全国のドクター8,884人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月20日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 府中市
  4. 武蔵野台駅
  5. 医療法人社団雛会 つばさデンタルクリニック
  6. 井上 博 理事長

井上 博 理事長の独自取材記事

つばさデンタルクリニック

(府中市/武蔵野台駅)

最終更新日:2019/11/22

20190904 bana

歯科医院に対する恐怖心を取り除き、一人ひとりの要望に合わせた治療を実現する努力を続けているのは、武蔵野台駅の目の前にある「医療法人社団雛会つばさデンタルクリニック」の井上博理事長。医療法人社団雛会は同院のほか、中河原駅に「つばさファミリー歯科クリニック」、山梨県に「いのうえ歯科医院」を運営している。生まれ育った甲府に似ている府中に魅力を感じ、移住して開業。今では子どもから高齢者まであらゆる世代に治療を提供している。そんな井上理事長が大事にしているのは、患者が安心するまで説明したり納得いくまで治療法を検討したりする姿勢。診療の方針や歯科医師をめざしたきっかけなど、たっぷりと話を聞いた。
(取材日2016年6月7日/情報更新日11月21日)

一人ひとりに合った入れ歯を作る努力を続ける

開業の経緯を教えてください。

2 1

大学を卒業後、クリニックでの勤務を経て地元の山梨県で開業しました。それが、分院でもある「いのうえ歯科医院」です。山梨大学医学部の目の前にあるため、医科の先生をはじめ、地元で暮らす子どもから高齢者までの幅広い層を治療していました。そんな中、次第に新しい環境に身を置くことでもっと成長したいと感じるようになったのです。それで東京で開業することにしました。府中に決めたのは、地元の甲府と環境が似ていたから。駅の周りの自然あふれる風景などが山梨を思い出させてくれるんですよ。

患者層を教えてください。

3割が70歳以上の高齢者の方です。地域にお住まいの方はもちろん、山梨から来てくれる人もいますし、紹介で訪れてくださる方もいます。診療内容は、入れ歯や歯槽膿漏の治療が多いですね。入れ歯で来院される方は当院が初めての歯科ということはなく、たいてい他院を転々とされています。でもなかなか自分に合わせた入れ歯を見つけることができずに長年悩み続け、最終的に当院にたどり着くという感じです。私がこだわっているのは、一人ひとりに合った入れ歯を作ること。そのために患者さんの食生活や家庭環境をしっかりと把握し、これまでの入れ歯が合わなかった原因、例えば固い食べ物が好きとか、唾液の分泌が悪くてこすれやすくなっている、などを分析します。また舌と頬の型も採り、口全体にフィットする入れ歯を作るように心がけています。

高齢者としっかり向き合って治療されているのですね。やりがいはどんなときに感じますか?

「インプラントしか治療法がない」と他院で言われた方に、保険診療内の治療を行ったときは、たいへん喜んでいただけました。私もインプラントの講習を受け、今もたくさんのインプラント治療を行っていますが、患者さんには一人ひとりに異なる希望があります。経済的な事情や心理的な理由でインプラント治療を望まない方がいれば、入れ歯やブリッジなど別の治療法を考えて差し上げたいと思っています。もちろん、「入れたり外したりする入れ歯は面倒だからインプラント治療がいい」という方には、インプラント治療を行い、その後のケア方法もしっかりとアドバイスします。そうやって一人ひとりに合わせて治療方法を工夫した結果、患者さんに喜んでもらえると、うれしいですね。

歯を失った時の治療以外には、どのような診療を受ける方がいらっしゃいますか?

20190904 2

歯のメンテナンスで通う方が多いですね。定期的に歯のクリーニングをしたり、ホワイトニングをされる方もいらっしゃいます。最近悩まれる方が増えている睡眠時無呼吸症候群や、顎関節症についてはマウスピースを用いた治療を行っていますので、ご相談いただければと思います。

レーザー治療で削り過ぎや痛みに配慮

高齢者のほかには、お子さんも多いのですか?

