サクラ歯科医院

サクラ歯科医院

松本 亨院長、松本文子副院長

頼れるドクター

39845 df 1 main 1424742911

再開発により、新しい商業施設が建ち並ぶ武蔵小金井駅南口から徒歩3分。小金井街道に面したビルの2階に位置する「サクラ歯科医院」。サクランボのロゴマークが目印だ。2008年の開業以来、温かみのある診療で地元の人々に愛されている歯科医院だ。以前、ワンコインクリーニングがメディアにも取り上げられ注目を集めたこともある。松本亨院長と松本文子副院長は仲の良い夫婦で、会話の掛け合いもテンポよく、息の合った様子が伺えた。「患者さんとの会話を大事にその方に合った診療をしています」と話す院長。小さな子どもからお年寄りまで幅広い年齢の患者に対応している診療のこと、3人の子どもたちと過ごすプライベートのことなどについてたっぷりと話を伺った。
(取材日2015年1月15日)

夫婦で開業し、子育てをしながら地域に密着した診療を行う

―ご夫婦でこの場所に開業したきっかけについて教えてください。

【院長】私と妻はもともと同じ職場で働いていたのですが、結婚当初からいつか開業したいねという話をしていました。そのうち妻の妊娠がわかり、生活を落ちつけることができればと、開業へ動き出しました。妻の実家がある吉祥寺からなるべく近いところで場所を探し、いろいろと見て回った中で、当時再開発が進められていた武蔵小金井駅の南口に注目しました。新しい商業施設やマンションなどの建設が予定されていたので、便利で人も集まりそうだしいいなと思いました。この場所は、場所探しを手伝ってくれていた妻のお母さんが見つけてくれたのですが、駅から近く、建物の前の人の流れもよかったので、すぐに決めました。

―医院の設計や内装で工夫した点はありますか?

【院長】設計は、同じく歯科医師の兄からアドバイスをもらい、L字型の建物を生かした造りにしています。子どもからお年寄りまで誰でも入りやすい医院になるよう、内装などのデザインはあまりおしゃれになりすぎないようにしました。院内の特徴としては、キッズスペースが診察室の中にあることです。お母さんが治療をしているときに、そのすぐそばでお子さんが絵本を読んだりおもちゃで遊んだりすることができるので好評です。以前は一か所しか無かったのですが、現在は手作りの移動式キッズスペースもあるので、どのユニットでも治療中お子さんに近くにいていただけます。また、患者さんに少しでも楽しい気分になってもらえればと、出入り口や受付付近などに季節の飾りつけをするようにしています。個人的には、待合室の本棚もオススメです。本やマンガ、雑誌などを置いていますが、マンガは私が読んで良かったと思ったものをそろえていて、患者さんとの会話に役立つことも多いですね。

―サクランボのロゴマークもかわいらいしいですね。

【院長】この医院が入っているビルの名前が「サクラビル」ということと、小金井市の花が桜ということで、地元に根付いた医院になるようにとサクラ歯科医院と名付けました。何かアイキャッチとなるロゴマークを作りたいと思いデザイナーさんにお願いしたところ、桜ではなくサクランボをモチーフとしたものがあがってきました。最初はサクランボの実が1つだったのですが、妻と相談し、夫婦で診療するのだからと実を2つにし、それぞれに私と妻の顔をイメージした顔を描いてもらいました。
【副院長】そのサクランボのロゴマークから、お子さんの中には「サクランボの歯医者さん」と言って来てくれる子もいます。待合室に置いてある熱帯魚の水槽も人気なので「水槽の歯医者さん」と言う子もいますね(笑)。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細