全国のドクター8,837人の想いを取材
クリニック・病院 160,947件の情報を掲載(2022年1月17日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 世田谷区
  4. 上町駅
  5. 細尾デンタルクリニック
  6. 細尾 英子 院長

細尾 英子 院長の独自取材記事

細尾デンタルクリニック

(世田谷区/上町駅)

最終更新日:2021/10/12

36581 top

東急世田谷線の上町駅から徒歩で約3分。世田谷通り沿いに位置する「細尾デンタルクリニック」。コンクリートうちっぱなしのしゃれた建物が印象的だ。バリアフリー設計の入り口を入ると、ホワイトとベージュが基調の待合室と診療室が目に入る。診療においては、一般歯科、小児歯科、矯正歯科、インプラント治療、審美歯科、歯周病治療、予防歯科、入れ歯など幅広く対応する。細尾英子院長以下、スタッフは全員女性。クリニック全体に、アットホームでやわらかな雰囲気が漂う。「一人でも多くの患者さんに、ずっと自分の歯で気持ち良く食事をしていただけるよう、お口の健康をサポートしていきたいですね」と優しく語る細尾院長に、診療の特徴や今後の展望などについて聞いた。

(取材日2021年7月20日)

子どもから高齢者まで地域に住む幅広い患者が来院

こちらの患者層を教えてください。

1

お子さんからお年寄りまで、すべての年代の方が受診されます。中でも平日は主婦や親子、土曜日はそのご家族や男性の患者さんが多いですね。中学生・高校生のお子さんが一人で来院されることもあります。診療範囲も幅広く、患者さんにさまざまな選択肢を提示できるよう心がけています。具体的には、虫歯はもちろんホワイトニングなどの審美歯科、歯周病治療やインプラント治療にも対応し、エイジングケアのご相談にも乗っています。とりわけ力を入れているのは予防歯科ですね。基本的なところですが、歯磨き指導から力を入れています。他にもお子さんの歯列矯正から、お年寄りの義歯まで、お口の中の悩みには何でも対応したいと思っています。

スタッフは全員女性で、リピーターの患者さんも多いのですね。

はい。スタッフは、私以下、常勤の歯科医師、歯科助手、受付と、全員女性です。初診の患者さんの中には、「院長が女性の先生なので来ました」とおっしゃる方もいます。お口の健康に対する意識が高い方も多く、「特にトラブルがないけれど、最近歯医者さんに行っていないから診てほしい」「歯の痛みはないけれど、念のため診てほしい」などを理由にいらっしゃるケースも多いです。歯の健康を保つには、定期的に通院いただくことが大切ですので、当院は、治療が終わった患者さんに対し、4ヵ月に一度のタイミングでリコールのはがきを出させていただいています。はがきを受け取ると真面目に通ってくださる方が多く、その都度歯磨き指導をしたり、メンテナンスを施したりを重ねることで、信頼関係が築けていけるのだと思います。

予防歯科にはどのように取り組まれているのですか?

2

予防歯科は、主に当院の常勤歯科医師である佐藤先生が担当しています。定期検診専門で、患者さんのお口の状況をしっかりチェックし、歯の汚れや、虫歯・歯周病の原因となる歯垢や歯石を除去し、歯磨き指導も行っています。歯の健康を保ち、いくつになっても自分の歯でおいしく食べていただけることが、全身の健康の維持にもつながります。歯科疾患は、痛みが出たときにはかなり進行していることが多いため、そのタイミングの受診では遅いのです。痛みが出ていると基本的な歯周病の治療ができず応急処置になってしまうため、治ったときに、その元となる原因をきちんと治療しなくてはいけません。そのためにも、普段からのケアが大切です。定期的にクリニックに通い、検診で虫歯や歯周病が見つかったとしても早期に発見しやすいため、痛くなってから通院するよりも結果的に治療期間が短く済み、治療費がかさんでしまう心配も少なくなると思います。

患者に複数の治療法を提示し選択してもらう

治療における心がけはありますか?

