求人情報OFF
レナデンタルクリニック

レナデンタルクリニック

井上玲奈院長

医療トピックス

噛み合わせにも着目する
全身の健康維持に役立つ予防歯科

レナデンタルクリニック

自由診療

Main

定期的な検査と歯のクリーニングで虫歯や歯周病を防ぐ予防歯科。そこに噛み合わせの治療を取り入れることで、全身の未病予防も期待できると話すのは、銀座にある「レナデンタルクリニック」の井上玲奈院長。未病とは、病気の発症までには至らない軽い症状がある状態のこと。いわゆる、頭痛や首・肩こり、腰痛、冷え、生理痛などの症状は、噛み合わせと関連して起こる場合もあるのだという。近年、口腔環境と全身疾患の関係が注目されているが、同院では開院以来長きにわたって、予防歯科に噛み合わせの治療を取り入れ、全身の健康維持にも注力している。東洋医学にも造詣が深い井上院長に、噛み合わせの悪さが全身に及ぼす影響、予防歯科に噛み合わせ治療を導入するメリットや具体的な治療法なども聞いた。(取材日2018年10月26日)

虫歯や歯周病の予防だけでなく、噛み合わせの治療を組み合わせることで体の不調にも対応する予防歯科

噛み合わせ治療は、予防歯科の一環として導入しているのですか?

1 ▲リラックスした状態で治療を受けられる 当院では定期的な歯のクリーニングやメンテナンスを2~3ヵ月に1度行う中で、1年に1度か2度、噛み合わせを診たり、口の中のウィークポイントだけでなく、体のウィークポイントを一緒に診ています。ご自身で、噛み合わせの不具合に気がつく場合もありますが、悪い噛み合わせに慣れてしまって自分ではわからない方もいらっしゃるので、検診で気がついた場合は必ずお伝えしています。体の不調が噛み合わせと関連して起こる場合もあるので、そういった症状までフォローしていきたいと考えています。予防歯科で行うメンテナンスの中で、虫歯や歯周病だけでなく噛み合わせをチェックし治療を行うという形ですね。

噛み合わせが悪いことで全身にどのような影響があるのですか。

2 ▲院内は清潔でほのかにいい香りがする 噛み合わせが悪いと顎のズレが起きます。顎のズレが頭蓋骨のズレを引き起こして、そのズレからくる無意識下でのストレスが筋肉に伝わり、姿勢などに影響することで、頭痛や首・肩こり、腰痛、慢性疲労などの症状へとつながっていくことがあります。原因がはっきりしない頭痛などの不調は、噛み合わせの悪さが原因という場合があるということですね。また近年、歯周病が全身疾患に関わっているというデータが数多く発表されていますが、歯周病や虫歯のコントロールをしっかりしていくことによって、糖尿病や心筋梗塞などの重大な病気や生活習慣病まで、将来起こりうるリスクを下げることが歯科にできるのではないかと思っています。

予防歯科について、井上先生のお考えをお聞かせください。

3 ▲患者に寄り添うことを大事にしている井上院長 予防歯科というと、虫歯や歯周病の予防というイメージがありますが、歯周病菌などの細菌が血流に乗って起こる、もしくはリスクを上げる病気の予防もできます。さらに、噛み合わせを正しくすることで、顎のズレから起こる体への影響を管理し、全身疾患を未然に防ぐこともできるかもしれません。例えば、高齢者の誤嚥性肺炎は、誤嚥した時に口の中の歯周菌などが肺に入り、免疫が落ちているために肺炎を起こしますから、歯周病をなくせば予防につながりますよね。また、しっかり噛むことで得られる脳への良い刺激は、認知症の予防にもなります。お口の中だけでなく、体全体のいろいろな病気を防ぐことができるのが、本当の予防歯科だと思います。

具体的にどのような噛み合わせ治療をされているのですか。

4 ▲しっかり患者と向き合い、最良の治療の提案をめざす バランスを整えるということであれば、何ヵ所かの歯にかぶせ物をしたり、ちょっと出っ張っているところを削ったりという整え方をします。根本的に治さなければいけない場合は、頭蓋骨の中にある上顎に対して、下顎の位置がどこにあるのが、この人にとってベストなのかを探っていき、その位置で安定して噛めるようにするので、時間はかかりますね。寝ている時専用のマウスピースを使いながら、上顎と下顎の位置関係を整えていきますが、筋肉がなじむのに2~3ヵ月から半年ぐらいかかります。

どのような方にお勧めの治療といえるのでしょうか?

5 ▲気軽に話せるのも同院の魅力 すべての人にお勧めできる治療だと思います。今は、「元気で長生き」ということがいわれていますが、高齢者だけでなく、お口の中の健康はとても大事です。実は、子どもにも噛み合わせの問題を抱えている、口の中が育っていない、劣成長が多いんですよ。顔を3つのパーツに分けて、鼻から頬の部分を中顔面というのですが、生まれてまず呼吸をする、母乳を飲む、全部中顔面の機能なんですね。お口がポカンと開いてしまう子、姿勢が悪い子、子どものロコモティブシンドローム(運動器症候群)などの原因にもなります。呼吸することと食べることは生命の根源です。フッ素を塗るだけでもいい、小さい頃から歯科に慣れておくことも重要ですね。

料金の目安

オールセラミック(1本)/16万円~、噛み合わせ治療用マウスピース/8万円~

ドクターからのメッセージ

井上玲奈院長

予防歯科といっても、広い意味で考えると、全身を健康な人に育てる、健康な状態でできるだけ長生きするなど、歯科でできることは多いと感じています。足は第二の心臓、噛むことは第三の心臓といわれています。定期的なメンテナンスの間隔は、お一人おひとりの状況や目的によって異なりますが、虫歯や歯周病の予防、噛み合わせの悪さから来る体の不調の改善には、今後も取り組んでいきたいですね。バランスの良い位置でしっかり噛むことが、体のバランスを良くして脳の働きを活性化し、全身の健康につながることがわかってきていますから、私は歯科診療を通じて、患者さんお一人お一人の健康を生涯にわたってサポートしたいと考えています。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細