全国のドクター8,464人の想いを取材
クリニック・病院 161,442件の情報を掲載(2019年10月24日現在)

小泉歯科

小泉歯科

小泉 秀行 院長
頼れるドクター掲載中

29283 df 1 main 1377066895

神保町駅から徒歩で約5分の住宅地にたたずむ「小泉歯科」。1985年に開業以来、30年以上の歴史をもつ歯科医院だ。小泉秀行院長は、日本歯科大学卒業後、東京慈恵会医科大学病院で口腔外科を担当し、医局時代にペインクリニックについても学びを深め、「痛み」へのアプローチを適切に行う。「きちんと診断し、しかるべき症状を見極めて専門の先生に紹介するのが、開業医の使命だと思っています」と語り、リピーターをはじめ、地域の患者からの信頼を得ている。AEDなどの医療機器を備えたり、医科医療機関と密接に連携するなど、患者が安心、安全に歯科治療を受けられるための体制を整えているのも大きな特徴だ。小泉院長に、診療の特徴や「歯の痛み」の治療について、詳しく話を聞いた。
(取材日2019年2月19日)

口腔外科と痛みの治療を専門に学ぶ

―患者さんが、安心して治療を受けられるような体制を整えているそうですね。

そうですね。当院は、2018年に、医療機器や医療スタッフなど、患者さんが安心・安全に歯科治療を受けることができるような体制を整えた「外来環(歯科外来診療環境体制加算)」の届け出を厚生労働省に申請し受理されました。患者さんの健康を守り、診療室内をクリーンに保つためのバキューム、AEDを設置するなど、スタッフの技術はもちろん院内設備を見直し、より患者さんに信頼していただけるよう配慮いたしました。現在は、院長の私以下、妻でもある歯科医師、常勤の歯科衛生士とともに、歯科一般、口腔外科、歯周病治療に対応し、地域の患者さんのお口の健康をサポートしています。最近は、歯科疾患と、心臓病など全身疾患との関連性も指摘されています。「歯が痛い」という症状は、実は、お口以外の部位のトラブルが原因となる場合もあります。その見極めをより確実に行うべく、日々診療に取り組んでいます。

―どのような患者さんがいらっしゃいますか?

1985年に開業以来、30年以上の年月がたちます。開業してからしばらくは、飛び込みでいらっしゃる方が多かったのですが、最近では、ずっと通い続けてくださる患者さんの割合が多いですね。歴史が長いぶん、通い続けてくださる患者さんの年齢も当然上がるので(笑)、50代〜70代くらいの患者さんが多いです。患者さんのご紹介でいらっしゃるケースもありますね。「歯が痛い」「義歯が合わない」「よく噛めない」など、皆さん主訴はさまざまです。土曜日の午前中も診療していますので、平日は仕事で来られないという会社員の方も足を運んでくださいます。女性の歯科医師もおりますので、患者さんが「女性歯科医師に診てもらいたい」という場合は、適宜対応させていただきます。

―口腔外科だけでなく、ペインクリニックでも学ばれていたそうですね。

単に虫歯を治療するだけでなく、患者さんの状態をトータルで診ることができる歯科医師になりたいと思い、口腔外科を選択しました。口腔外科では手術の際、全身麻酔を使うことがあるのと、針麻酔にも興味があったため、痛みの治療についても学びを深めました。開業後も、週に1度非常勤講師として大学に足を運び、勉強を続けました。そこには、口の中だけではなく、体のさまざまな部位に痛みを抱える患者さんがやってきます。入院患者さんも診療していたので、「心臓が悪いけれど歯科治療を受けたい」などのケースに対応することもあり、たくさんの症例を診てきたことで見識が深まりました。大学病院勤務時代は顎関節症についての研究も行い、医学博士の学位を取得。これまでの診療経験を生かし、持病がある患者さんにも、安心して治療を受けていただけるよう注力しています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細