全国のドクター8,992人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月22日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 板橋区
  4. 新板橋駅
  5. サンパレス歯科
  6. 加口 崇 院長

加口 崇 院長の独自取材記事

サンパレス歯科

(板橋区/新板橋駅)

最終更新日:2019/08/28

31793 df 1 main 1401777442

都営地下鉄三田線新板橋駅から徒歩3分、また東武東上線下板橋駅、JR埼京線板橋駅それぞれからも徒歩5分という至便の地にある「サンパレス歯科」。1階にスーパーマーケットの入ったビルの2階にクリニックを構えている。階段を上りロビーを進むとレトロな趣きの扉があり、中に入るとそこは落ち着きのある待合室。奥にある診療室は、南西を向いた窓から太陽光がさんさんと降り注ぎ、明るく温かな雰囲気はまるで素敵な隠れ家を見つけたかのような印象を受ける。「もともと30年以上続いていた歯科クリニックが前身で、そこを私が引き継ぎ、2010年に新たな歯科医院として開業しました。その時に診療ユニットなどを入れ換えたので、診療室は近代的な印象になりましたね」と柔和な笑顔で話してくれた加口崇院長。歯科医師になって20年を数える、幅広い技術を身に付けた頼れる歯科医師だ。そんな加口先生の元にはクチコミで来院する患者や、家族3世代で通う患者も少なくない。クリニックの特色、診療ポリシー、さらにはプライベートに至るまで、じっくりお話をお聞きした。
(取材日2013年5月13日)

“治す”のではなく“治す手助けをする”、これが診療ポリシー

クリニックの特色から教えてください。

31793 df 1 1 1401777442

一般歯科から、予防、小児、矯正、歯周病治療、咬み合わせ治療まで、ご希望があれば審美歯科やインプラントにも対応できますが、その中でも特に、予防歯科と歯周病治療に力を入れていることが特色ですね。虫歯や歯周病にならないことが大切だと考えています。今まで歯科医師として、歯科治療の移り変わりを肌で感じできました。その中で、当時は最高の治療といわれていたものでも年月が経つと再治療の必要性がでてきた経験を持つんです。ですから、一番よいと言われている方法が必ずしも絶対ではないと常に自分に問いかけながら診療しています。そしてそれを教えてくれたのは患者さんなのです。だからこそ、患者さんには何度も治療することになるのは大変ですし、ご自分の歯でいつまでも噛んでいただきたいと思うんです。そのために、定期的に来ていただいて、クリーニングを受けていただくことをおすすめしています。また、自己管理されることの大切さや方法についても、極力お話させていただいています。できる限り歯を残せるように、それを一番に考えたいと思っています。

診療ポリシーを教えてください。

“治す”という感覚に陥りやすいのですが、そうではなくて、“治す手助けをさせていただく”と考えるようにしています。例えば、切って縫い合わせる、という治療があったとして、最終的に治すのは患者さんご自身なんですね。予防歯科においてもそうですよね。磨き方をお教えすることはできますが、磨くのはご自身なんです。患者さんが虫歯を治そうとすることを、虫歯や歯周病にならないように予防しようとすることを、“サポートする”ことが私の仕事だと考えています。

それを実践するにあたってのポイントを教えてください。

31793 df 1 2 1401777442

良いサポートを行うためには、患者さん自身に、“治そう”と思っていただけるかどうか、ここがポイントになりますね。まずは患者さんの口腔内の状況をしっかりと把握して、その上で現状を丁寧にご説明し、どう治療していくと良いのかをお話します。それに対して、患者さんのご希望をお聞きして、現状とご希望をどう折衷させていくかを相談します。治し方については、なるべくご希望に沿える形にしたいと思っています。こうした過程を経てご本人に治す気になっていただいた後、初めて治療を開始するんです。“治そう”と思っていただいたことについて、全力でサポートしていきたいと思っています。

地域に愛着を感じ、地域に住む人々との交流を楽しみながら診療にあたる

地域についての思いをお聞かせください。

31793 df 1 3 1404270804

この場所で勤務するようになって8年目になります。街には愛着を感じていますね。下町的な雰囲気が好きですし、商店街を歩いていると結構声をかけていただけるんですよ。患者さんのやっているお店で世間話をさせていただいたり、そういった交流が持てることもうれしいですね。最近はマンションもできて若い人も入って来ていますが、エリア全体としては、ご高齢の方の比率が高くなってきている印象ですね。患者さんの平均年齢も60歳を超えています。でも、ご高齢の患者さんとお話するのは好きなんですよ。お1人お1人とゆっくりお話しできるように、十分に時間を確保しています。コミュニケーションが不足すると患者さんのご希望が見えにくくなりますから。また、安全に診療を行うためにも、どのようなご病気をお持ちなのかを把握したいんですね。お話しにくいこともあるでしょうし、緊張をほぐすためにも時間は必要なんですよ。ゆっくりしたペースで診療を行うことは性に合っていますね。この地域で開業できてよかったと思っています。また、当院は平日は夜9時半まで診療していますので、会社員の方がお仕事帰りに立ち寄っていただくことも多いのです。中には仕事場が変わり遠くなった方が、途中で電車を降りて当院に足を運んでくださることもあり、地域に根ざせているのだとうれしくなります。

