全国のドクター9,286人の想いを取材
クリニック・病院 161,122件の情報を掲載(2020年10月21日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 武蔵野市
  4. 吉祥寺駅
  5. 医療法人社団輝樹会 黒田クリスタル歯科 吉祥寺
  6. 黒田 敏樹 院長

黒田 敏樹 院長の独自取材記事

黒田クリスタル歯科 吉祥寺

(武蔵野市/吉祥寺駅)

最終更新日:2020/04/01

30339

吉祥寺駅から徒歩2分、吉祥寺通りに面したビルの一角で診療する「黒田クリスタル歯科 吉祥寺」。2009年の開業以来、虫歯などの一般的な診療から矯正歯科、インプラント治療、審美面に配慮した診療など幅広く対応し、3世代で通う家族もいるように地域の人々が通うクリニックだ。メンテナンスだけに通う人も多く、「めざすのは吉祥寺エリアのかかりつけ歯科医院。口元の見た目と機能面、その両方を視野に入れて、個々の患者さんの希望に合った診療をしていきたいですね」と黒田敏樹院長は笑顔で語る。学会やセミナーなど勉強会への参加に精力的で、スキーや食べ歩きも楽しむという黒田先生に、新たな導入機器や今後の取り組みについて聞いた。
(取材日2019年11月1日)

総合的な診療の経験を生かした街のかかりつけ歯科医院

先生が得意としている診療分野について教えてください。

1

私は卒後研修で、補綴学の分野の一つである摂食機能構築学、いわゆる部分入れ歯について学びました。歯は一度にすべてなくなるわけではなく、歯がなくなった場所と、まだご自身の歯が残っている場所があります。残っている場所には歯周病が関係し、欠損部分は入れ歯で支える必要がありますから、結果すべての治療を知っておかなければなりません。歯科に関するすべてを学べる分野だと思ってこの分野を選び、詰め物や入れ歯、インプラント治療などを総合的に診療した経験は、一般診療を行う上でとても役立っています。また、勤務医時代に数多く経験した審美面に配慮した診療も得意分野の一つで、現在も勉強を続けています。私は、例えるならマグロのように回遊していたい性分で、ゆっくり止まっているのが苦手のようです(笑)。

患者さんの年齢層や地域性はいかがですか?

吉祥寺は「若者の街」のイメージがありますが、当院には幼い子どもから学生・会社員・ご高齢の方まで、幅広い年齢層の患者さんがいらっしゃいます。赤ちゃん連れにはベビーカーのまま入って親子一緒に診れるようなスタイルを取っていますし、場合によっては悩みを打ち明けやすいようカウンセリングルームを用いてお話を伺うなど、年齢や状況に応じて受診しやすい雰囲気を心がけています。中でも最近増えたと感じるのは、親子2世代、3世代でいらっしゃるご家族です。私にとって吉祥寺は昔から慣れ親しんだ街なので、皆さんに頼りにしてもらえるのはうれしい限り。開業した10年前から、このエリアの患者さんの歯やお口の健康に対する意識は高く、今後も街のかかりつけ歯科医院として、口元の健康や美しさを守っていきたいと思います。

最近増えている治療はありますか?

2

これまでのインプラント治療は簡単な手術で済む患者さんが主でしたが、最近は難しいケースが増えていると感じます。それぞれの患者さんに適した方法で行うための知識や技術を求められるケースが多いです。当院で治療を受けて喜んでくださった方が、同じように悩んでいる知人やご友人を紹介してくださることも多く、われわれとしても広く対応できるよう器具や機材を充実させ、技術の研鑽を積み環境を整えています。

より精密な治療を追求していくマイクロスコープ

最近新たに導入した機器はありますか?

3

当院では開業以来、「精度の高い診断による精確な治療」をめざした診療を行っていますので、6倍の拡大鏡をすべての診療で用いていますし、今年の8月には新たにマイクロスコープを導入しました。もっと以前から、より拡大視野の広い治療の必要性を感じて導入を検討していたのですが、スペースに限りがあってなかなか実現できませんでした。それが今回、最小限の工事で、なおかつ患者さんの動線を妨げずに設置できるマイクロスコープがあることがわかり、導入に踏み切ったわけです。今回導入したものは拡大倍率が最大で20倍を超え、これまで治療できなかった部分や、よく見えなくて治療に時間がかかっていた場所も見ることができ、より精度の高い診断と精密な治療を追求していけるようになりました。

マイクロスコープを使ってどのような治療が行えますか?

