全国のドクター9,001人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月25日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市都筑区
  4. 北山田駅
  5. 医療法人社団天雲会 てんくも歯科医院
  6. 天雲 丈敦 理事長、松尾 進一郎 院長

天雲 丈敦 理事長、松尾 進一郎 院長の独自取材記事

てんくも歯科医院

(横浜市都筑区/北山田駅)

最終更新日:2019/10/29

36596 %e3%81%a6%e3%82%93%e3%81%8f%e3%82%82%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a22

「医療で大切なのは人情です。人と人のつながりが何よりも大切」と朗らかな笑顔で語るのは、「てんくも歯科医院」の理事長、天雲丈敦(てんくも・たけのぶ)先生。その傍らで、「患者さんのためにできることはすべてやります」とほほ笑む院長の松尾進一郎先生。2012年の開院以来、多くの患者が絶え間なく足を運ぶ歯科医院だ。「自他一体のチーム力」と「心の通う歯科医療」をスローガンにクリニックをまとめ、けん引する天雲先生と、そんな天雲先生を兄のように慕う松尾先生に、患者を思う熱い思いや今後の展望などをじっくり聞いた。
(取材日2019年7月29日)

自他一体のチーム力で患者のために最善を尽くしたい

まずは歯科医院の特徴について教えてください。

1

【天雲理事長】当院はできるだけ「削らない・抜かない」をモットーに、虫歯や歯周病の治療から小児歯科、口腔外科、矯正治療、インプラント治療、審美歯科、予防歯科まで幅広く対応する地域密着型の歯科医院です。常勤の歯科医師に加え、矯正や口腔外科、インプラント治療を得意とする非常勤の先生方と歯科衛生士、保育士の資格を有する受付など、20人近いスタッフが「自他一体のチーム力」で患者さんをサポートしています。一人ひとりの患者さんの不安や痛みを取り除き、「ここへ来て良かった」と喜んでいただけるような心の通う医療を大切にしています。専門性と先端の設備を備え、身近なクリニックでありながら総合病院並みの質にこだわった医療を提供できる体制を整えていることが大きな特徴です。

開院以来、進化し続ける歯科医院として歩んで来られたとか。

【松尾院長】治療環境に関していいますと、プライバシーを重視した半個室タイプのユニットや、歯を削らず最小限のダメージで治療を行うためのレーザー、歯科用CT、口腔カメラなど先端の設備をそろえるほか、治療で使う水はすべて殺菌水を使用し、治療の際に粉じんや水が飛び散らないよう口腔外バキュームを導入するなど徹底した衛生管理で院内感染の予防に努めています。
【天雲理事長】おかげさまで開院以来、当院で治療を受けた患者さんがご自分の家族や知り合いを紹介してくださって、大勢の患者さんに通っていただけるようになりました。治療というご縁から、人と人が情でつながり、笑顔の輪をつなげていけるよう、患者さんのためになることは積極的に取り入れるようにしています。

そもそもお二人はどのようにして出会ったのでしょうか?

2

【天雲理事長】私がお世話になった研修施設に松尾先生が後輩として入ってきたのが知り合ったきっかけです。松尾先生の素直な人柄に惹かれました。何に対しても素直に向き合い、他の研修医と同じことをしていても吸収力が全然違うので、すごいなと。患者さんのために私と同じ熱量で一緒に頑張れる先生だなと直感しました。
【松尾院長】天雲先生はとにかく人に対して熱いんです。患者さんに対してだけでなく、スタッフに対しても家族のように無償の愛を注げる人。もう完全に身内のような気持ちで慕わせていただいています。私のほうからお願いして弟子入りさせていただきました。一緒に仕事させていただくようになってからも、患者さんのためだけを思ってひたむきに努力する姿勢に感動しています。

歯科治療を通じ、全身の健康と生涯にわたるサポートを

こちらは子どもの患者さんもとても多いと伺いました。

20191021 3

【松尾院長】わが家に子どもが生まれてから、どういうわけか小さなお子さんからも好かれるようになりました。お子さんに対しては褒め方一つ取っても「成長の足し」になってくれればいいなという気持ちで接しています。最近はわが子を虫歯にしたくないというご家族の方からの相談も増えてきています。虫歯は感染症なので、治療するだけでなく、なぜ虫歯になるのかということからしっかり説明させていただいています。
【天雲理事長】親御さんはもちろんですが、妊婦の方でもご相談を受けつけています。生まれた時にお子さんに口移しで食べ物をあげて虫歯が感染しないよう、まずはご家族の方が虫歯菌のいない良好な口腔環境を維持できるようサポートしています。

力を入れておられることはありますか?

