求人情報ON
トヨムラ歯科医院

トヨムラ歯科医院

豊村 康太副院長

頼れるドクター

34437 df 1 main 1448593427

亀戸駅から徒歩4分の立地にある「トヨムラ歯科医院」。初代院長の豊村伝蔵先生が1947年に開業してから68年間、亀戸の地域住民を見守ってきた。副院長の豊村康太先生は2代目院長である父・登志男先生について「患者さんがおしゃべりを楽しみに来るような関係性を築いている」と敬意をもって話し、患者とのコミュニケーション力は引き継いでいきたいという思いをのぞかせた。一方、子どもの歯に関心の高いママのニーズをつかみ、歯の状態を記録する「デンタルノート」を導入したりと、新しいことにも積極的に取り組む。また必要に応じて医科とも積極的に連携を取るなど、患者にとってのよりよい選択を大事にしている豊村副院長を取材した。
(取材日2015年11月10日)

生まれ育った亀戸でさらなる医療貢献をめざす

―クリニックの歴史と特長を教えてください。

当院は1947年、祖父である豊村伝蔵前院長が開業しました。父の登志男院長が引き継いだ後も、この場所でずっと地域の方の歯の治療を続け、68年が経ちました。私もこの場所で生まれ育ったんですよ。町の環境は大きく変わりましたが、幼少期に通っていた飲食店の店員が通院してくれるなど、今もなお住み続けている方が多いですね。そのせいか、この地域に貢献したいと強く思っています。私が副院長に就任してからは「生涯診療」というコンセプトを掲げました。赤ちゃんがお母さんのおなかにいる「マイナス1歳」の時から、おじいさんおばあさんになるまでの検診と予防に、責任を持って携わっていく所存です。

―生涯診療を受けることは、患者さんにはどんなメリットがありますか?

マタニティーから予防に取り組むことでお母さんの口腔内細菌を減少でき、出生後の感染リスクを減らせます。お子さん向けには「フッ素キッズクラブ」という0歳児からのプログラムをご用意。カリエスリスクという虫歯のできやすさに応じて1〜3ヵ月ごとに来院してもらい、専用「デンタルノート」に歯の状態を記録。親・ドクター・歯科衛生士で歯の健康を見守っていけるプログラムです。高齢者は入れ歯の治療が多いです。定期的に入れ歯のメンテナンスをすることで誤嚥性肺炎などの全身疾患をコントロールすることにもつながりますし、認知症の予防にもなります。歯科に抵抗があった方に「十何年もごはんがおいしくなかったのに、おいしく食べることができた」と言っていただけた時は大変うれしかったです。

―0歳児も歯科医院に行ったほうがいいのですか?

0歳児の主な目的は、歯科医院に慣れること。来る練習、口の中を見せる練習が大事だと考えています。歯科治療や検診をする・しないは別として、親御さんに抱っこして連れて来られるだけで、歯科医師に対するハードルは変わるんです。そうやって通い慣れている子は、いざ検診をする時もスムーズですね。また、私自身にも子どもがおりますので、小児の治療は得意です。幼少期の歯科治療がトラウマにならないように痛みの少ない治療を心がけています。

―口臭治療もされているそうですね。

はい、口臭に悩んでいる方のニーズにお応えするために始めました。口臭の原因は口腔内の汚れやストレス、歯周病、呼吸器の病気、糖尿病、飲酒喫煙など実にさまざまで、歯みがきをしたからといって全て改善されるわけではありません。当院では口臭測定器を使用し、口腔内・呼気・鼻臭ガスの臭いの強度を別々に測り分ける事で、臭いの出所を推定します。検査結果はグラフで表記され、口臭の原因が患者さんにもわかりやすいと思います。原因を特定することによって的確な処置と効果が期待できます。毎回の検査結果を比較し、改善されたかどうかも一目でわかりやすくなっています。検査をすることによって、口腔内の問題だけでなく全身疾患が見つかる手がかりになることもありますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細