みなみ野循環器病院

幡 芳樹病院長

99999

JR横浜線・八王子みなみ野駅から徒歩3分の「みなみ野循環器病院」。2011年に「みなみ野ハートクリニック」として開院した同院は、年々増えていく患者や近隣の医療関係者の期待に応えようと、2016年11月に病院に変更し、集中治療室を新設、先端的なCTを導入した。リハビリ専用のクリニックも近くに設けた。幡芳樹病院長が病院の特徴として挙げるのが、院内で循環器の悩みの多くを解消できることだ。CTによる精密な検査から、カテーテル治療、食事・運動・服薬指導を含めた包括的なリハビリといったように、切れ目のない医療を提供できる体制を整えている。集中治療室を設けたことで、重症の搬送患者にも対応できるようになった。「初診を大切に一人ひとりの患者さんに向き合いつつ、時代の変化にも柔軟に対応したい」と話す幡病院長に、病院になったことでの変化や診療モットーなどを聞いた。
(取材日2017年2月28日)

検査、治療、再発予防と切れ目なく診療

―まずは病院の概要や成り立ちについてお聞かせください。

当院はもともとクリニックで、私の専門である循環器の疾患の診療について、検査、治療、再発予防のためのリハビリを院内で完結できるようにしようと、2011年に「みなみ野ハートクリニック」として開院しました。当初は歩いて来られる人に歩いて帰っていただく、という立ち位置で診療していましたが、後に救急診療にも携わるようになり、年間600人ほどの患者さんが搬送されるようになりました。循環器の疾患に対応していない近隣の医療機関が当院を拠り所にしてくれるようになってきたので、重症の患者さんにもしっかり対応できる体制を整えようと考えたのです。救急隊など救急医療に携わる方からの要望も受けて、2016年11月に「みなみ野循環器病院」に改め、集中治療室を3階に新設しました。3階にあったリハビリ室の機能は別に設けた「八王子みなみ野心臓リハビリテーションクリニック」に移設しました。

―病院の開設とともに新しいCTを導入したそうですね。

ええ。これは世界的に見ても先端的なCTで、当院がクリニック時代から循環器のCT検査を積極的に行ってきたことをメーカーが評価し、当院とメーカーとの共同研究の目的も兼ねて購入することができました。循環器を診断するには、心臓と心臓を巡る血管の両方を調べなくてはいけないのですが、超音波検査では心臓の情報しか得られず、血管については入院してカテーテル検査を行う必要がありました。しかし、CTでは入院せずに短時間で心臓と血管の両方を調べられるのです。さらに新しい当院のCTでは得られる情報量が従来よりも多く、動脈硬化の評価もより詳しく行うことができます。カラーで表示されるため、機器を扱う放射線技師にとってもわかりやすい。従来の半分以下の造影剤でも必要な情報が得られるため、患者さんの負担が減るメリットもあります。

記事更新日:2017/04/03


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細