開業前のキャリアについて教えて下さい。

1995年に大学を卒業して、最初の2年間は“ほてつ”(義歯など)やインプラントを専門的に行っているクリニックに勤務しました。有意義な時間を過ごせましたね。空いた時間があれば練習用の部材を使って歯を削るトレーニングをして、クリニックにいる間は休み時間はほとんどありませんでした。忙しくて大変な思いもしましたが、その2年間で技術的なベースを築くことができました。勤務しながら、国際デンタルアカデミーにも通わせていただけましたし、良いクリニックに巡り会えたと思っています。その後は矯正の勉強がしたくなり、別のクリニックに移りました。歯の生える方向や位置について興味が沸いてきたんです。それを治すのは矯正だと思って。知り合いから紹介してもらえたところに3年間勤務しました。新たな技術を身に付けることができましたし、そこでの経験もかけがえがなく、今の診療にいかされています。

その後はどうされましたか?

31793 df 1 4 1401777442

その後は、大学の先輩から分院長を探しているというお話をいただいて、新しく開業したクリニックの分院長を務めることになりました。そこでは開業するための勉強ができましたね。それまでは材料のコストのことなど考えていませんでしたし、経営的な観点を持つことはありませんでしたから。それと同時に、どういう気持ちで診療にあたるべきかについても、しっかりと考えることができました。今実践している診療ポリシーは、分院長をするようになってから形成されたんです。人から教わったり、指示を受けることがなくなって、自分でいろいろと考えるようになったんですね。そこで8年ほど勤務して、その後にここの前身である「サンパレス歯科医院」に分院長としてやってきました。そうして4年後の2010年に経営を引き継ぐことになり、「サンパレス歯科」として開業するに至ったのです。

“美容院や床屋に行くように、歯科医院で定期的なクリーンニングを”と願う

歯科医師になろうと思ったきっかけを教えてください。

31793 df 1 5 1401777442

歯学部を受験しようと考えたのは、大学受験の直前でした。直接のきっかけは、兄が歯学部に入学したことなんです。それに影響を受けて、私もなんとなくその気になったんですよ。祖父も父も医師で、叔父も医師だったので、自然と医療系に意識が行ったという側面はあると思います。でも、子どもの頃から意識していたわけではないんです。父は勤務医でしたので、仕事振りを見る機会もなく、医師という職業にイメージも湧いていませんでした。ただ、尊敬する気持ちは持っていましたね。当直が多く、月の半分くらいしか家にいなくて、休みで家にいたとしても、呼び出されては出勤することが度々ありました。でも、いやいや出て行くわけではない。そんな姿を見て、やり甲斐がある仕事なんだな、と感じていました。意識はしていなくとも、なんとなく憧れていたのかもしれませんね。

リフレッシュ法を教えてください。

仕事関係の仲間や昔からの友人達と、会って食事をすることくらいですね。ほかには趣味もないですから(笑)。大学生の頃にゴルフも少しはやりましたが、自分には向いていないと悟って卒業後はやっていません。趣味はなくても、ストレスを溜め込むタイプではないんですよ。患者さんとお話することで、発散できている気がします。仕事自体が趣味みたいなものですね。やり甲斐も感じていますし。治った時よりも、患者さんの予防に対する意識が変わった時、やり甲斐を感じます。しっかり歯を磨いていなかった患者さんが段々としっかり歯磨きをするようになったりすると、うれしいくなりますね。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

31793 df 1 6 1401777442

食べたら磨く、これをぜひ習慣付けていただきたいですね。磨かないと気持ち悪い、というようになればこっちのものです。どういう磨き方がいいのか、どんな道具を使うといいのかは、最初は気にする必要はないです。歯磨きが習慣になった後に、いろいろと試していただけたらいいと思います。その上で、歯科医院にも定期的に足を運んでいただければと。ご自分では磨けていなかったところを、歯科医院でクリーニングしてもらってください。クリニックは、お近くで探すのがいいと思います。まずは行ってみて、フィーリングが合うかどうかを確認してみてください。何度も通うことになりますから、話しやすい歯科医師がいいと思いますね。美容院とか床屋に行かれるように、歯科医院にも定期的に通っていただきたいと思います。お近くにお住まいの方で、お口の健康に関して何かお困りのことがありましたら、当クリニックまでお気軽にお越しください。定期的なクリーニングもお任せいただけたらうれしいですね。

Access