医療法人社団泰進会 赤羽台ファースト歯科

医療法人社団泰進会 赤羽台ファースト歯科

藤田 理志院長

33089 %e8%b5%a4%e7%be%bd%e5%8f%b0%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e6%ad%af%e7%a7%91

赤羽駅から徒歩10分ほどの高台にある赤羽台地区は、集合住宅が建ち並び、子育て世帯から高齢者まで幅広い層が暮らすにぎやかなエリアだ。その町の一角にあるのが、2012年の開業から地域に根差した診療を続けている「医療法人社団泰進会 赤羽ファースト歯科」。院内は茶色と白を基調とした洗練された雰囲気で、壁一面にダイナミックな絵が描かれたキッズスペースが特徴だ。院長を務めるのは今年3月に就任したばかりの藤田理志先生。虫歯になってから通うのではなく、予防のために定期的に検診を受けることが大切という考えから、デンタルIQ(歯科的認知度、理解度)を高めるための啓発にも力を入れている。今回は爽やかな笑顔が印象的な藤田院長に、診療に対する思いをたっぷりと語ってもらった。
(取材日2018年3月12日)

デンタルIQを高めることで、健康な歯を守っていく

―歯科医師をめざしたきっかけについて聞かせてください。

昔から困っている人の役に立つ仕事がしたいという思いがあったので、高校生ぐらいから漠然と医療関係の仕事に就きたいと考えていました。実は医学部に行きたいと思っていた時期もあったんですが、もともと手先が器用だったということもあって歯学部に進みました。今は本当に歯科医師になって良かったなと思っています。「そこまではっきり断言できるのはすごい」と周りの友達にもよく驚かれるんですが、すごく今が楽しいですね。もちろん、実際に歯科医師として働き始めたばかりの頃は、治療が思うようにできなくて、夜も眠れないくらい悩んだ時期もありましたが、今はそうした時期を忘れさせてくれるほどに充実しています。

―院長に就任して、何か変化はありましたか?

以前から週2回は非常勤としてここで治療にあたっていたんですが、院長に就任してからは治療以外の仕事が増えて忙しくなりましたね。今は複数の医師が治療を担当していますが、自分が診ていない患者さんに対しても治療内容をきちんと把握していなくてはいけないし、若手の教育に力を入れるのも院長としての責任だと思っています。このクリニックは医療法人社団「泰進会」に所属していて、同じ泰進会グループの院長をしている先生や先輩歯科医師に相談したり、意見交換したりできるのはありがたいですね。院内のスタッフも長い付き合いの方がほとんどなので、受付スタッフが患者さんとのやり取りの中で気になったことを伝えてくれたり、意思の疎通が取りやすかったり、院長になりたてでも最初から100%の力でいけるので恵まれていると思います。

―どのような患者さんがいらっしゃいますか?

この地域は集合住宅が多いので、ファミリー層から年配の方まで幅広い層の患者さんがいらっしゃいます。家族で通ってくださっている方や、クチコミで来院される方も多くてありがたいですね。ただ、残念ながらデンタルIQとしては、まだまだ向上する必要があると感じています。患者さんの多くは、歯が痛くなってから来院されていて、痛くない段階でケアのために来院される方は決して多くはありません。でも実際は、虫歯にならないためには、普段からきちんとケアすることが大切なんです。歯が痛くなってから来院するのではなく、予防のために定期的に歯科医院に来る。患者さんが自分の歯を大切にする意識、デンタルIQを高めることが、患者さんの健康な歯を守ることにつながると思っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細