全国のドクター9,327人の想いを取材
クリニック・病院 161,007件の情報を掲載(2021年2月27日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 足立区
  4. 王子神谷駅
  5. 医療法人社団 一怜会 ハート歯科クリニック
  6. 高田 嘉尚 理事長

高田 嘉尚 理事長の独自取材記事

ハート歯科クリニック

(足立区/王子神谷駅)

最終更新日:2021/02/12

35480 top

南北線の王子神谷駅から車で5分ほどの場所に広がる大型団地。その一角にある医療モールビルの4階にあるのが「ハート歯科クリニック」だ。理事長の高田嘉尚先生は、地域住民に若いファミリー層が多いことを考慮して、幅広い診療を提供。一般歯科、小児歯科、予防歯科、審美歯科、ホワイトニング、矯正歯科、歯周病治療、口腔外科やインプラント治療などのほか、大学院で学んだ摂食・嚥下障害の治療まで手がける。また、歯の痛みは突然起こるもので我慢するのも難しいものと考えて、年末年始を除き年中無休で診療を実施していることからも、患者目線の工夫がうかがえる。「少子化に反してお子さんが多い地域なので、最近は小児矯正に注力しています」という高田理事長に、詳しい話を聞いた。
(取材日2021年2月3日)

一般歯科を中心に小児歯科、口腔外科まで幅広く対応

先生は代々歯科医師の家系のご出身だと伺いました。

1

はい。曾祖父の代からです。実家は父が経営する歯科医院で、夏休みや冬休みには必ず仕事を手伝わされていたせいか、中学に上がる前くらいから将来は歯科医師になろうと考えていました。オールラウンドに治療できる歯科医師になりたいと思っていたので、2001年に昭和大学歯学部を卒業後、プラスアルファの技術を身につけるために口腔外科を専攻として同大学歯学部大学院に入りました。外来では一日中親知らずを抜き、病棟では一般の歯科領域では余り見ることのできない症状をお持ちの患者さんの症例を学ぶことができ、その経験が今の治療への自信につながっていることは確かです。

確かに診療内容が幅広いですね。

歯科の範囲であれば何でもこなし、地域に根づいてあらゆることに対応できることをめざしているんです。歯科医師は私を含めて4人、ほかに歯科衛生士2人、歯科助手3人が在籍しています。一般歯科に加え、私の専門である口腔外科領域の顎関節症の治療や、インプラント治療に関しては症例が多いほうだと思います。大学院では有病者に対する診療や、摂食・嚥下障害の診療にも携わっていたので診療や診断も行えます。またこのエリアには若いファミリー層が多く住まわれているせいか少子化とは真逆の状況で、当院の患者さんの4~5割はお子さんなんです。ですから小児歯科、小児矯正にも尽力しています。成人の矯正に関しては当院で診断を行った後、必要であれば同院の法人グループである連携歯科医院にご紹介しています。さらにここ数年は東京医科歯科大学医学部大学院で腫瘍放射線治療学を学んでいるので、今後さらに守備範囲を広げていくつもりです。

診察する上で心がけていることはありますか?

2

患者さんとは失礼のない範囲でフレンドリーに接するように心がけています。実はこれ、実家流のやり方なんですよ。大学院卒業後、いくつかのクリニックで研鑽を積んだ後に父の歯科医院に勤務したのですが、そこで歯科医師としての根本を厳しくたたき込まれましたね。父は患者さんの歯の健康を考えて選択肢を増やし、より良いものを求めやすく提供していましたし、何時になっても患者さんからの電話に対応して治療していました。私はそこまではできませんが、治療の選択肢を増やすことと、年末年始以外は年中無休で診療を行っているのは父の影響かもしれません。経験を積むほどに、父の器の大きさを身にしみて実感していますよ。歯の痛みは時と場所を選ばないので、私もできる限り対応したいと考えています。

未来ある子どもたちの歯を健康に

ここ数年は小児矯正により尽力しているそうですね。

3

そうですね。理由としては、前述したようにこの地域にお子さんが多くニーズが高まってきたことと、不正咬合や歯並びの悪さ、顎に問題のあるお子さんが年々かなり増えてきているからです。当院では、お子さんが最も続けやすいという点からマウスピース型装置を使用する矯正法を選択しています。健康な歯を抜くことなく矯正を行う方法であることも大きな利点です。またお子さんの矯正の場合、痛みがあって来院されるケースも少なくありません。当院の歯科医師は全員矯正歯科をきちんと学んでいるため、私が不在の時でも対応することができるので、お母さん方には「アポなしでもよいので何か問題があればいつでもいらしてください」と伝えています。

小児矯正では定期検診も重要になるのでしょうか?

個人差はありますが、小児矯正の期間はおよそ2~3年です。その間、最低でも月1回は経過を診るために来院していただかなければならないのですが、当院ではその際に虫歯予防としてシーラントやフッ素塗布を行っています。そうすると、それをきっかけにそのお子さんの兄弟姉妹も虫歯予防のために来院したり、ひいてはご両親も予防歯科に興味を持っていただけるようになるんです。家族全員が健康な歯を長く保つために、来院できる、身近なクリニックになれたらよいと思っています。

その他診療において心がけられているのはどんなことでしょう?

4

お子さんからご年配の方まで、痛みの少ない虫歯治療を実践しています。特にお子さんは、クリニックに足を踏み入れただけで泣いてしまいがちですよね。そうした不安感や緊張感を和らげ、かつ心身への刺激を避けるためにも笑気麻酔も使用しています。また成人の方の場合でも、皮膚や粘膜の表面の近くを麻痺させるために表面麻酔を行った後、痛みの少なさにこだわって採用した極細注射針を使用して局所麻酔を施すようにしています。

地域に根差して口腔内の健康を守るクリニックに

こちらのクリニックならではの特色というと?

5

先ほどもお話ししましたが、やはり年末年始を除いて、年中無休で診療を行っていることでしょうか。いつでも開いていますので、緊急を要するトラブルが起きても曜日に関係なく受診いただけます。また、お仕事で忙しい方にも便利にご利用いただけるクリニックで在りたいと思っています。実際週末は、働き世代のお父さんがお子さんを連れて、家族全員で来られることもあるんですよ。5台ある診療ユニットがすべてそのご家族で埋まると壮観です(笑)。また当院は医療モールビルの中にあり、他のフロアには小児科や内科、皮膚科などが入っていますので、気軽に立ち寄りやすい環境になっているのも特色の一つだと思います。

感染症対策も徹底されているそうですね。

はい。受付はビニールカーテンで仕切って飛沫感染の予防に努めています。実際に診療をするユニット内では、手で触れる箇所にすべて抗菌シートを貼り、1回の治療が終了するごとに貼りかえ、チェアもその都度消毒を忘れません。また治療で使用する器具も滅菌済みのパッケージ化されたものを取り入れ、治療直前に開封しています。診察ユニットは5台設置してありますが、もともとがパーティションで区切られた半個室タイプになっているので、患者さん同士の感染防止対策にも一役買っていると思います。

最後にメッセージをお願いします。

6

痛みへのアプローチから外科的な手術まで、幅広く診療しています。年中無休で開けていますので、ご都合の良い時にお気軽にお越しください。今後もいち歯科医師として、地域に根差し、ご家族皆さんのお口の健康をお守りできるよう、スタッフ一同力を合わせていきたいと思っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた小児矯正/9万円~、セラミックインレー/4万4550円~、ハイブリットセラミックインレー/3万4650円、ホームホワイトニング(片顎)/1万6500円~、インプラント治療/24万7500円~※すべて税抜き

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access