全国のドクター9,284人の想いを取材
クリニック・病院 158,661件の情報を掲載(2024年4月17日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 中野区
  4. 新中野駅
  5. 医療法人社団歯磨きワン 高野歯科クリニック
  6. 高野 吉光 院長

高野 吉光 院長の独自取材記事

高野歯科クリニック

(中野区/新中野駅)

最終更新日:2023/09/29

高野吉光院長 高野歯科クリニック main

新中野駅3番出口から徒歩1分。アーケードを進むと現れる犬の銅像が目印の「高野歯科クリニック」。「歯磨きワン」というユニークな法人名を持つ同院の院長を務めるのは、高野吉光先生だ。診療では噛み合わせに着目して、「口腔内を一単位として診る治療」を心がけている。同時に、患者と信頼関係を築くことも重視し、「患者さんの要望の7割は聞く姿勢でやっています」と優しい笑顔で話す。例えば、悪くなった歯を抜きたくないという要望があれば、最後は抜くことになっても、できる限り応えたいという方針で、患者と良好な関係を築き、より良い治療につなげている。じっくり患者と向き合う高野院長に、診療理念や力を入れる治療について話を聞いた。

(取材日2023年7月5日)

患者の要望を最大限かなえるため、最善を尽くす治療を

階下の入り口にあるかわいい犬の銅像が印象的ですね。

高野吉光院長 高野歯科クリニック1

そうですね。実は1996年に開業する際に私の父が彫ってくれたものなんですよ。今となってはトレードマークですね。他にも当時からこだわっているのは院内の明るさですね。来院してくださった患者さんを暗い中でお迎えしたら緊張されるのではないかと思い、光が入り開放感がある造りになっています。また、空気がよどまないようにすることもこだわっている点ですね。隣の診察台との間についたてを置きつつ、空気の通りは良くしています。空調も、風の流れができるだけ室内に満遍なく行き渡るような場所に設置しました。

医療機器や設備について教えてください。

治療に使う医療機器はなるべく新しい物を、という思いで導入してきました。今はレーザーや歯科用CTがある他、1日で詰め物やかぶせ物を作るためにCAD/CAMシステムを活用しています。当院の特徴の一つに、歯科技工士が常駐していることが挙げられます。通常、詰め物やかぶせ物は、型採りをしてから1週間程度かかりますが、歯科技工士がいることで、2~3日で作ることが可能です。さらに短期間でのご要望には、1日で製作可能なこのシステムを使うこともありますね。自由診療ですが、3D画像で補綴物が見られるのでわかりやすく、通院回数も減らせることで、忙しい方に喜んでいただけると思います。診療台は6台あり、治療にあたる歯科医師は、現在私を入れて3人体制です。私自身は矯正歯科も対応しており、インプラント治療の専門知識を持つ先生や難しい治療に対応できる先生もいらっしゃるのに加え、歯科衛生士も7人ほど在籍しています。

診療時にはどんなことを大切にされていますか?

高野吉光院長 高野歯科クリニック2

患者さんのお話を伺い、7割はご要望に応えたいと思っています。例えば、抜いたほうがいい歯でも、どうしても残したいならまずはそのように努めます。無理やり残せば、患者さんによっては痛みが出ることもあるかもしれません。それでも患者さんはご自身の意思で残すわけですから、多少痛くても納得してくださるものです。もちろん、抜いたほうが良いことはきちんとお伝えしますし、糖尿病などの疾患があって歯科治療が必要なケースでは、残念ですがどんなに希望されても残しません。本当に残したいとおっしゃる患者さんがいて、それが可能であれば、最善を尽くすように努めるということですね。歯を残す場合も「必ず定期的に見せに来てください」とお願いしています。ご自分の歯を長く使っていただきたいという思いは、開業以来変わりませんね。悪くなる前に適切な治療とケアをすれば、死ぬまで自分の歯を維持することも望めると知っていただきたいです。

笑顔で帰ってもらうための取り組みを追求

そこまで患者さんの要望に応えたいと思うのはなぜですか?

