杉田眼科

杉田眼科

杉田 逹院長

33523

地下鉄千代田線金町駅から徒歩5分。商店街を抜けると現れる「杉田眼科」は、先進の設備と眼科の専門医師による専門的な治療が特徴の医院。また、外来の医師が多数在籍し、患者の症状に応じた専門の医師が診療を行える体制を整えている。院長の杉田逹先生は、日帰り白内障手術を早い段階から取り入れた、眼科治療のスペシャリスト。院内には、先端の医療機器をそろえ、最近では、白内障と同時に乱視、近視、老眼の手術も行っている。また滅菌に力を入れるなど医療環境の整備にも力を入れている。明るく気さくな人柄で、朗らかな笑顔が印象的な杉田先生に、白内障手術を中心とした眼科医療への取り組みと今後の展望についてたっぷりと話を聞いた。
(取材日2014年8月5日/再取材日2017年6月12日)

24年前から日帰り白内障手術を取り入れる

―開業されたきっかけと、主に扱う目の病気を教えてください。

開業した24年前は、先進的な治療を受けられる眼科医院が限られていまして、白内障や緑内障などの手術を受ける場合は、都心の大規模病院へ行かなければなりませんでした。そんな患者さんの負担を少しでも減らし、地元で解決してあげたいという思いと、自分が理想とする診療所をつくりたいという理由から1993年に開業しました。また、すでにアメリカの医療では普通に取り入れられていた日帰り白内障手術を開始しました。白内障手術は眼科医療の中でもニーズが高いのですが、当院でも約5割の患者さんは白内障手術を受ける、または受けた方たちです。次に、近視や乱視を治すレーシック手術、ICL(眼内コンタクトレンズ)手術、眼瞼下垂手術、流涙症治療、ドライアイ治療を行っています。緑内障や糖尿病性網膜症、黄班変性症、黄班上膜など黄班の病気、斜視といった小児眼科斜視などは、優秀な大学病院の先生方が当院で診療を受け持っています。

―眼科の医師になられたきっかけをお聞かせください。

子どもの頃は飛行機のパイロットや貿易関係の仕事がしてみたいという夢がありましたが、家族や親戚に医師が多かったこともあり、自然と医療の道を志すようになりました。父は田舎で外科の医師をしていました。雪が降り注ぎ視界も悪い冬、父が命がけで往診に向かう姿や緊急手術をしていた姿を見て育ち、子どもながらに、医師はとても大変で大切な仕事だと思っていました。眼科を選んだのは、入学した順天堂大学に素晴らしい眼科教授がおられ、眼科医療が国内でも進んでいたからです。その後、白内障治療において専門性の高いといわれている、カナダのギンベル眼科センターに臨床留学し、当時先端の白内障手術とレーシック手術を学びました。

―眼科の医療はどのように進歩していますか?

視覚は知覚機能を通じて人が受け取る情報量の8割を占めているといわれるように、「見える」ことはとても重要です。見えなくなった、または失明の恐怖を感じながら眼科医院に来られる患者さんの悩みを理解し、適切な診断と治療を行うことで元の見え方、もしくは以前よりもよく見えるようになることが期待できるようになっています。QOL(クオリティー・オブ・ライフ)ならぬQOV(クオリティー・オブ・ヴィジョン)、つまり見え方の質を上げることは、その人の人生をより良いものに変えるきっかけになるのです。日本のお年寄りが人の手を借りずに現役で活躍できるのは、質の高い白内障手術を受けられる環境が国内で普及しているからだと思っています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

レーシック手術/15万2000円~
ICL(眼内コンタクトレンズ)手術/38万円~
多焦点眼内レンズ/49万円~
※詳しくはクリニックまでお問い合わせください

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細