全国のドクター9,008人の想いを取材
クリニック・病院 161,455件の情報を掲載(2020年2月26日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 国分寺市
  4. 西国分寺駅
  5. レガデンタルクリニック
  6. 仲山 尚男 院長

仲山 尚男 院長の独自取材記事

レガデンタルクリニック

(国分寺市/西国分寺駅)

最終更新日:2020/02/03

39787 df 1 main 1407199943

国分寺市で30年近く診療を続ける「レガデンタルクリニック」。仲山尚男院長は、悪くなった部分だけでなく、口の中全体を診て総合的に治療し、適切な予防を行うことで、健康な状態の維持をめざす「総合歯科診療」のコンセプトを掲げ、地域密着型の診療を行ってきた。患者のニーズに応えることを目標に、専門分野を限定せず、すべての診療に注力し、治療後の患者のフォローアップも重視する。丁寧で穏やかな口調でわかりやすく説明をしてくれる仲山院長は、「今後はさらに予防に力を入れたい」と目を輝かせる。同院のコンセプトや今後の目標などを詳しく聞いた。
(取材日2019年2月28日)

「治療しなくていい」状態を維持するのが目的

このクリニックの診療方針や特徴を教えてください。

39787 df 1 1 1407199943

当院は30年近く同じところで診療を続けてきた、地域密着の歯科クリニックです。駅直結の商業施設にありますが、おみえになる方はクチコミでのご紹介がほとんどで、開院当初からの患者さんは親子や家族で利用される方も増えてきましたね。中にはホームページで当院を知ったと茨城県や千葉県から通われる方もいらっしゃいます。当院のことが口コミで広がったり、遠方からおみえいただいたりするのは、「総合歯科診療」というコンセプトを明確にしているからでしょう。総合歯科診療とは悪くなった部分だけでなく口の中全体を診て適切な治療法を検討し、治療を行った後は、患者さん一人ひとりに合ったフォローアップを続ける、といったトータルな診療体制を指しています。

そうした診療についてもう少し知りたいのですが。

虫歯や歯周病になったからと痛みや症状の出ている部分だけ治療しても、原因が歯磨きのやり方や噛み合わせのバランスの乱れだった場合には、そちらも治療していかないと同じような症状を繰り返すと考えられます。ですから口の中全体、さらには全身の健康や生活習慣なども含めて悪くなった原因を考え、根本から正すことを重視しているんです。そして良い状態を長く維持するには、歯磨きなどを含むご本人の努力と、定期的に受けていただくクリーニングは欠かせないと考えます。実は少し前までは「治療したのだから後は大丈夫」と思い込み、一方で「メンテナンスに来ない方には手の打ちようがない」と諦めていました。しかし、それでは医療機関として無責任であると気づき、改めて患者さん一人ひとりに合ったフォローアップ活動も含めて総合歯科診療を考えるようになったのです。

具体的にはどのようにフォローされていますか?

39787 df 1 2 1407199943

一般論で「メンテナンスに来てください」と話すだけで、患者さんに理解いただけると思うのは誤りだと反省し、その方がメンテナンスに来るメリットは何か?を具体的に伝えることを大切にしています。治療中からご本人の考えを伺い、例えば健康を重視される方なら、歯周病によって糖尿病や心筋梗塞・脳梗塞といった病気のリスクにつながることを話し、受付スタッフや歯科衛生士とも情報共有して対応を考えるなど、その方がメンテナンスに来ていただけるような個別アプローチに力を入れています。また、初診の患者さんには当院の診療方針をまとめ、虫歯治療や歯根治療など各種治療の目的、噛み合わせの重要性、メンテナンスの役割などをまとめた130ページ以上に及ぶオリジナルパンフレットをお渡しするんです。興味のある部分に少しずつ目を通して、知識を増やしていただければと考えています。

噛み合わせの不具合を科学的に分析して治療する

診療面では噛み合わせを重視されると聞きました。

39787 df 1 3 1407199943

歯や顎は硬くて動かないと思われがちですが、顎の関節は非常にデリケート。歯並びの乱れやストレスによる食いしばりなど、さまざまな要因で関節のクッション役となる関節円板がずれてしまうことがあります。こうした状態で虫歯になった部分だけを治療しても、噛み合わせのずれの影響による磨き残しなどが続いた場合、やがて虫歯につながり治療の繰り返しになるでしょう。また虫歯とは異なる歯の痛みの場合、右側に痛みを感じていても、実は左側の歯が噛み合わせの不具合で低くなっていて、それで右側の歯を使いすぎたことが原因といったケースもあるのです。本当に治療すべきは左側の歯ですが、これも痛む部分だけ見ても気がつきません。そのほか、噛み合わせの不調から顎を動かすと痛みを感じたり、口が極端に開けにくくなったりする現象や、偏頭痛などの不定愁訴に悩まれる方もおられるなど、噛み合わせの問題はたいへん奥が深いといえます。

噛み合わせの治療はどのように行うのですか?

