全国のドクター9,561人の想いを取材
クリニック・病院 160,681件の情報を掲載(2022年11月28日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 足立区
  4. 梅島駅
  5. 日比谷歯科
  6. 船木 弘 院長

船木 弘 院長の独自取材記事

日比谷歯科

(足立区/梅島駅)

最終更新日:2021/10/12

35850

「日比谷歯科」のドアを開けて、まず驚くのがスタッフの明るさだ。平日は夜8時までの長い診療時間を設けているクリニックだが、どんな時間に訪れても笑顔で元気よく挨拶を心がけている。先鋭的な医療を得意とするクリニックに、「受付だより」や「HIBIYA DENTAL CLINIC新聞」など手書きの読み物が置かれているのは少し意外。しかし、そのギャップが居心地の良さであり、患者の癒やしなのだろうと感じた。そんなクリニックの院長を務める船木弘先生は、前向きでパワフルなドクターだ。同院の魅力に迫った。

(取材日2014年11月25日)

医学は常に進化。歯科医師として決して立ち止まらない

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

35850 df 1 1 1418609854

うちは医師や歯科医師を輩出する家系ではありませんし、特に決定的なきっかけがあったわけではありません。ただ、家業を兄が継いだため、「兄と一緒の仕事に就いてもつまらない」と感じたのが進路を決める最初の原動力になりました。僕はもともと理系の人間だったので、進路を決める前から医師や歯科医師、薬剤師など「医療関係に進みたい」という気持ちはどこかに持っていました。ですから、医大を受験することはすぐに決まったものの、最後まで医学部と歯学部どちらに進むべきか迷っていたんです。結局どちらも受験し合格通知を受け取った後、最終的に歯学部を選びました。小さい頃から細かい作業が好きだったので、「絶対に自分は歯科のほうが向いている!」とその時に思ったんですね。今は、その選択に間違いはなかったと確信しています。

大学卒業後、特にご興味を持って学んだ分野はありますか?

インプラントと歯周病です。最初に興味を持った理由は、日本ではまだそれほど治療できる人がいない分野だったから。インプラントは元より、歯周病もアメリカやスウェーデンなど歯科先進国のように、本格的な勉強をしている方は日本にそれほどいなかったのです。そこで僕は、アメリカへ歯周病とインプラントについて学びに行き、今でもたびたびアメリカの勉強会へ足を運んでいます。アメリカの医療が日本に比べて発展している理由は、実験や開発環境の充実にあります。アメリカは医療開発にかける費用も用意できる材料も、日本とはスケールが違うのです。「アメリカで学ぶ」ということは、「日本ではできない医療を知ること」でもあります。医療先進国で学んだ知識や技術は、すべてここでの診療に生かしています。

では、こちらのクリニックならではの特色を教えてください。

35850 df 1 2 1418609854

患者さん、スタッフ、歯科医師の“繋がり”が深いところです。3点によってバランスの取れた強い絆が当院にはあります。自分が治療されている間、歯科医師に何をされているかわからないという患者さんは多いもの。他院で治療されてきた方などが来ると、なぜ歯が削られたのかわかっていなかったり、いつの間にか銀歯が入れられていた、歯を抜かれたと思っている方をよく見かけます。しかし、当院では、患者さんが何をされているかわからない状態にはしません。治療中にもし銀歯を外したら、口腔内CCDカメラとモニターを使って銀歯の中の状態まで見ていただいた後、治療のご説明をします。また、会計時にもスタッフから「次はどんな治療をして、どのくらいの治療費がかかるか」患者さん一人ひとりにお話しするよう徹底しています。必然的に会話する時間が増えるので、スタッフと患者さんがものすごく仲がいいのも当院の特徴でしょうか。

自分で受けたい治療は何か。それをめざした治療を施す

先生の診療モットーを教えてください。

35850 df 1 3 1418609854

「自分が受けたい治療」を常に心がけています。自分がどんな治療をされるのかきちんとわかるようにご説明し、「自分が患者ならどんな治療を受けたいと思うか」を最初にお話ししています。できる限り患者さんの生活背景も考慮し、保険・保険外の治療に関わらず、ご提案できる治療はすべてお話しさせていただきます。また、治療のご提案はメリットだけでなく、デメリットもきちんとお話しするのが当院流。治療そのものより、「医師が説明をする」「患者さんに理解してもらう」ための時間のほうが絶対に大事です。そのためなら、話だけで1時間が過ぎてしまったとしても、納得いただけるまで患者さんと向き合わせていただきます。

歯周病を予防するにはどんな方法がありますか?

