ナオデンタルクリニック

ナオデンタルクリニック

高峰 直努院長

34779 df 1 main 1400490319

地下鉄東陽町駅から徒歩1分の「ナオデンタルクリニック」。待合室には、スタッフの明るい笑顔の写真が何枚も貼られていて、楽しそうな雰囲気が漂ってくる。3階には予防のための個室ケアルームも備え、予防にも力を入れている歯科医院だ。院長はスラッと伸びた背に、爽やかな笑顔が印象的な高峰直努(なおと)先生。開院して17年目、数多くの経験を重ねた今、治療にも患者との接し方にも確固たる信念を持って臨んでいるという。そんな高峰先生に、これまでの道のりや、歯科医療にかける思い、クリニックの理念や取り組みについて話を聞いた。
(取材日2013年11月8日)

患者自身が健康をコントロールしていくための働きかけ

―こちらの診療スタンスについて教えてください。

当院では患者さんの自主性を促し、健康への意識を高めてもらう診療をモットーとしています。これは大阪の諸井先生が立ち上げたCHP研究会の勉強会で学んだことがベースとなっています。CHPというのはクリニカル・ヘルスプロモーションの略で、「人々が自らの健康をコントロールし、改善できるようにするプロセス」という意味。人は自分がやりたいと思ったことしかやりません。歯科医院に行くのも患者さんの意思ですし、歯を治したい、歯磨きをしたいと思うのも自分自身です。私や歯科衛生士がいくら「歯を磨いてください」と言っても、患者さんがそうしたいと思わなければ磨くようにはなりませんし、続かないですよね。ではどうしたら磨くようになるのか。虫歯をちゃんと治そうと思うようになるのか。そこを私たちはまず考えてから治療にあたるのです。

―具体的にどのように働きかけているのですか?

以前、当院に鳶職の方が来られました。その方は今まで歯が痛くなると歯の穴に市販の痛み止め薬をギュッと詰め込みやり過ごしていたのですが、それでもだんだん痛みで寝られなくなり、ある日現場で眠くてふらっとしたそうです。その頃、結婚してお子さんも生まれたばかりだったその方は、当院に来た時「俺が死んだら誰が家族の面倒を見るのだろう、そう思ったら歯を治さないと、と思ったんです」と言ったのです。今までと意識が変わったんですね。研究会ではこのように心が動く瞬間を「心のブレーカーが落ちた瞬間」と呼んでおり、これが歯科医院に行くきっかけになるのです。その方に「お子さんが大きくなるまで元気で働くために、健康でいられる歯磨きの仕方があるのですが、知りたいですか?」とお聞きすると、「はい!」とおっしゃいました。もしその方に別の場面で「歯を磨かないと、歯がなくなってしまいますよ」と言ってもピンと来なかったでしょう。

―患者さんそれぞれで、その瞬間は違いますよね?

ええ、違います。お一人お一人に物語があります。例えば「歯を白くしたい」と来た患者さんにもそれぞれ理由があります。その理由を聞いて、「新しい彼氏ができたから」という方には「それなら、口臭がしにくいような歯磨きの仕方をしましょうか」と言うと、やる気が出ますよね。患者さんの物語を聞き出して、それに合った治療方針を説明し、患者さんに選んでもらうのです。押しつけるのではなく、あくまで患者さんの意思で選択してもらうことが大切。患者さんの、「こうしたい」という望みがあって、それなら「こうしたほうがいいかもしれないですね」と提案していくのが当院の基本です。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療(1本)40万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細