木村耳鼻咽喉科小児科医院

木村耳鼻咽喉科小児科医院

木村 繁院長、木村 康子副院長

35430

耳鼻科の視点でわかる、原因のわかりづらい病気もある

―副院長は、院長の方針を優しく頷きながら聞いておられましたね。

【副院長】院長は、たくさん勉強した特定の範囲に集中して、それしかやりません、という医師ではないんです。困っている患者さんに対してならば、真剣に向き合う。もちろん、必要ならば大きな病院にも紹介するのですが、処置を尽くし、簡単には送らないんです。逆に、よその医療機関では何でもないと言われるなどしてなかなか解決が難しかったという症状も、院長が一生懸命に診て、当院で治したりする姿を、私は見てきました。だから、私も患者さんには何はともあれ何かをプラスして帰っていただきたいという気持ちが強いですね。

―よそで治りづらかったけれど、院長の診療で解決した病気とはどういうものでしたか?

【院長】よそで内科の先生に診てもらっても原因がわかりづらい咳で、耳鼻科の範囲では解決し得るという病態もあるのですね。例えば、鼻咽腔(上咽頭)炎。いわゆる口蓋垂(のどちんこ)の裏の上側で鼻の奥につながる部分の炎症ですが、ここに薬剤を塗布して炎症を治す療法は、かつては特に、一部の耳鼻科医師の間でしか行われていませんでした。つまり、他科では解決できなかった不定愁訴としての咳やのどの痛みなどが、この鼻咽腔炎の治療で治ることもあるということです。

―副院長は、小児科、アレルギーを学んだ後、耳鼻科での研修も積んでおられます。

【副院長】小児科をメインにはしていますが、小児耳鼻科の医師としての自負もあります。鼻汁吸引や耳の処置、鼓膜切開など行っております。小児科と耳鼻科との両方から診療ができることで助けられる場面は多いですね。他にも例えば、子どもの扁桃腺を切除する手術をするかどうかという局面にしても、一般的に、耳鼻科は「切除するべき」と言い、小児科は「切除せずとも良い」と言い、親御さんは何を選んだら良いのかわからない中で迷う際も出てくるものです。そんな時に、両方を診療科目としてよく知る私が、もちろん個別の状況に即してですが、どちらの面から診たとしても妥当な選択肢を提案し、親御さんが客観的に考えられる視点をお伝えできることもあります。



Access