全国のドクター8,567人の想いを取材
クリニック・病院 161,527件の情報を掲載(2019年11月12日現在)

サンパレス歯科

サンパレス歯科

加口 崇 院長

31793 df 1 main 1401777442

都営地下鉄三田線新板橋駅から徒歩3分、また東武東上線下板橋駅、JR埼京線板橋駅それぞれからも徒歩5分という至便の地にある「サンパレス歯科」。1階にスーパーマーケットの入ったビルの2階にクリニックを構えている。階段を上りロビーを進むとレトロな趣きの扉があり、中に入るとそこは落ち着きのある待合室。奥にある診療室は、南西を向いた窓から太陽光がさんさんと降り注ぎ、明るく温かな雰囲気はまるで素敵な隠れ家を見つけたかのような印象を受ける。「もともと30年以上続いていた歯科クリニックが前身で、そこを私が引き継ぎ、2010年に新たな歯科医院として開業しました。その時に診療ユニットなどを入れ換えたので、診療室は近代的な印象になりましたね」と柔和な笑顔で話してくれた加口崇院長。歯科医師になって20年を数える、幅広い技術を身に付けた頼れる歯科医師だ。そんな加口先生の元にはクチコミで来院する患者や、家族3世代で通う患者も少なくない。クリニックの特色、診療ポリシー、さらにはプライベートに至るまで、じっくりお話をお聞きした。
(取材日2013年5月13日)

“治す”のではなく“治す手助けをする”、これが診療ポリシー

―クリニックの特色から教えてください。

一般歯科から、予防、小児、矯正、歯周病治療、咬み合わせ治療まで、ご希望があれば審美歯科やインプラントにも対応できますが、その中でも特に、予防歯科と歯周病治療に力を入れていることが特色ですね。虫歯や歯周病にならないことが大切だと考えています。今まで歯科医師として、歯科治療の移り変わりを肌で感じできました。その中で、当時は最高の治療といわれていたものでも年月が経つと再治療の必要性がでてきた経験を持つんです。ですから、一番よいと言われている方法が必ずしも絶対ではないと常に自分に問いかけながら診療しています。そしてそれを教えてくれたのは患者さんなのです。だからこそ、患者さんには何度も治療することになるのは大変ですし、ご自分の歯でいつまでも噛んでいただきたいと思うんです。そのために、定期的に来ていただいて、クリーニングを受けていただくことをおすすめしています。また、自己管理されることの大切さや方法についても、極力お話させていただいています。できる限り歯を残せるように、それを一番に考えたいと思っています。

―診療ポリシーを教えてください。

“治す”という感覚に陥りやすいのですが、そうではなくて、“治す手助けをさせていただく”と考えるようにしています。例えば、切って縫い合わせる、という治療があったとして、最終的に治すのは患者さんご自身なんですね。予防歯科においてもそうですよね。磨き方をお教えすることはできますが、磨くのはご自身なんです。患者さんが虫歯を治そうとすることを、虫歯や歯周病にならないように予防しようとすることを、“サポートする”ことが私の仕事だと考えています。

―それを実践するにあたってのポイントを教えてください。

良いサポートを行うためには、患者さん自身に、“治そう”と思っていただけるかどうか、ここがポイントになりますね。まずは患者さんの口腔内の状況をしっかりと把握して、その上で現状を丁寧にご説明し、どう治療していくと良いのかをお話します。それに対して、患者さんのご希望をお聞きして、現状とご希望をどう折衷させていくかを相談します。治し方については、なるべくご希望に沿える形にしたいと思っています。こうした過程を経てご本人に治す気になっていただいた後、初めて治療を開始するんです。“治そう”と思っていただいたことについて、全力でサポートしていきたいと思っています。



Access