噛み合わせに影響する要因は歯並びや食いしばり、普段の姿勢などさまざまで、それぞれに応じた治療が必要です。このため偏った噛み癖をなくす指導をするだけのこともある一方、噛み合わせが調和するように歯の位置を矯正するなど大がかりな治療になることもあります。このとき重要なのは、今起きている症状が本当に噛み合わせに起因するものなのか、噛み合わせがずれているなら本来はどのような位置が望ましいのか、などを科学的に診断することです。当院では顎機能咬合解析システムで検査を行い、得られたデータを咬合学の理論に基づいて開発された顎機能咬合診断診療プログラムを使って解析して、その方が長期的に安定した噛み合わせの状態を保つことをめざした治療法をご提案していきます。

そのほか診療面での特色を教えてください。

39787 df 1 4 1407199943

当院のコンセプトである総合歯科診療には患者さんのニーズに総合的にお応えするという意味もあり、どの診療が得意というより、すべての診療に力を注いでいます。適切と思われる診断・治療をベースに、ご本人の考えに合った方法をご提示するのはもちろん、経済的に許容できる現実的な選択もできるよう配慮しています。保険診療でも自費診療でも、良い状態を長持ちさせるために必要なのは治療後のメンテナンスと、それを実行していただける患者さんのマインドです。だからこそ個別のフォローアップが大事になるのです。

口腔ケアに力を入れ、地域全体の健康寿命を延ばしたい

先生が開院されるまでの経緯を教えてください。

39787 df 1 5 1407199943

父は公務員で転勤が多かったので、私も小さい頃から日本各地を転々とし、小学3年生の時にようやく落ち着いたのが国分寺市だったんです。親戚に医師や歯科医師が多く、医療の世界には早くから興味を持ちました。特に歯科は身近な存在で、小学生のときに親戚の歯科医院に遊びに行き、入れ歯づくりのまねごとなどもしていましたね(笑)。その影響なのか歯学部に入り、卒業後はかぶせ物・詰め物や入れ歯を使って治療する補綴分野を専門に選び、大学病院で診療経験を積みました。その後、長く暮らしてきた国分寺市の地域医療に役立ちたいと考えて、1991年に当院の開院に至ります。大学病院時代、特に重要と感じたのが噛み合わせで、開院後も咬合学をウィーン大学のスラヴィチェック教授、矯正学を神奈川歯科大学の佐藤貞雄教授に学びました。

ところで休日はどう過ごされているのですか?

仕事が趣味のようなもので、国分寺市歯科医師会の活動、勉強会、論文執筆などに充てることも多いですね。以前は「趣味はスキーです」と言っていたのですが、ここしばらくは滑りに行く時間もなくなり、スポーツからすっかり縁遠くなりました(笑)。ただ、患者さんには「なるべく長く診療を続けてほしい」と非常にありがたいお言葉もいただくので、体力維持のため適度な運動は続けています。もちろん休日に限らず、歯の健康のため、歯と歯ぐきの境目までしっかり磨くよう心がけていますよ。

最後に地域の方にメッセージをお願いします。

39787 df 1 6 1407199943

これまでの経験から、高齢になっても歯がきちんと残っている方は、早くから口腔ケアに真剣に取り組んでおられたのだと実感しています。悪くなったら治療するという流れから早く脱して、可能なら10代、20代のうちに口腔ケアを始めていただき、「予防によって治療しなくて済む」状態を維持していただきたいですね。「人生100年時代」といわれる中で、しっかりと口から食べて栄養をとることは心身の健康にとても重要な意味を持ちます。当院は定期的なメンテナンスと適切な情報発信で、地域の皆さんの健康寿命を少しでも延ばすよう貢献するのが目標ですから、「今は痛くないけど、きれいにしたいから」といった段階で気軽にご利用いただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホワイトニング/前歯12本の範囲で8000円〜、歯のクリーニング/8000円、マウスピース型装置を用いた矯正/50万~100万円、ブラケット矯正/金属ブラケット80万円~、セラミックブラケット90万円~、インプラント/埋入手術料25万円、上部構造20万円(CT検査費用6000円)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access