全国のドクター9,321人の想いを取材
クリニック・病院 161,004件の情報を掲載(2021年2月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 国分寺市
  4. 西国分寺駅
  5. 西国分寺レディースクリニック
  6. 佐藤 力 院長

佐藤 力 院長の独自取材記事

西国分寺レディースクリニック

(国分寺市/西国分寺駅)

最終更新日:2020/04/01

39777

JR中央線西国分寺駅南口からすぐのところにある「西国分寺レディースクリニック」。院長を務める佐藤力先生は、健康と美の両面から女性を支えることをモットーに、先進の医療を提供。新鋭機器を導入し、その経験に基づいて患者の悩みを親身に聞いてくれる接遇面もうれしい。妊婦健診では4D超音波を用い、胎児の様子を絵に書いたり、あふれるサービス精神で患者の心身をサポートする。また、不妊治療も患者と相談し徹底的に行っていくという同院。明るくフレンドリーな語り口が印象的な佐藤院長に、開業までの経緯や診療のポリシー、今後の展望などについて聞いた。
(取材日2015年11月13日/更新日2019年8月30日)

産婦人科と美容外科の両面から女性の美と健康をめざす

西国分寺駅前で通いやすい立地ですね。

39777 df 1 1 1448440356

当クリニックは2007年に開業しました。僕は大学院卒業後、地方の病院の産婦人科部長などを務めた後、都内の美容外科でニキビ治療、しみやしわのケア、わきがの治療など多くの経験を積みました。もともと「ゆくゆくは開業したい」という思いがあり、そのタイミングを見計らっていたのですが、そんな中で駅前でアクセス至便な当ビルを紹介され、開業を決めました。当クリニックは、「真のレディーストータルケアのサポート」を目標に、産婦人科と美容外科両方の分野の知識と経験を生かし、思春期から更年期まで婦人科一般、妊婦健診、不妊治療から、しみ・しわ・たるみのケアまで、女性の体の不調や美容の悩みに幅広く対応しています。地元の女性の患者さんがたくさんいらっしゃっていますが、美容外科の診療には、北海道から九州まで全国からいらっしゃいます。女性のパートナーである男性向けにも、別室で完全予約制のメンズクリニックを併設しています。

産婦人科から、なぜ美容外科の道に進んだのですか?

産婦人科の医師として長年診療を続けるうちに、患者さんから「妊娠線ができた」「しわやしみが増えて困っている」など、美容の悩みを具体的に聞くことが多くなってきたのです。産婦人科の主な患者さんは、同時に美容の悩みも多い世代ですので、僕の力で解決のお手伝いをしてあげたいと思い、都内の美容外科に勤務し技術を磨いたというわけです。当クリニックにも、最初は婦人科の患者さんとして来院されていた方が、美容外科の存在を知ってしみやたるみの加齢をケアすることも多いですね。たくさんの方が利用しやすいように価格設定もしていまして、親子2世代で受診される方もいらっしゃいます。

患者さんと向き合う時のポリシーを教えてください。

39777 df 1 2 1448440356

開業当初は、「一人ひとりの患者さんとゆっくり向き合い、丁寧に診療する」という形だったのですが、おかげさまでたくさんの患者さんに来ていただくようになり、十分な診療時間を確保できない場合もあります。ですので、図やパンフレットなどを用意してわかりやすい説明を迅速にするよう心がけています。また、常に先進の医療を取り入れ、正しい知識をしっかり伝えることもモットーとしています。現在はオンライン診療も導入し、できるだけ患者さんの負担を軽減するよう努めています。お忙しくて来院できない方にもご活用いただけるとうれしいですね。

4D超音波による妊婦健診も

妊婦健診ではどのような取り組みを行っているのですか?

