全国のドクター9,320人の想いを取材
クリニック・病院 161,129件の情報を掲載(2020年10月30日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 杉並区
  4. 阿佐ケ谷駅
  5. 三宅歯科医院
  6. 三宅正泰 院長

三宅正泰 院長の独自取材記事

三宅歯科医院

(杉並区/阿佐ケ谷駅)

最終更新日:2019/08/28

27711 df 1 main 1366011964

入口の上に施されたアーチ型のデザインが印象的な「三宅歯科医院」。中に入ると取材時間が午後の診療がはじまる時間帯と重なったため、待合室にあふれる患者の数に圧倒された。1日100人以上の患者に対応する同院。4台の診察ユニットを完備し、5人の歯科医師が在籍する。開業以来、三宅正泰院長は患者優先の治療を貫き、「身内に施すような歯科治療」をモットーに地域の人々の歯の健康を守ってきた。その精神を受け継ぐ人材育成にも尽力し、毎年のように独立する若い歯科医師を同院から送り出している。ラグビーをはじめ、さまざまなスポーツに親しまれている三宅院長。スポーツで培った行動力とリーダーシップで、同院に在籍する10数名のスタッフを束ね、患者一人ひとりの個性に合わせたチーム治療を実践する。今回、お忙しい合間をぬって、同院の成り立ちや治療に対する思いなどを熱く語っていただいた。

(取材日2012年12月27日)

“芸術作品”のように患者の口腔内をきれいにすることにこだわりたい

歯科医師を志したきっかけを教えてください。

27711 df 1 1 1358756552

両親は医師ではないのですが、親戚に内科や耳鼻咽喉科などの医師がたくさんいるんです。だから、小さい頃から医療の道へ進むことは自然と考えていました。医師の中でも歯科医師を志したのは、一人暮らしをする祖母の自宅近くに九州歯科大学があったからです。祖母のところへ行く度に九州歯科大学を見ていて、なんとなく「この大学に行きたいな」と憧れるようになりました。それに私が九州歯科大学に進学すれば祖母の面倒をみることができるので、両親も安心すると思ったんです。祖母の家で暮らしたわけではないのですが、大学時代はよく顔を見に行っていましたね。大学時代は勉強よりも部活で入ったラグビー部の活動に熱心でした。それほど強豪チームだったわけではありませんが、歯科大学だけの大会では常に日本一だったんですよ。ラグビーは高校時代からはじめて、実は今でも社会人のチームに所属しています。当院はチーム医療を実践しているのですが、ラグビーで培った精神がとても反映されていると思います。

開業までの経緯を教えてください。

大学卒業後、ラグビー部の先輩が開業していた歯科医院に就職しました。その医院は全国に10ヵ所以上の歯科医院を展開していて、山口と茨城の医院で合わせて4年ほどお世話になりました。山口では院長、茨城では副院長を経験させていただきました。治療技術もさることながら、患者さんとのコミュニケーションの取り方や人材の育成方法など、開業にあたって必要なことをたくさん学んだ4年間でしたね。実は、その歯科医院には「4年で開業」というシステムがあったんです。だから、必然的に開業することになったのですが、開業は生まれ育った東京でと考えていました。ちょうどそのタイミングで兄が両親と暮らす二世帯住宅を建てることになったので、1階部分を歯科医院として使わせてもらうことにしたんです。だから今でも当院の上には兄の家族と両親が暮らしているんですよ。

開業するにあたって、どのような歯科医院にしたいと思われましたか?

27711 df 1 2 1358756551

そうですね。治療後の患者さんの口腔内をできる限りきれいな状態にすることにこだわりたいと思っていました。治療は歯科医師であればできて当然だと思います。しかし、治療を施した上で、なおかつきれいに仕上げるというのは特に地方の歯科医院ではあまり重要視されていませんでした。私は常に患者さんの口腔内を“美術作品”だと思って治療にあたっています。自分の作品なわけですから被せ物の形や義歯の色に至るまで、患者さんの口腔に合わせてきれいに丁寧に仕上げるのは当然だと思うんです。治療後に口の中がきれいに仕上がっていれば患者さんに喜んでいただけますし、それが次の治療につながると考えています。また、私は歯科医師という仕事を「天職」だと思っています。だから、誰にも負けたくないという気持ちもあります。どの歯科医院よりも正確できれいな治療を行うことで、患者さんのお役に立ちたいという気持ちは今でも変わりません。

身内に施すように、患者一人ひとりと向き合う治療を実践

貴院の特徴を教えてください。

27711 df 1 3 1358756551

現在、歯科医師が5人、歯科技工士が2人、そのほか歯科医衛生士や受付などが7人と、多くのスタッフが連携をはかりながら治療に取り組んでいます。もちろん、患者さんには担当の歯科医師と歯科衛生士がつきますので、来院の度に別のスタッフが治療にあたることはありません。義歯を作るときは歯科技工士が直接口腔内を拝見して、細かい要望を聞きながら作業にあたります。そのため、違和感のない義歯を仕上げることができます。修正や微調整もその場ですぐに対応します。また、どの歯科医院も使っていない最新の医療機器を使えるのも特徴の一つです。医療機器を販売しているメーカーと懇意であることから、新しい製品のモニタリングや開発にあたってのアドバイスなどをしているんです。今はフッ素を使った予防処置の機械の開発の手助けをしています。

どのような患者さんが多いですか?

