医療法人社団悠歯会 すぎもと歯科クリニック

医療法人社団悠歯会 すぎもと歯科クリニック

杉本一野 院長

頼れるドクター

33030 df 1 main 1449115380

昔ながらの住宅街と新しいマンション群が併存する練馬区石神井公園。この街で30〜40歳代のファミリー層を中心に圧倒的な支持を集めているのが「すぎもと歯科クリニック」だ。院内に入ると、目に飛び込んでくるのがアクアリウム。色とりどりの魚やキャラクター人形が心を和ませる。ガチャガチャやアニメ、オリジナルキャラクターなど子どもの喜ぶ仕掛けも満載。常勤の保育士がいるので、子どもはもちろん、母親たちが安心して治療に専念できると評判だ。ときおり関西弁を交えてテンポよく説明する杉本一野院長の話はとてもわかりやすく、温かさも感じられる。患者ニーズを重視して、常に前向きに努力を続ける杉本院長に、クリニックの特色や診療方針、最近の取り組みを聞いた。
(取材日2015年5月13日)

アクアリウムやガチャガチャで楽しさを演出し、キッズルームには保育士が常駐

―この地域の特色や、現在の患者層を教えてください。

ひどい虫歯になる前に来院される方が多く、住民の方々の歯の健康に対する意識が高い地域だと感じています。開院前は高齢の患者さんが多いと予想していたのですが、蓋を開けてみたら、転勤族が多いためか30〜40歳代の患者さんとその子供たちが多かったのです。同じ医療モールにある小児科医院に来て、当院を知ってくださる患者さんも多いですね。現在の患者層をおおまかに分けると、成人が5割、子どもが3割、老年層が2割です。

―院内はとても楽しい雰囲気ですね。

子どもの患者さんが多いので、少しでも歯科医院を好きになってもらおうと、テーマパークのような雰囲気づくりを心掛けています。開院時は内装も普通でしたが、徐々に子ども向けに改装してきました。入口正面には熱帯魚が泳ぐアクアリウムがあります。季節の草花や動物キャラクターの人形たちも入れて物語仕立てにして、週に1度は小さな変化を加えるなど、毎回、注目していただけるようにしています。給餌の時刻には子どもたちに餌をあげてもらいます。これで子どもの心をつかんで、会話するきっかけにできるのです。その横に置いたガチャガチャも人気です。治療を終えた子どもにはガチャガチャのコインをプレゼントしますが、これがしたくて来てくれるお子さんもいます。男の子向け、女の子向け、両方の機種をそろえました。子どもの目的が遊ぶことであっても、きちんと治療や予防ができることが大事です。当院のオリジナルキャラクター『みがくま』、『だらくま』のぬいぐるみやイラストも飾っていますし、壁紙やインテリアも明るくポップなイメージを打ち出しました。

―ほかに、子供向けにはどのような配慮をなさっていますか。

キッズルームには保育士がいて、親御さんが治療中はお子さんをお預かりして、遊び相手を務めます。また、治療ユニットからキッズルームの様子をモニターで見ることができるようにしています。お子さんの治療中は、治療ユニットの天井のモニターでアニメを流すこともできます。完全個室もありますから、大声で泣いてしまっても安心です。兄弟姉妹で治療するときは、半個室の仕切りを外した隣同士のユニットで治療します。下の子は上の子が一緒にいると安心しますから。また、保育士と歯科衛生士が協力してリトミック教室も開いています。小さな幼児が楽しく遊びながら、「口を開ける」など、近い将来、歯科治療を抵抗なく受けられるようなトレーニングをしていくものです。歯磨きも、最初は保育士が人形などで楽しくやってみせて、次に衛生士が指導するなど、幼いうちから興味を持つように配慮しています。『みがくま』と『だらくま』による、『お母さんと子どもの歯科治療ガイド』というホームページも開設していますので、のぞいてみてください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Yokohama a
Shonan a
Shinnakasugi a
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細