しのやま歯科医院

しのやま歯科医院

篠山 浩和院長、篠山 真美副院長

27733

口腔外科や矯正歯科、大学病院と同じ診察を受けられる

―診察のときに心がけていることを教えてください。

【院長】患者さまが歯科治療に抱く「痛い、怖い、高い」というイメージを払拭することです。レーザー治療を取り入れて痛みを減らしたり、治療や費用の説明に時間をかけたりしています。一人ひとりに最も適した治療法を見出し、提案することも大切ですね。例えば、患者さまは歯を抜くことに抵抗感を持っている方が多いんです。なるべく残せるように治療をしますが、悪くなってしまった歯をそのままにしておくといろいろな影響が出ます。とはいえ無理強いしたりするのは控え、患者さまの気持ちを考えて治療しています。歯がグラグラになった患者さまが抜歯を決心するまで、10年以上説明を続けたこともあります。「入れ歯でも噛めるんだ」と喜んでくださったときはうれしかったですね。

―院長が力を入れている義歯治療について伺えますか?

【院長】糖尿病や体の弱っている方には、選択肢として義歯が良いと思います。特にバネを使わずに歯茎全体で入れ歯を支えるノンスクラプデンチャーは他の歯への負担が少ないので、お勧めしています。インプラントも素晴らしいものですが、高齢者の方への負担を考えて治療していきたいですね。いずれにしてもしっかり噛めることが大切。噛めれば脳に刺激が伝達され、認知症予防にもなります。

―口腔外科の診療について、患者さまの評判は?

【院長】1週間に1度なのですが、治療を提案した患者さまはほとんどの方が来られます。専門の歯科医師に相談や診察ができるという安心感があるのでしょう。例えば、脳梗塞の治療の薬を飲んでいると抜歯できないと思われがちですが、口腔外科の歯科医師が診れば抜けると判断できるケースも多いんです。術後の処置は私が行いますので、ご都合のよいときにお越しいただけます。大学病院での治療は素晴らしいのですが、遠かったり、待ち時間が長いと患者さまのご負担になることも多いので、近くで受けられるのはメリットだと思います。

―矯正歯科の診療も専門の歯科医師が担当されていますね。

【院長】歯並びだけでなく顎の成長のためにも、矯正歯科は重要です。受け口は3歳頃から治療を始められます。噛み合わせは6歳臼歯4本と前歯4本がそろえば、歯並びの方向性が見えるので治療しやすくなります。生え方には個人差があり、早ければ小学1年生、遅ければ小学5~6年生頃です。矯正の器具にも種類がいくつかあるので、気になることがあれば相談していただきたいと思います。虫歯の治療などで私が診ているお子さまの中で、歯並びが気になる方がいれば矯正歯科を紹介しています。
【副院長】余談ですが、歯学部に通う大学生の長男も当院で歯の矯正をしているところなんです。歯科の勉強をするようになり、改めて自分の歯並びが気になったようです(笑)。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

歯列矯正について
相談料無料、初回の検査・診断/32400円
1期治療(装着料・技術料)/378000円〜(症例により異なる)
2期治療(装着料・技術料)/432000円〜(症例により異なる)
毎回の調整/5400円
※裏側の装着は概ね2倍の料金
部分矯正/216000円〜
(すべて税込)



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細