根管治療でも活躍しますし、これまで見えなかった部分の歯石も確認できるので歯周病の予防や治療にも役立ちます。セラミックのかぶせ物をする場合も、より滑らかで適合の精度が高い物を入れることができるので長持ちすることが期待できますよ。現時点では基本的には、自費診療・保険診療問わず、その診療に強拡大の倍率が必要であれば用いています。マイクロスコープを導入したユニットに40型の4K解像度のモニターを設置したのですが、マイクロスコープを通して私が見ているものを動画や静止画で撮影して、施術前・施術中・施術後のそれぞれの状態をモニターに映して患者さんにお見せしています。患者さんはリアルな治療の状態を共有できるので、ご自身がどんな治療を受けているのか、理解度も上がります。

審美面に配慮した診療についてもお聞かせください。

4

審美面に配慮した診療は見た目だけではなく、しっかり噛めることや、発音や食事に支障がなくなること、そして、笑った時の見た目にも自信を持てるような、機能面と審美面を両立させることを目的としています。また子どもから高齢者まで、年齢に応じたニーズがありますので、最初にしっかりカウンセリングをして患者さんの希望を把握しています。審美的なセラミック治療では、形、色、質の異なるセラミックの材料を数種類を用意して、前の歯か奥歯か、あるいは性別によっても透明感や硬さを変えて、それぞれに適した材料を用いています。他に、手術を行ったり、矯正装置を使ったりせずに、歯の形や歯並び、歯肉ラインを整えていく技法を用いた審美的なセラミック治療のニーズも高まっています。

笑顔あふれる健康な歯を守りたい

スタッフの体制について教えてください。

5

歯科医師は私のほかに非常勤で3人、それから矯正歯科専門の先生にも来ていただいています。歯科衛生士は常勤3人、非常勤4人が在籍し、メンテナンスなどで活躍しています。当院にはメンテナンスだけでも多くの患者さんが来院されていて、歯科衛生士に関しては基本的に担当制を導入しています。こちらで定めている必ずしなければならないメニューはありますが、トリートメントや時間配分、次回の予約など、衛生士の裁量に任せている部分は大きいです。他には、もちろん歯科助手や受付スタッフも勤務していますから、接遇面も重視して、患者さんが気持ちよくリラックスできる環境を整えてほしいと伝えています。

やりがいを感じる瞬間を教えてください。

患者さんの笑顔が一番ですね。例えば、治療の時、当院では動画や、施術前と途中、そして施術後と最低でも3枚の写真を撮影します。施術後に写真をお見せしたときに患者さんからの喜びの声を聞くとやりがいを感じます。こうしたやりがいが、また次の診療へとつながっていくのでしょうね。また、クチコミを聞いて受診する方が多いことも当院の特徴です。当院を良かったと信頼してご紹介してくださるわけですから、本当にうれしいですし、身も引き締まりますね。

今後の展望はいかがですか?

20191121 6

家族3世代で来てくださる患者さんも増えて、すべての年齢層の方が、自然と笑顔があふれる健康なお口になってもらうことをめざしています。お口の中のトラブルで困ったことがあれば、まず相談をしていただいて、大学病院などに行かなくても当院で完結できれば皆さん迷われることがなく安心されるかと思います。そのためには高いレベルの診療を提供する必要があり、私自身、学会やセミナーに頻繁に足を運んで、勉強を重ねています。地域のかかりつけ歯科医院として、どうぞ気軽に相談してくださいね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

オールセラミック/5万円~、ハイブリッドセラミック/3万5000円~、マウスピース型装置を用いた矯正/98万円、インプラント(1歯)/41万円~、矯正治療/60万円~、セラミックを用いた審美的なケア/1本15万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access