横浜馬車道皮膚科・ペインクリニック

横浜馬車道皮膚科・ペインクリニック

林 理華院長

頼れるドクター

36681 %e6%a8%aa%e6%b5%9c%e9%a6%ac%e8%bb%8a%e9%81%93%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

南国リゾートをイメージしたという洒落た雰囲気の「横浜馬車道皮膚科・ペインクリニック」。皮膚科・アレルギー科を担当する林理華院長と、ペインクリニック部門を担当する麻酔科医師・林隆宏先生が二人三脚で診療にあたる。開院して5年。「皮膚と痛みのホームドクター」という特徴が地域にも浸透し、同院の強みを生かせる帯状疱疹後神経痛の患者も来院するようになったという。皮膚と痛みという身近で、多くの人が直面する悩みに、何よりも患者を大切にする診療姿勢で臨む2人の医師。近隣の子ども連れや、関内エリアで働く人たちのほか、遠方から訪れる人も増えてきたという。そこで、林院長にクリニックの診療の特徴や医師としての思いを語ってもらった。
(取材日2018年7月13日)

「皮膚と痛みのホームドクター」をめざして開業

―まず、こちらで開院された経緯を教えてください。

もともと私の父が横浜市中区で歯科医院を開業しており、私もこの近くで育ちました。私自身、子どもの頃はアトピー性皮膚炎だったので皮膚科に興味があり、また学問的にも、皮膚科は内科的な要素と外科的な要素があり、対象年齢も幅広いところに面白さを感じて皮膚科に進みました。勤務医を経て、皮膚科とアレルギー科、ペインクリニックの医院として開業したいと考えていたところ、この場所と縁があり2013年に開院しました。

―皮膚科・アレルギー科と、ペインクリニックの診療が受けられるわけですね。

はい、夫であり麻酔科標榜医である林隆宏医師がペインクリニックを担当しています。それぞれの診療も行っていますし、連携しての診療も行います。例えば、皮膚科の病気でも帯状疱疹のように水疱ができるのと同時に激しい痛みを伴う病気もあり、皮膚科とペインクリニックが連携を取りながら診療できることには大きなメリットがあります。一つのクリニックで完結できる「皮膚と痛みのホームドクター」をめざしていきたいと思っています。ペインクリニックは数も少なく、なかなかその患者さんに適した場所をご紹介するのが難しいですので、今のような診療体制にできたのはとても幸せなことだと感じています。ペインクリニックの診療日以外の日は、私がお話を聞き、必要に応じてペインクリニックの診療につなげます。

―こちらの特徴が最も生かせるのはどのような分野ですか。

開院して5年たち、当院の特徴が周囲にも認知されるようになり、帯状疱疹後神経痛などの患者さんが紹介されるケースが増えてきましたね。皮膚科の先生も帯状疱疹は早期にペインクリニックに紹介したほうが良いとの認識に変わってきているようです。帯状疱疹は、昔は一生に1回かかる病気と言われていましたが、最近は長生きされて2回、3回とかかる人も増え、高齢化の中で増加している病気ですから、当院の強みを生かせる分野だと思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細