39777 df 1 3 1448440356

当クリニックでは、妊婦健診では4D超音波を用い、診察時の解説音声入りの動画をUSBに記録し妊娠経過を詳しく診ていきます。4D超音波はおなかの赤ちゃんを立体的に画像に映し出す超音波で、通常の超音波の画像と違い、赤ちゃんの顔の表情などを鮮明に見ることができます。妊娠14週くらいで外性器が見えて感動して泣いてしまうお母さんも多いです。「赤ちゃんの様子が知りたい」と、遠方からも毎週のようにご家族と訪れる方もいます。超音波の画像のプリントは、その時の赤ちゃんの体勢などにより、体のどの部分が写っているのわからないことも多いものです。そんな時は、「ここが顔ですよ」「ここが足ですよ」などとプリントにコメントを書き入れながら具体的に詳しくお教えしています。患者さんに喜んでもらったり楽しんでもらったりするのが好きなので、つい熱が入ってしまいますね(笑)。

不妊治療にも力を入れていらっしゃるのですね。

そうですね。不妊治療では、各種検査に加えて排卵誘発注射や人工授精を実施しています。それぞれの治療法にはリスクも伴いますが、患者さんとのコミュニケーションを何よりも大切に考え、リスクなどについても患者さんに最初にしっかりお話しし、対話を重ね、信頼関係を築いた上で治療を進めています。男性不妊の検査についてはメンズクリニックで対応し、赤ちゃんを待ち望むご夫婦を応援しています。

医師を志したきっかけ、産婦人科医をめざした理由を教えてください。

39777 df 1 4 1448440356

私は医師の家系ではなかったのですが、中学・高校と陸上部で、筋肉を鍛えながら体のしくみについて勉強していました。体育の先生をめざそうかと思ったこともありましたが、体のことをより深く勉強するなら、やはり医学部かと思ったのです。進学した東京医科大学では、勉学の傍らで先輩に誘われて入部した相撲部の稽古に励んでいましたね。産婦人科をめざした理由の一つは、相撲部のOBの一人が産婦人科の教授で、医師としても人間的にもとても魅力のある方だったからです。もう一つは、産婦人科は24時間体制で出産などの対応が必要な一方、おなかの赤ちゃんの様子を診ることはもちろん、子宮がんなどの外科手術もあり、また妊婦さんの生活習慣病に内科的治療を施したりなど、さまざまな側面から女性の心身をサポートできる素晴らしい科だと、臨床を通じて実感したから。研修医時代は当直が続いてハードでしたが、当時の経験が今に役立っていると思います。

女性としての健康をサポートしていきたい

プライベートの時間はどのようにお過ごしですか?

20191001 5

クリニックの横にスポーツジムがあるので、昼休みの時間を利用してジムを訪れ、ボディメイクレッスンに励んでいます。インストラクターは男性なのですが、生徒は僕以外、全員女性。その女性のうち半分くらいはクリニックに来たことのある患者さんで少し恥ずかしいのですが、毎回一番前で体を動かしています(笑)。B級グルメスポットを食べ歩くことも好きですね。中でも、ラーメンとカレーが好きで、昼休みにスタッフを連れてグルメツアーに出かけています。国分寺周辺は、おいしいお店がたくさんあるんですよ。ぜひ足を運んでみてください。

今後の展望について教えてください。

これまでと変わらず、体の内外から女性の健康と美を追求するべく産婦人科と美容外科両面から患者さんをサポートしていきたいと思います。また、当クリニックのスタッフは僕以外全員女性で、スタッフ自ら美を追求し、率先して当院で行う施術のモニターになっています。その経験が患者さんへのアドバイスとして役立ちます。今後も先進の治療を導入し、スタッフを含め患者さんの美の追求の要望にお応えしていきたいと思います。

読者へのメッセージをお願いします。

39777 df 1 6 1448440356

女性としての健康を保つためにも、乳がん検診や子宮がん検診はぜひ受けていただきたいですね。それから、子宮頸がんの撲滅をめざすためにもワクチン接種をお勧めします。卵子は産まれた時から数が決まっています。当院では卵巣を守るという視点からも、ピルをお勧めしています。わからないことや不安なことがありましたら気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

美容外科:ボツリヌス毒素製剤注射/1ヵ所1万5000円~、ヒアルロン酸注射/1.0cc 2万5000円、しみのケア/レーザー 1ヵ所3000円
妊婦健診:3000円~
人工授精:1回2万円
※詳しくは直接クリニックにお問い合わせください

Access