当院は幼児から入れ歯が必要なお年寄りまで、本当に幅広い層の患者さんがいらっしゃるんです。中学生や高校生も多いですね。私がラグビーをしている関係でトップリーグの選手もいらっしゃいますよ。1日100人ほどの患者さんにご来院いただきますが、4台あるユニットは常にフル稼働で治療にあたっています。症状としては歯周病とインプラントの患者さんが最近は増えてきましたね。歯周病の患者さんは重症化されてからご来院いただくケースが多いのですが、ぜひ早めに治療にお越しください。当院では最後まで「抜かない」治療を実践しています。できるだけご本人の歯を残し、いつまでもご自分の歯で食べていただきたいですからね。また、当院ではインプラントを特別に薦めてはいません。インプラントでは、歯茎に傷をつけることになります。治療とはいえ、生体に傷をつけることはリスクが大きいと考えているからです。どうしてもインプラントという患者さんには施術いたします。分院長がインプラントの担当医師をしており、日々研鑽を積んでおります。

治療にあたって心がけていることを教えてください。

27711 df 1 4 1358756551

患者さんを自分の身内だと思って治療をすること常に心がけています。これは若いスタッフにもいつも言うことなんですが、自分の両親や兄弟だと思えば、難しい症例のときでも時間や手間を惜しまず治療にあたれると思うんです。ですから、うちのスタッフはたとえ休憩時間や診療時間が終わった後でも、患者さんの都合がそのときにしかつかなければ治療をおこないます。そういう繰り返しが患者さんとの信頼関係につながると考えています。以前、新島からご家族で通っていた患者さんがいたのですが、ご長男が都内で就職するにあたって親代わりを頼まれたことがありました。月に1度、メンテナンスに来てもらって近況を聞くだけのことなんですが、そこまでご両親に信頼していただけたことがうれしかったですね。ほかにも患者さんと治療を越えて仲良くなって、女性同士で食事に行ったり、旅行に行ったりするスタッフもいるんですよ。患者さんのことを知れば知るほど、より良い治療につながると考えています。

患者の個性に合わせた丁寧な治療とアドバイスをスタッフみんなで提供していく

歯の健康を守るために必要なことは何だと思いますか?

27711 df 1 5 1358756551

患者さんによく話すのは、定期健診などを受けた際にいろんな情報を吸収してくださいということです。というのも、患者さん一人ひとりプラークのつき方や噛み方が違うので、それに合わせたメンテナンスが必要だからです。自分のプラークのつき方の特徴や噛み癖を知らなければ、いくらブラッシングをしても効果は得られません。だから、健診などの際に自分にあった磨き方を指導してもらうことをお薦めしています。当院では患者さんごとに担当の歯科医師と歯科衛生士がつきます。ですから、患者さんの口腔内の特徴を把握していることはもちろん、ちょっとした変化にもすぐに気がついて治療や予防に役立てることができます。口腔内のことはなかなか自分ではわからないものです。歯科医院をうまく活用しながら、歯の健康を維持していただければと思います。

休日の過ごし方を教えてください。

先ほども言いましたようにラグビーのチームに入っていますが、スポーツ全般が好きなのでとにかく休みがあれば体を動かしてます。夏はサーフィンやゴルフ、冬はスキーなど、シーズンごとにいろんなスポーツを楽しんでます。あとは野球が好きですね。もう15年ほど杉並区の歯科医師会に所属しているのですが、そのメンバーと野球チームをつくっています。都の代表として医師会の全国大会に出場したこともあるんですよ。中途半端は嫌いなので、やるとなったらとことんやらないと気が済まないタイプなんです。だから、どのスポーツも真剣に取り組んでます。質の高い治療を提供するには、オンとオフを切り替えてリフレッシュすることが大切だと考えています。だからスタッフにも休むときはしっかり休むようにいつも話してるんですよ。

最後に読者の皆さんへメッセージをお願いします。

27711 df 1 6 1358756551

1日100名以上の患者さんに対応していることもあって、在籍しているすべての歯科医師が豊富な臨床経験と幅広い知識を有していることが当院の強みだと思います。また、診療が終わった後に治療の練習を繰り返し行なうなど、常に技術の向上にも努めています。技術と経験をもった歯科医師がどのような症状でもすぐに対応できますので、歯にトラブルを感じた際はぜひお気軽にご相談いただきたいですね。また、どれだけ忙しくてもアルバイトや代用の歯科医師は雇わずにやってきたので、これまでお話させていただいた私の治療方針や患者さんへの思いはみんな同じように共有しています。地域の皆さんに長く親しまれる歯科医院として、これからも身内に施すような丁寧な治療をスタッフみんなで提供していきたいと思います。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access