全国のドクター9,406人の想いを取材
クリニック・病院 160,467件の情報を掲載(2022年9月25日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 八王子市
  4. 西八王子駅
  5. 戸坂歯科クリニック
  6. 戸坂 清二 院長

戸坂 清二 院長の独自取材記事

戸坂歯科クリニック

(八王子市/西八王子駅)

最終更新日:2021/10/12

20200609 37837 top

西八王子駅から車で10分弱の住宅街で、30年近く地域密着型の親しみやすい歯科のかかりつけ医として人々の口の健康を守り続けているのが「戸坂歯科クリニック」だ。この地域で育った戸坂清二院長は、痛みの少ない治療と患者にも見える治療を実践しながら、歯周病や虫歯の治療と予防、入れ歯・インプラント治療、噛み合わせ治療、ホワイトニング、さらには訪問診療も行うなど、子どもから高齢者までの幅広い患者ニーズに応えている。子どもの頃に通っていた患者が大人になって自分の子どもを連れてくるなど、「地元の人とふれあいながら、歯科診療ができる自分は幸せ」と語る戸坂院長に、同院のことや地元の歯科医療にかける思いを聞いた。

(取材日2018年1月23日)

愛する地元で、人々の口の健康を守り続けて30年

この場所にクリニックを構えた理由を教えてください。

1

この地域は私の地元で、実家がここから少し奥に入ったところにあるんです。ここを開業したのは1989年ですが、最初はここで開業するつもりはありませんでした。でも具体的に開業を考え始めた時に、せっかくここに土地があるのだからと考え直し、地元での開業に踏み切ったのです。ですからここは、小さな頃からずっと遊んでいたなじみのある場所で、大学で九州に行くまではずっと実家にいましたから近所に知り合いも多いですし、今も実際に小学校時代の友人も通院してくれています。今は、そういう方たちのお子さんや、場合によってはお孫さんまでいるので、そういう環境の中で家族ぐるみのお付き合いをしながら、いろいろな世代を幅広く診療しています。

どのような患者が訪れていますか?

地元密着の歯科のかかりつけ医として、お子さんから高齢者までの患者さんに来ていただいています。年齢層が幅広いので、治療内容も本当にさまざまですね。しかし今は子どもが少なくなってきていますから、午前中は、ほとんどが高齢者の患者さんです。高齢の方は歯周病が多く、歯がない方も結構いらっしゃいますので、そういう方の入れ歯を作ったり、あとはかぶせ物をしたりという治療が多いです。治療で力を入れているのは、歯周病の予防と治療です。高齢になって歯を失ってしまう理由には虫歯もありますが、それ以上に多いのが歯周病なんです。歯をできるだけ残すには、日々のケアをしっかりすると同時に、毎日の歯磨きで取ることができない汚れを歯科医院できれいに取って、虫歯や歯周病を予防する必要があります。それでも歯を残すのが難しいとなれば、代わりに入れ歯やインプラントを入れるということになりますが、それはあくまでも最後の手段です。

訪問診療にも取り組んでおられますね。

20200609 2

当院の患者さんにも、以前は通院できたけれど今は高齢の方や体が不自由な方や、人工呼吸器をつけている方のほか、寝たきりになってしまって通院できなくなった方も少なくありません。何とか頑張って通院してくださっている方も多いのですが、週に1日を往診の日にして、機材を持ってご自宅に伺い治療をしています。ただ、込み入った治療になると、どうしてもご自宅で行うことが難しいケースもありますから、その場合には、ご家族にサポートをお願いして来院してもらい、治療を受けていただいています。そのために、車いすでも通いやすいような配慮もしてあります。それに私は、歯科医師会で訪問診療のコーディネーターを担当していたり、障害者歯科についても診療経験を積んできましたので、高齢者だけでなく障害がある方の治療をすることもあります。

本当の悩みや希望に応えたい

クリニックの診療の特色について教えてください。

20200615 3

一つは、目に見える治療です。治療の前に、患者さんに現状や治療内容を理解してもらい、納得いただいた上で治療を始めています。今は多くの歯科医院でも行っていますが、モニターでエックス線写真や歯科用CTのデータをお見せするのはもちろん、オリジナルの動画ツールも用いて説明しています。加えて診断した結果、上下どこの歯が、どういう状態なのか、正常な歯とどう違うのかなどがわかる「ムシ歯、歯周病検査表」という診断表を一人ひとりにお渡ししています。もう一つは、噛み合わせ治療です。歯並びだけでなく、全身のことも考えながら噛み合わせを調整しています。噛み合わせの悪さが、頭痛や肩こりなど俗にいう不定愁訴にどの程度影響をしているのかは難しいところもあるのですが、噛み合わせを整えた後に、困っていた症状の改善につながる方もいますから、噛み合わせについてもしっかりと治療をしています。

患者と接する上で心がけていることは?