3

技術を磨くということも大切ですが、何でも聞かれたことに答えられるように勉強して、自分の中に引き出しをたくさん作ることを心がけてきました。歯科治療の「正しさ」は1つだけではないからです。例えば歯の欠損に対して、インプラント治療もあれば入れ歯もあります。一番大切なのは患者さんに納得してもらって治療することですから、「こういう治療法もある」と複数の選択肢を提示して、きちんと説明してから治療法を選んでいただくことを大切にしています。また、このクリニックを好きになっていただけるようにすることもめざしています。患者さんと仲良くなって私のことも好きになってほしいし、当院のことを好きになってくだされば、気持ち良く来て気分良く帰っていただけると思うんです。そのために、患者さん一人ひとりをよく見て接するようにしています。入れ歯については、当院では総入れ歯にも対応しています。

診療の特徴について教えてください。

患者さん一人ひとりの症状やご希望に合わせ、さまざまな診療を行っています。レーザー治療もその一つですね。痛みも少なく出血も抑えやすいため、口内炎や小帯切除など、必要に応じてさまざまな治療に用いています。ちなみに、レーザーを使った口内炎治療や小帯切除は、保険診療が可能です。レーザー治療は安全性を重視して行っていますが、使用する場合は必ず患者さんにお伝えしますし、万全を期して治療を行うためにも、目の部分にレーザーが当たらないようサングラスをかけてもらった状態で治療を行っています。治療により空気中に舞い上がる歯の削りかすなどを素早く吸引する口腔外バキュームを導入するほか、医療器具の滅菌にも力を入れており、感染症予防に最大限の注意を払っています。

先生は矯正歯科にも対応されるのですね。

4

小児矯正と成人矯正、両方に対応しています。小児矯正では、小児用のマウスピース型装置を装着することにより、歯並びが悪くなることを予防したり、お口の周りの筋肉のバランスを整えたりすることが期待できます。お子さんの顔を見ると、口呼吸のために口をぽかんと開けていたり、舌の位置がおかしいなどが一目でわかることが多いです。適切な時期に小児矯正を行うことで、将来の歯並びまで見据えた対応が可能ですので、気になる方はお気軽にご相談ください。成人矯正はワイヤーを用いた矯正を行っています。ワイヤー矯正の場合、「ワイヤーが歯肉にすれて痛い」「ワイヤーが取れた」などのトラブルにもすぐに対応できるのが、当院の強みです。

予防歯科に力を入れ、未病のうちからのケアを

開業をしたのはなぜですか?

5

歯科医師をめざすきっかけとなったのは伯母の影響です。私の伯母は歯科医師で、京都で開業していました。大正生まれで、当時としては女性の歯科医師はとても珍しかったのではないでしょうか。子どもの頃から彼女の姿を見ていて、資格を取って、一人で生きていく姿がとてもかっこいいと憧れて、そういう人になりたいと強く思いました。歯科医師になってからもずっと目標の人で、開業も伯母の影響です。現役を引退するときに、継がないかというお話もあったのですが、京都で継ぐのは難しかった。でも築き上げてきたものを、なんとか形にしたいと思ったんです。それで生まれ育った世田谷区で開業することにしました。

ところで、院長はどのように休日をお過ごしですか?

最近は、もっぱらゴルフですね。主人とゴルフ仲間と一緒に楽しんでいます。休日の早朝、車で茨城、埼玉、栃木など首都圏のゴルフ場に向かい、皆でプレーしながら「芝生の散歩」を楽しんでいます(笑)。自然が多いので、リフレッシュになりますね。それから、健康維持、体力増進のために、自宅でテレビを見る時間などを利用して腹筋、背筋、スクワットのトレーニングを続けています。歯科医師は立ち仕事で、腰痛なども起こりやすいので、毎日こつこつ続けることで、いつまでも働ける体づくりをめざしたいですね。

最後に、今後の展望をお願いします。

6

これまでと同様、予防歯科に力を入れ、未病のうちからのケアを心がけていきたいと思っています。と言うのも、歯科は気がつかないうちに進行してしまう病気がほとんどなんです。しかし、未病のうちに対応することで、歯を削らず、抜かず、一生自分の歯で食べることも可能になると思います。例えば、歯周病も初期では自覚症状がほぼありませんが、定期検診と日常的なケアで予防はできますし、それがほかの生活習慣病の予防にもつながるんです。皆さんの健康維持に貢献できるよう、より一層力を入れていきたいですね。また、新しい知識や技術を身につけるための勉強は、怠ることなく続けていきたいです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正/11万円~、ワイヤー矯正/22万円~、小児のマウスピース型装置を用いた矯正/3万3000円~、インプラント治療/40万円~、ホワイトニング/2万2000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access