【天雲理事長】噛み合わせが悪いと頭蓋骨や頸椎など体のあちこちに悪影響が出てくるといわれています。そこで当院では、整体の知識を参考に骨や筋肉との関連性も踏まえながら、一人ひとりの患者さんに合ったケアを提案しています。また、就寝時の噛みしめる力や顎の位置をコントロールし、呼吸をスムーズにできるようにするための就寝用マウスピースの相談も承っています。

印象に残っている患者とのエピソードを教えてください。

4

【松尾院長】認知症がかなり進んだ患者さんのお口の中を診てみたら、噛み合わせが悪くほとんどまともに噛めていない状態だったので、とにかくその場で仮歯を作って差し上げたんです。すると、噛み出した瞬間から別人のように表情に生気が戻ったんです。あの瞬間の驚きと感動は今でも忘れられません。
【天雲理事長】噛み合わせのズレが全身に影響を及ぼすだけでなく、歯周病が糖尿病や認知症に大きく関係していることなどから、口腔内の健康を改善することが患者さんの生活の質を高め、健康寿命を延ばすことにつながることがわかってきました。このことを踏まえると、高齢化社会の中で歯科医療の可能性がますます広がってきたことを痛感します。訪問診療にも対応していますが、今後はより介護のことも視野に入れながら、さらに多くの方のお役に立てるよう努力していきたいですね。

「最幸」の人間関係で、みんなを笑顔に

お忙しい毎日だと思いますが、休日はどのように過ごしていますか?

5

【天雲理事長】セミナーでほぼ予定が埋まってしまっているので、休みらしい休みはほぼゼロなのですが、スタッフみんなでボクシング部のようなものをつくって、週に1度みんなで通うようになりました。男性陣はちょっと本格的なボクシング、女性スタッフはボクササイズを楽しんでいます。私はもともと格闘技が大好きだったので、いい気分転換にもなっています。ほかのスタッフも完全に部活動のノリで、体を動かすだけでなく、いいコミュニケーションの場にもなっています。

今後の展望をお聞かせください。

【松尾院長】治療の選択肢はたくさんありますが、患者さんによってどの治療がベストかは変わってきます。歯科医師だからといって自分のエゴを押しつけるのではなく、患者さんの気持ちをしっかりくみ取って、ご提案していくよう心がけています。患者さんに喜んでいただけることがあれば、どんどん取り入れていきたいですね。一人でも多くの患者さんを笑顔にしていければと思っています。
【天雲理事長】どんなに技術や医療が進んでも、大切なのは目の前の患者さんのためにそれをどう生かすかということ。人と人の絆が大切なことに変わりはありません。私は、縁あって自分と関わる人すべてを幸せにしたいと思って日々の診療にあたっています。少し大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、そんな日々の努力や「最幸」な人間関係で日本を元気にしていけたらうれしいですね。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

【松尾院長】患者さんに喜んでいただける治療を提供するだけでなく、通いやすい雰囲気づくりにも力を入れています。治療についてわかりやすく説明するだけでなく、言葉に心を込めることを大切にしています。あと、当院は土曜も19時まで、火水木曜は22時まで診療しています。患者さんのためにできることは何でもやろうというのが当院のモットーなので、お困り事や要望があれば気軽に声をおかけください。
【天雲理事長】 患者さんのために私たちができる最大限の努力をさせていただきます。最近は「他院でインプラントを勧められたけれど、本当に抜かなければなりませんか?」といったセカンドオピニオンの相談も増えています。私たちは決して患者さんを見放したりせず、どんな些細な悩みでも、患者さんの気持ちに寄り添い真摯に向き合います。プライバシーに配慮した相談室もありますので、お口のことや長引く不調でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/約50万円~、審美歯科(口臭ケア)/10万円~
マウスピース型装置を用いた矯正:部分矯正/15万~30万円、全顎矯正60万~65万円
成人矯正:シルバーワイヤー/60万〜65万円、ホワイトワイヤー/70万円、ハーフリンガル/90万円、リンガル矯正/120万円、部分矯正/15〜30万円
小児矯正/30万円
歯周病治療/28万円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access