日常的には、歯ブラシなどを使いホームケアしていくしかありません。軽度であればそれだけで歯周病を防げる場合もあります。中〜重度になればそれ相応のプロによる治療が必要です。ただ、進行してしまった歯周病をきちんと治療できる歯科医師はそう多くありません。進行する前にご自身で意識を持ち、歯科健診に通い、口腔内のメンテナンスを始めてください。歯周病は治療そのものも大切ですが、治療した後も1年に2〜4回のメンテナンスをし、予防し続けていく努力が重要です。当院にいらした患者さんの多くはその重要性をご理解してくださっていて、皆さん1年後の予約まで入れてお帰りになります。

最近、歯周病菌がさまざまな病気を併発させる可能性があるといわれていますね。

はい。歯周病がひどくなっていくと、糖尿病、誤嚥性肺炎、心筋梗塞、高血圧などさまざまな病気を発症させる恐れがあります。また、妊娠中の方は、早産や低体温になる危険性があるとわかってきました。歯周病にならないようメンテナンスするのはもちろんのこと、歯周病と診断されたら早めの治療を行い、症状を悪化させないことも大切。歯の健康だけでなく、体の健康を守るためにも、歯周病予防を心がけてほしいですね。

歯周病予防のために、使うと良いオーラルケアグッズはありますか?

35850 df 1 4 1418609854

歯ブラシ、フロス、歯間ブラシですね。日本でフロスはあまり認知されていませんが、アメリカでは「フロス・オア・ダイ(フロスをするか、死ぬか)」というCMがあるくらい、歯周病予防にフロスが重要視されています。市販で売られているものでいいので、使うよう習慣づけていくといいでしょう。歯ブラシは、人によって歯の形も、必要なケア方法も違いますので、“自分に合わせた歯ブラシ”を使うようにしましょう。

全力投球で多様な症状に対応するクリニック

お休みの日はどのように過ごしていますか? また、先生のご趣味を教えてください。

35850 df 1 5 1418609854

休みの日は、セミナーなどの資料を作っているか、最近通い始めた大学院の勉強をしているかで、ゆっくり休んでいる時間がないんですよ。ただ、もともとは多趣味で、やりたいことはいっぱいあります。特に、長年続けてきた釣りとクレー射撃は、時間さえあれば趣味づけになりたいくらいです。実は僕、ブラックバス釣りのプロなんですよ(笑)。今年は勉強会と重なってしまい、大会にほとんど参加できなかったのがくやしいです。クレー射撃を始めたきっかけは、昔から銃の細かな仕組みなどに興味があったから。今は競技に参加できていませんが、時間があればもっと射撃場にも足を運びたいですね。

先生の今後の展望を教えてください。

患者さん一人ひとりに、自分の持てる力100%を注いで治療していきたい。物理的には無理であっても、いつもそう思って全力で診療にあたっています。それをこれからも続けていくことが、医師としての使命でしょう。また、今以上に「ここに来たらどんなことでも解決できる」「どんなに難しい治療や他で断られた症例でも、必ず何とかしてくれる」と思ってもらえるクリニックにしていきたいと思っています。当院では、現在も5人のドクターが、矯正治療や小児歯科などそれぞれに専門性を持って治療にあたっています。さらに専門性を深め、自分自身、進化する医療とつねに隣り合わせでいられるよう努力していきたいですね。

最後に、サイトの読者へメッセージをお願いします。

35850 df 1 6 1418609854

クリニックを探している方は、まずきちんと歯科について勉強している先生を見つけていただきたいです。日本だけでなく海外にも目を向けて学んでいないと、進化する医療にはついていけません。患者さん側からそれを見極めるのは難しいものですが、周囲の評判や先生と接した時のご自分の感覚、インターネットの情報などを総合的に判断してほしいと思います。これがすべてではありませんが、“通いたくなるクリニック”であることも良い治療の第一歩でしょう。その上で、どんな病気も治してくれる、技術的にも信頼おけるクリニックを皆さんに選んでいただきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/30万円〜
セラミックインレー/5万円〜
歯列矯正(子ども)/35万円〜
マウスピース型装置を用いた矯正/60万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access