全国のドクター9,004人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月27日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 板橋区
  4. ときわ台駅
  5. 南ときわ台歯科
  6. 石田 康郎 院長

石田 康郎 院長の独自取材記事

南ときわ台歯科

(板橋区/ときわ台駅)

最終更新日:2019/08/28

32282

ときわ台駅より徒歩3分と好立地に「南ときわ台歯科 インプラントセンター」がある。院長の石田康郎先生はドライマウス認定医で、審美歯科・入れ歯など幅広い診療を手がける。同院は2008年に文京区にある広野歯科クリニックの分院として開院し、インプラント技術は確かなものと評判だ。日々の診療は丁寧に時間をかけて行い、患者の不安やニーズを理解した上で治療に入ることを重視している。「医学には厳しく、医療には優しく」がモットーの石田先生に話を聞いた。
(取材日2016年7月5日)

インプラント治療と一般歯科診療の2本柱が強み

インプラントセンターという名称ですが、一般歯科診療にも注力されているそうですね。

1

もちろんです。歯を失い、インプラントという選択をする方もいます。しかし、歯を失う背景には、歯周病を発症している場合が多い。むしろ、ほとんどの方が歯周病にかかっていると言ってもいいでしょう。ですから、インプラント治療に入る前に、必ず歯周病のフォローをします。そして、ある程度治癒が見込めた時点で、インプラント治療を始めるんです。患者さんの中にはインプラント治療を望まない方もいらっしゃいます。多様な患者さんのニーズに応えられるよう、幅広い診療を心がけています。患者さんがしっかり噛めて、気持ちよく食べられるように、インプラント治療と一般歯科診療どちらも大切にしています。

初診時の流れなどを教えてください。

初診時は、レントゲンや患者さんからのお話などの情報を元に、しっかりした治療計画を立てます。もちろん、痛みがある場合は対応していますが、まれに患者さんの訴える痛みの場所と痛みが発生している場所が違うことがあるんです。患者さんの訴えだけで治療して、違う歯を治療してしまうことは避けたいので、全体像を把握した上できちんと検査をし、原因の特定を行います。初診時は時間を取って、しっかりお話しながらコミュニケーションを図るようにしています。

痛みを感じる場所と痛みが発生している場所が違うということがあるのですか?

2

例えば上の歯が痛いと感じるのに、下の歯が原因だったということがあります。これは、脳の感覚異常によるもので、上下相反する歯に痛みを感じるのはよくあることなんです。特に奥歯は、感覚神経が上下で非常に似ているため、痛みが伝わりやすいんですね。しかも、症状がひどい時ほど起こりやすいので、患者さんから強く訴えられることもありますが、納得していただけるように手を尽くしてご説明をしています。

歯並びと口周り・トータルで考える口元の美しさ

診療時に心がけていることはありますか? 

3

患者さんは、それぞれ来院されたときの心理状態が異なりますよね。歯科医院に慣れている方もいらっしゃるように、初めて歯科医院を受診したり、過去に嫌な思いをして歯科医院から遠のいてしまったりなど、個々に事情が違います。患者さんのニーズや気持ちがわかれば、こちらもそれに合う対応ができますので、向き合ってお話しをしながら、患者さんの個性を読み取ることが何より大事だと思っています。歯科医師になって23年。私もさまざまな患者さんと出会い、数々の経験をしてきましたので、自然とそうしたことがわかるようになってきました。患者さんのお話をじっくり聞く、時間をかけて診療する。この2つは、今でもとても大事にしていることです。

インプラントの専門治療が受けられるのがこちらの魅力ですね。

インプラント手術は、完全個室で広野理事長が手がけています。広野理事長は、インプラント治療の中でも難しいと言われているオールインフォーと呼ばれる手法を得意としています。当院では開業以来ずっと積極的に続けていますが、当時は大学病院などでしか行われなかった手法です。広野理事長は数多くの症例を手がけていますので、安心して治療を受けていただけると思います。私は、インプラントに関連する歯科医療をトータルでカバーする役割です。例えば、ボディーが入った後の差し歯や型彫り・インプラントから頭出しをして差し歯で審美的要素を取り戻す二次的手術・補綴でしっかり噛めるようにする。インプラント治療はこの10年で話題になり、注目されるようになってきましたから、常に新しい技術や情報が入ってくるよう、私自身日々勉強しています。

血小板凝固剤を使った治療もされているそうですね。

4

静脈から採血した血液を、遠心分離機にかけて血小板を取り出し、ゼリー状の凝固剤を作ります。これを傷ついた部位に入れて縫い合わせることで、治癒が早い・腫れが少ない・骨再生が早いというメリットがあります。歯科医院に限らず、他科でも取り入れられている方法です。抜歯後に早くインプラントを入れたい場合、凝固剤を使うことで骨再生が進み、通常より数箇月早く終わるでしょう。

歯の美しさと健康について、先生の理想をお聞かせください。

審美的要素については、昔から重要視してきました。私が注目するのは、口角の良し悪しを判断した上で、歯のラインを診ることです。笑顔になった時の口角の様子を診るので、笑ってもらうために、冗談を言うこともありますよ。歯並びと口周りは審美面で関連しています。たとえ、前歯がきれいであっても、1mm長いだけでその方の顔には合っていないと考えられます。私は、患者さんの顔・体・肌の色などトータルで見て、その方に合う手法を選んでいます。テレビや雑誌で人の顔を見るたびに感じるんですよ。この歯は明らかに合っていないだろうと。私と同じ歯科医師が、患者さんに最適ではない治療をしていることに非常にショックを受けますね。見える部分にしか注目していなかったのでは? と思うことがあります。

「医学には厳しく、医療には優しく」であり続けたい

先生はドライマウス認定医ですが、自分でもできるケア方法のアドバイスをお願いします。

5

ドライマウスは加齢によって起こり、ひどい場合だと40%まで唾液量が減少する病気です。超高齢化社会になり、自覚していないドライマウス患者もいます。ドライマウス解消には、唾液の分泌を促すようなマッサージをお勧めしています。耳下腺・唾液腺・口腔粘膜・小唾液腺を刺激する方法です。投薬によるドライマウス治療も行いますが、マッサージは非常に有効な手段ですし、すぐに唾液が出るようになります。乾燥しないよう、こまめに水分補給する方法もいいでしょう。

ドライマウスになりやすい人の傾向を教えてください。

唾液は咀嚼することで出るため、歯がない方や入れ歯の方は注意してもらいたいですね。早食いもいけません。最低でも20〜30回数えながら噛むのが理想です。私がドライマウス治療をする時も、今までより咀嚼を意識してもらえるよう指導しています。入れ歯に唾液分泌を促す薬を入れたり、入れ歯の裏側に塗って水分が出るようにしたりする治療も行いますが、やはり改善には個人差があると思います。

外国語の習得にも前向きな姿勢でおられると伺いました。

6

外国人の患者さんもいるため、英語の勉強をしています。韓国語や中国語も目標に掲げていたのですが、一気には難しいので、まず英語からということにしました。英語は、最初グループレッスンに参加していましたが、中には流暢な方もいますし、人に聞かれるのって恥ずかしいと思いまして(笑)、今は個人レッスンで週1回習っています。誰でも納得させられるようなスピーチを英語でできるようになるのが目標ですね。

先生の歯科医療に対する思いをお聞かせください。

私のモットーは、常に「医学には厳しく、医療には優しく」です。これは生涯続けていきます。自分自身、学ぶことを怠らず、高い技術を得ても臨床の現場ではいつでも優しい気持ちでやっていきたいのです。患者さんの幅広いニーズに応えていけるよう、これからも尽力していきます。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access