全国のドクター9,496人の想いを取材
クリニック・病院 160,463件の情報を掲載(2022年10月03日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 江戸川区
  4. 新小岩駅
  5. 今井歯科医院
  6. 今井 昭彦 院長

今井 昭彦 院長の独自取材記事

今井歯科医院

(江戸川区/新小岩駅)

最終更新日:2022/06/15

34067 top

江戸川区の同潤会通りに面したビルの2階に位置する「今井歯科医院」。今井昭彦院長が開業し、34年の歴史を持つクリニックだ。下町の匂いが残るこの地域も、工場地帯はマンションや戸建てに変わり、店が並んでいた近隣の商店街も以前ほど賑わいはなくなってきている。その中で、地域に溶け込み、かかりつけ医としての役割を長年果たしている同院。「親子3代にわたり家族ぐるみの患者さんも多いですね」と笑顔で話す今井院長。現在は、口腔外科で研鑽を積んだ子息の雄太先生も週に1度、同院で治療に携わっているという。治療に対する考えや趣味に至るまで、今井院長に詳しく話を聞いた。

(取材日2022年3月15日)

進歩した技術を積極的に導入し、患者に還元

歯科医院が多い中、地域で長年愛されている理由は何だとお思いですか?

1

ここ江戸川区中央地区は私が生まれ育った場所で、開業するなら江戸川区にしようと最初から決めていました。この地域は駅から遠いこともあり近隣の患者さんが多く通っています。一人ひとりの患者さんに真摯に向かい合うことが長く通院してもらうことにつながっているのかなと思います。地元ということもあり、知人や友人などが受診してくれているのもうれしいですね。近年患者さんの歯科に対する関心も高くなり、定期的に予防に通ってくださる方も多くなっております。今では、おじいちゃんやおばあちゃん、その息子さんや娘さん、お孫さんといったように3世代で来てくださっているご家族も多くおります。もともと、地域のかかりつけ医として地域医療に貢献したいと考えていましたので、それが実現できている形ですね。

2020年から息子さんがこちらで勤務しているそうですね。

はい。週に1度、毎週水曜に診療を行っており、主に外科治療を任せています。息子は大学の口腔外科で研鑽を積み、その関連病院などでも勤務をしていました。現在は退職して一般の開業医でも診療を行っています。大学教育で初診時での患者さんとの医療面接をしっかり学び、コミュニケーションもスムーズに取れていると感じます。一緒に診療することで新たな気づきがあり、たいへん刺激になります。

インプラント治療に力を入れ始めたのはいつ頃からですか?

2

インプラント治療は25年ほど前から行っていました。ただ、当時は自分自身が義歯を深く研鑽していたこともあり、義歯による治療を勧めていました。現在、インプラント材料や種々の技術も格段に進歩し、より確実で安全な治療が追求できるようになりました。また患者さんも自分の歯のようにしっかりと噛みたいという方が増えており、10年ほど前から積極的にインプラント治療を行うようになっております。当院ではより安心、安全なインプラント治療を提供するため、歯科用CTを導入し、治療ではサージカルガイドを使用しています。

サージカルガイドとは、どのようなものでしょうか。

サージカルガイドは、マウスピース型の装置です。事前に撮影したCTの画像から骨の状態を把握し、インプラントの埋入位置や角度などをコンピューター上でシミュレーションし、データをもとに3Dプリンターで作製します。手術前にシミュレーションすることで、手術におけるリスクを減らし、手術時間の短縮にもつながります。歯茎を大きく切開することもないので、手術後の腫れや痛みが少ないのも特徴です。

一人ひとりに合った最適な治療の提案をめざす

歯周病治療にも力を入れているとお聞きしました。

20220510 3

はい、今も変わらず力を入れております。ただ歯周病の治療は、すべての治療の土台となるものなので、必要不可欠な治療で特別なものではないと考えています。位相差顕微鏡を用いた細菌の同定、機能水と超音波スケーラーを用いた細菌の殺菌などがその中心です。また治療後の定期的なメインテナンスが最も重要ですので、継続して通院してほしいと考えております。

院内では治療する水にも気を配っているそうですね。

高純度の次亜塩素酸水を早い段階から導入しています。治療前や治療中のうがいもこの機能水を使用します。また、超音波スケーラーなどを用いてすべての処置が無菌的に行われる必要があると考えております。当院では、以前から衛生面に配慮し、安心して治療が受けられるよう体制を整えてきました。具体的には、治療に使う器機、機材は滅菌できる器具は、1回ごとにすべてオートクレーブにかけ、滅菌が不可能な部分には患者さんごとにディスポーザブルカバーを交換しております。ですから、このコロナ禍においても当院ではまったく動揺はありませんでした。

先生が診療時に大切にしていることは何ですか?

4

痛くて食べられない患者さんのお口を、できるだけ早く健康な状態で噛めるようにすることです。また、患者さんが何を望んでいるのかを聞き取り、治療についてもできる限りわかりやすく説明をするようにしています。例えば、先ほどのようにインプラント治療をするとします。治療に対するメリットやデメリット、費用面や通院回数など、治療計画書を作って次回来院時に患者さんにお見せして説明しています。また、インプラント治療がすべての患者さんに適しているとは限りません。骨粗しょう症の人や、治療薬を一定期間以上服用している人は、外科処置を行うと顎骨壊死を起こすことがあり注意が必要です。抜歯も慎重に行う必要があります。このように患者さん一人ひとりの全身状態を把握し、最適な治療を提案するように心がけています。

歯科医師は自分が考えた治療を自分の意思で行える

先生はなぜ歯科医師をめざそうと思ったのですか?

5

子どもの頃から医師になりたいと思っていました。人のために役に立つ素晴らしい仕事だと考えておりました。残念ながら医学部に合格することができず、合格した歯学部に悩んだ末に入学しました(笑)。ですが、こうして自分の歯科医院を開業し、自分の考えた治療法を患者さんに説明、同意を得て治療、手術まで行うことができるようになったことを考えると、この道を選択して良かったと思っています。

走ることが趣味だそうですね。

はい。ただ、大会で走ったのは3年前の東京マラソンが最後です。東京マラソンは今年開催されましたが、去年、一昨年と中止でした。今大会はこの2年参加予定だった人たちが主に出場しているので、限りなく狭き門でした。僕も11年間応募していますが、2回しか当選したことがありません。ホノルルマラソンにも6回、国内のレースにもいくつか参加しています。このコロナ禍前は毎年10キロのコースから始まり、ハーフを2〜3回、フルマラソンを1〜2回と決めて出場していたのですが、新型コロナウイルスの流行拡大の影響で大会が中止となり、モチベーションが下がってしまいました。徐々に大会が再開されているので、また10キロから出場してみようかなと思っています。

今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

6

今後も、新しいことを勉強しながら、自分の体が続く限り診療を続けていきたいと思っています。私は大学卒業後、4年間勤務してすぐに開業しました。当時は早く自分の診療所を持ちたいと思い開業したのですが、今思えば、もっと高い理想を持って開業すればよかったかなと思っています。息子には、今後自分がどのようなスタイルで診療を行うのかよく考え、自分で目標を持ってやりたいように進んでほしいと思います。皆さんが歯科医院を探すときは、ホームページやクチコミはもちろんですが、健診でもいいので一度受診してみることをお勧めします。歯科医師との相性は必ずあるので、よく話を聞いてくれて丁寧に説明をしていただける先生を選ぶとよいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/44万円~

Access