患者さんに機械的に対応して、ただ言われたことを治療して帰っていただくのではなく、いろいろな話をしたいですね。その中で本当に悩んでいることや、もっとこうしたいといった希望をしっかり把握し、それを踏まえた治療をすることで、患者さんに満足してもらい、笑顔でお帰りいただきたいと思っています。加えて、患者さんに快適な診療空間を提供することも大切にしています。院内は白と黄色、木目をうまく使って、患者さんも私も気持ちがリラックスするような温かみのある雰囲気づくりにこだわっています。それと最近、新聞などでも話題になることがありますが、感染予防です。治療に使うハンドピースもたくさん用意して、小まめに交換して滅菌をするようにするなど、患者さんが不快に感じることなく、安心して治療を受けられるような環境を整えています。

これまでの診療で印象深いエピソードはありますか?

20200609 4

小さい頃に当院に通っていたお子さんが、中学生や高校生くらいになると部活や受験勉強が忙しくて来られなくなるケースはよくあるんですね。でも、そういう方が10年ぶりくらいにやってくると、自分のお子さんを連れて来てくれることもあるんです。ちょうどその方が、最初に当院に来たくらいの年齢ですよね。それで、「今度は親子ともどもお願いします」と言われるとうれしいです。忙しいときに来られなくなるのは仕方がないと思いますけど、忘れずにいてくれて信頼されていると思うと感激します。引っ越しをしても、少し遠くから来てくださる方もいますが、それも同じようにうれしいですね。

地域密着の歯科医院として、長い付き合いを

ところで、先生が歯科医師を志したきっかけは?

20200615 5

私はもともと、祖父が八王子で大工をしていたこともあって、建築関係に興味を持っていました。ただ叔父が歯科医師だったので、仕事の様子を見る機会もあって、手を動かすのが好きですから、自分に向いているのではないかということで、歯科医師もいいかなと思うようになりました。それで歯科大学と建築関係の大学の両方を受験し、合格した歯科大学に進学しました。卒業後は、大学の先輩の歯科医院に勤務して臨床経験を積み、その後開業しました。歯科医師になって30年以上がたち、過ぎてみればあっという間でしたが、結果として地元に開業して、いろいろな患者さんとふれあい、地元の温かさを感じることができて、自分は幸せな歯科医師だなと思っています。

休日はどのようにリフレッシュしていますか?

一つはバードウォッチングです。バードウォッチングの会に入っていて、よく撮影に行っています。診察台にあるモニターのスクリーンセーバーは、私が撮影した鳥の写真なんですよ。町内に武蔵陵墓地がありますが、そこには珍しい鳥が結構いるんです。以前はオオタカの巣があって、そのときはうれしくて、昼休みになると毎日撮影しに通っていました(笑)。それともう一つ、子どもの頃から絵を描くのが好きだったので、油絵のサークルにも入って絵を描いています。それに歯科医師会のことや同窓会の役員もやっているので、日曜も結構忙しいですね。

最後に、読者にメッセージをお願いします。

20200609 6

最近レーザー治療器を導入しました。これにより、痛みに配慮した治療にさらに力を入れていきます。痛むのが怖いという方、麻酔をしたくないという方にも安心して治療を受けてもらえるよう、できるだけ質の高い治療の提供に努め、地元の人間として生活に密着した歯科医院でありたいです。長いスパンで診療し、皆さんと長くお付き合いしていく中で、お子さんやお孫さんも連れて来てもらって、一緒に時間を共有しながら診療ができればお互いのためにも良いのかなと考えています。当院は、地域密着型の親しみやすい歯科のかかりつけ医ですから、お子さんからお年寄りの方まで、誰でも安心して通っていただけると思います。往診もしていますので、寝たきりで通院できない方もご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/25万円~、ホワイトニング/1万5000円×3回

Access