高野吉光院長 高野歯科クリニック3

患者さんと信頼関係を築きたいからでしょうね。診察では、私が思っていることはすべてお伝えしたいと思っています。詳しい説明が必要だと思えば、歯科用CTやエックス線の撮影画像もお見せして、治療の詳細まで理解していただくようにしているんです。虫歯の治療では、ちょっと削っておしまいと簡単に考える人も多いですが、実はそうではありません。かなり削ることになっても残したいのか要望をお聞きして、できるだけそのリクエストにお応えする。そうしたことの積み重ねで、患者さんと友達のような関係になれると思っています。理想は、「頑張って残そうとしたけれど、今回は駄目だったね」と笑顔で話し合える関係です。やっぱり患者さんには笑顔で帰ってほしいなと思っています。

患者さんに笑顔で帰ってもらうために、他に取り組んでいることはありますか?

患者さんのご要望に応えたいと考え、開業時に比べて診察時間を長くしました。土曜日は朝8時30分からやっているのに加え、午後の診療も17時30分までやっています。特に土曜日は患者さんが多いので、先まで予約が埋まりやすいんです。それで朝早くから開けるようにしました。また、患者さんからのリクエストに応える形で、できるだけ痛みを抑えるために笑気吸入麻酔も導入しています。

「口腔内を一単位として診る治療」を行っているそうですね。

高野吉光院長 高野歯科クリニック4

患部だけを診る治療ではなく、全体の噛み合わせを診て治療しています。噛み合わせが悪いと顔の筋肉が緊張しがちです。就寝中に歯ぎしりをするようになって体に負担をかけることもあるので、噛み合わせの治療によって、そうした症状の改善にもつながればと思っています。また、30代以降だんだん骨質が弱くなってくると、歯が強く当たるところは歯を支える歯槽骨の減りが早くなりやすいのです。ですから、詰め物を入れる場合は、できるだけ当たりが小さくなるようにしないといけません。全体のバランスを見て調整しますが、意識するポイントはほんの少し緩めにすること。捕綴物はぴったり噛み合うように入れたほうが良いと思われがちですが、歯のほうがやわらかくて削れやすいですから、少しだけ当たりを緩くすることで、歯に負荷がかからないようにしたほうがいいと考えています。そうした調整によっても、噛み合わせにアプローチすることができます。

超高齢社会においてますます重要となる「予測治療」

「予測治療」というものに力を入れていると伺いました。

高野吉光院長 高野歯科クリニック5

「予測治療」というのは、私のオリジナルの考え方です。問題が起きそうなところに早めに対応しておくとその後に違いが出るので、それを意識した治療のことです。例えば、患者さんとのお付き合いが長くなれば、ご本人に違和感はなくても「歯が微妙に揺れてきている」とわかることがあります。頻繁に通院できない後期高齢者の患者さんであれば、口腔内や歯の状況がどうなるかを予測して、先に入れ歯を作っておくということもできるでしょう。そうすれば、ぎりぎりまで歯を残して、次までにどうなっているか不安な場合でも、1回の来院の中ですぐに欠損箇所を埋めて、歯がない期間が生じることを防げるかもしれません。長く通って信頼関係が構築できている方ですと、そうした対応も可能です。あらかじめ予測して備えておけば、いざという時に患者さんも私も安心できます。高齢化が進む社会で、今後必要になる治療ではないでしょうか。

ところで先生が歯科医師をめざしたきっかけは何ですか?

もともと人助けがしたくて、医療の道を志しました。歯科医師を選んだのは、手先の器用さに自信があったことも理由の一つです。卒業後は研鑽を重ねるためにいくつかの歯科医院に勤め、最初のクリニックでは顎から噛み合わせ全体を見て治療する、全顎的治療を学びました。次のクリニックでは口腔外科を中心に、薬の扱い方と全身管理を、さらにその次のクリニックでは矯正とインプラント治療を経験しました。その後、一人でもやっていけると思い、開業してから約30年たちます。最初の頃からお世話になっている患者さんで、長年の関係からどんな治療も任せてくれる方もいらっしゃるんですよ。うれしいことですね。

今後の展望とメッセージをお願いします。

高野吉光院長 高野歯科クリニック6

高齢化が進んでいますが、どんな治療がいいかは人によって異なり難しい面もあります。私も模索しながらですが、「患者さんの要望を7割聞く」をよりどころに診療していきたいと思っています。もし口の中で気になることがあれば、最初は相談だけで構いませんからぜひご来院ください。こちらが提示する治療方針について、その場で決めなくても大丈夫です。一度帰って考えてからでいいですし、セカンドオピニオンを聞いてきてからでも問題ありません。何でも気軽にご相談いただけたらと思っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正/55万円~、インプラント治療/42万円~、ホワイトニング/1万2000円~、詰め物/2万2000円~、かぶせ物/7万7000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access