3

お子さんも来院されますので、待合室にはキッズスペースを、トイレにはおむつ交換台を設置しました。また、患者さんには私と同年代の中高年の方々も多く来られますよ。クリーニングや審美歯科を目的に来院されますね。そんな方々の歯のケアをする際に大事にしているのは、やっぱり一人ひとりに合わせた対応をすること。定期的に歯磨きをしている人でも、ちゃんと磨けている人も入れば、磨き過ぎで歯が削れてしまったり知覚過敏になってしまったりしている人もいます。だから、一律に「1日何回磨いて」とアドバイスするのではなく、人によっては「この歯は2~3日磨かないで」なんて言うこともあります。その人の状態に合わせることが重要なのです。

治療の特徴はありますか?

レーザー治療を積極的に取り入れています。レーザーは歯槽膿漏や口内炎の治療でも役立ちますし、虫歯も削ることができるんですよ。虫歯でやわらかくなってしまった部分だけを削ることができるので、無駄に削ってしまうリスクを抑えることにつながります。また痛みにも配慮した治療ですので、削ることに対して恐怖心がある方にはお勧めですね。少し治療時間がかかるのがデメリットですが、初期の虫歯であれば保険治療で行うことができ、患者さんの希望に合わせて使用しています。また中河原の分院には3DのCT機器を導入していますので、必要な患者さんは分院に行っていただき、速やかに撮影して治療に生かしています。

ところで、理事長が歯科医師をめざしたのはなぜですか?

20190904 4

私の祖父がきっかけですね。祖父は歯が1本しかなく、とても痩せていました。昔の人は歯科に「怖い」というイメージを持っている人が多かった上、祖父は甲府からも離れた山奥に住んでいたので、なかなか歯科に行く機会がなかったようです。だから、昔から「僕が歯科医師になって入れ歯を入れてあげる」と家族に宣言していました。私が中学1年生の時に祖父は他界してしまったのですが、歯科医師になってから高齢者の方に入れ歯の治療をして差し上げることもあります。そんなときにいつも思うのは、得意不得意なく診て、どんな人でも救ってあげたいということ。幅広く経験を積んできたのはそのためです。

しっかりした説明と半個室の環境で安心感を与える

内装が素敵ですね。

5

まずは、入りやすい雰囲気にこだわりました。クリニックの前の駐車場を石畳にして院内とのつながりを出し、扉を開けたら靴のままで入ることができるような工夫もそのためです。中に入ると安心感を得られるように、観葉植物のグリーンを配置しました。木目調を取り入れたのは、大人が多く通う歯科になりそうだったのでシックで落ち着いた雰囲気を出したかったからです。また、清潔感も重視していますので診察室では靴は脱いでいただくことになりますが、スリッパは、清潔な使い捨てタイプをご用意しています。

分院も含めてたくさんのスタッフが在籍していますね。共有している方針などはありますか?

チームワークを大切にしています。幸い、うちのスタッフはみんなフォローし合い、感謝しあえる関係で仕事をしてくれており、それがスムーズな診療につながっていますね。患者さんに向けては押しつけの診療にならないようにしっかりと説明をし、納得した上で治療を進めるよう心がけています。当院ではモニターで映像などを見せながら患者さんに説明するのですが、それもわかりやすさを追求するためです。また、感染予防をしっかりしていてスタッフ全員感染しないように心がけていますよ。理事長としては、患者さんにいい医療を提供し続けるために、スタッフに長く勤めてもらえる環境をつくることも大事だと認識しています。スタッフの気持ちを尊重しながら、働きやすい環境にしていきたいと思います。

最後に、メッセージをお願いします。

20190904 6

一人ひとりに合わせた治療をしますから、安心してご来院ください。当院は完全個室ではないんですよ。診察室の扉は一つずつあり、隣の診察室は見えないように壁で仕切られていますが、裏はつながっているので声は少し聞こえます。「完全個室で治療を押しつけられるのでは」と不安になっている方も、安心して受けていただけると思います。もちろん押しつけの治療はしませんしね(笑)。どなたも不安なく安心して歯科に通い、歯を維持して健康に暮らしてほしいなと思っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療(1本)/35万円~、部分矯正(子ども)/5万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/70万円~、ホワイトニング/3万円~
※すべて税抜き価格となります。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access