました。2008年に僕が院長に就任しました。自分が生まれ育った地域なので愛着がありますね。現在は武蔵小金井市、西東京市、府中市にある4つの歯科医院で医療法人社団「博山会」をつくり、スタッフ全員で研鑽し新しい歯科治療を取り入れています。当院は2011年に院内を大幅にリニューアルし、ユニットは12台あります。お子さんをお連れになる方も増えたので、ベビーカーと一緒に入れるキッズスペースつきの個室も設けました。この個室はお母さん方に大人気で、予約がすぐに埋まってしまいますね。医院全体として、おかげさまでたくさんの方に先々の予約をとっていただいていますが、今後も患者さまを受け入れられるよう改善していきます。

歯科医師を志したのは、お父さまの影響が大きいのでしょうか。

実は祖父、父、兄が歯科医師なんです。育った環境の影響が一番かもしれません。ただ、高校2年生頃までは料理人になりたかったんですよ(笑)。割烹料理屋を営んでいる知り合いがいて、かっこいいなと。子どもの頃から釣り好きだったので、自分で魚を釣ってさばいて調理している姿に憧れていました。進路を決める時期になって両親からは大学進学を勧められて、悩んだ末に兄と同じ東京歯科大学に進学しました。高校が理系クラスでもともと生物学や生理学が好きだったので、授業は楽しかったですね。手先が器用だったので実習でも手応えを感じ、大学3年を過ぎる頃には、歯科医師に向いているかもしれないと思うようになりました。

大学で特に興味を持った分野を教えていただけますか。

口腔外科を専門に勉強していました。全身管理や基礎疾患についても深く学ぶ分野なので、虫歯を削って詰めるだけではなく、患者さんの健康状態を考慮した歯科治療の基本を習得できたのはよかったですね。大学病院口腔外科所属中に経験した数多くの手術はインプラント治療に生きています。そして同じ頃、現ヘルスケア歯科学会会長の杉山精一先生のお誘いで熊谷崇先生の講習会参加させていただき予防歯科の力に圧倒され、もう一つの診療の柱である予防歯科に出会うことになります。

予防歯科とインプラント治療はどちらも必要不可欠

予防歯科について詳しく教えてください。

3

虫歯や歯周病になる前の予防を大切にすることです。治療することは大切ですが、悪くならないお口の環境をつくっていくことが本当に重要なことなんです。何歳になっても自分の歯で食事を楽しみたいと思ったら、予防歯科は必要不可欠です。当院では患者さんの了承を得たうえで、最初にレントゲン検査を10枚、口腔内写真検査、歯周病の検査を行い、そのデータをスタートラインとしてお口の状態を診断していきます。「虫歯はなくても歯石が多い」「表面はきれいでも裏に茶渋がついている」など、患者さん自身が知らなかったことを客観的に示すことができます。必要なところを治療した後も、定期的に通っていただき、歯科衛生士によるクリーニング、メンテンナンス、ブラッシングの指導を行い、お口の健康を保っていきます。

インプラント治療にも力を入れているそうですね。

そうですね。日本のインプラント治療の先駆け的存在である三好敬三先生が院長を務める「三好デンタルクリニック」に勤務し、高度なインプラント治療法を学びました。今でも、全国の臨床医によるインプラント治療の研究グループ「デンタルコンセプト21」に所属し、勉強会に参加しています。

インプラント治療へのこだわりもあるとか。

4

当院のインプラント治療の特徴は、患者さまの精神的・肉体的・費用的に負担の少ない低侵襲な治療を行えるという点です。3Dで見られる「精密診断用歯科CT」や「コンピュータシミュレーション」など高性能機器を導入していますが、これによって手術の安全性が向上するだけでなく、患者さまの負担を最小限にできる場合があります。例えば、顎の骨に十分な厚みや幅がない方は骨移植や骨造成を行い、インプラントを埋入する骨を作る必要があります。しかし、状況を詳細に把握し、ショートインプラントや傾斜埋入など高度な手法をとることで、骨移植・骨造成をせずにインプラントを埋入することができます。

予防とインプラント、なぜこの二つが柱なのでしょうか?

口の中の疾患に対しては「感染のコントロール」と「力のコントロール」の両方が必要不可欠だからです。予防歯科によって歯周病菌、虫歯菌に対する感染のコントロールを行っても歯がなくなったとき、義歯やブリッジでは他の歯に負担をかけ結局咬合は破壊されていきます。唯一それを止めてくれるのがインプラントなのです。骨と直接結合するインプラントは自分の歯以上に力を負担でき咬合を助けます。それによって「力のコントロール」が可能になります。そしてインプラント治療の前に予防歯科を徹底することが重要。インプラントの周辺を清潔に保てなければ、やがてトラブルにつながり、せっかく入れたインプラントも駄目になってしまいます。しかし、両立できている歯科医院は少ないと思います。どちらか一方に力を入れていることがほとんど。だからこそ、予防歯科とインプラント治療の双方を一医院の中で両立させるのが僕のテーマなのです。

スタッフ全員が「自分を高めたい」と思う歯科医院に

小児歯科にも力を入れているとうかがいました。

5

やはり予防の観点からです。予防歯科とは歯科医師や衛生士がお口の健康を守るための技術を患者さんに身につけてもらうための取り組みでもあります。小さい頃は歯科医院に通われていたお子さんが、中学生や高校生の時期になり足が遠のいてしまう場合が多いです。歯科医院に来なくなる前に、口内を健康に保つ習慣をしっかり身につけてほしいと思っています。そこで、まだ小さいうちからの指導や習慣づくりが大切なのです。小さい頃からどうして虫歯になるのか、どうしたら防げるのかをわかっていれば一生の宝になります。当院ではお子さんが永久歯に生え変わったタイミングで、虫歯のリスクがわかる唾液検査を提案しています。自分のリスクを知っておけば、歯磨きを続けるモチベーションにもつながるでしょう。虫歯菌の予防は一筋縄ではいかない、難しいもの。だからこそ、虫歯になりやすいかどうかを事前に親御さんも知る必要があります。

お忙しい日々を過ごしていらっしゃいますが、休日はどのように過ごしていますか。

釣りですね。最近は釣り船に乗って沖釣りを楽しんでいます。船長に船を出してもらって8時間ずっと釣り。つい先日も、兄と一緒にマルイカを狙って、釣りにいってきました。マルイカは小さいからアタリが繊細で、釣るのが難しいんです。ただ同じ場所でも船長がやったらどんどん釣れる。「腕が悪い」といわれ、ぐうの音も出なかったですね(笑)。実は子どもたちも連れて行ったのですが、船酔いせず楽しんでいました。将来の相棒を確保できましたね。

貴院の展望を教えていただけますか。

6

地域で信頼される歯科医院を追求していきます。去年から、通院していた患者さんを対象に訪問歯科治療を新たに始めました。当院が2階にあるので、高齢の方からは「楽しく通院していたけど、通えなくなるかもしれない」という言葉をいただいていました。それならこちらから伺おうと。今後もたくさんの患者さんのお役にたつには、自分以外のドクター、スタッフの存在が欠かせません。知識や技術の獲得には自分の時間を使わなければいけません。そのやる気を盛り上げるため、僕も含めてそれぞれが目標を掲げるようにしています。これからもスタッフ全員で患者さんの健康を支えられるように努めていきます。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access