求人情報ON
医療法人社団誠船會  船戸耳鼻咽喉科医院

医療法人社団誠船會 船戸耳鼻咽喉科医院

船戸 宣利院長

27541 %e8%88%b9%e6%88%b8%e8%80%b3%e9%bc%bb%e5%92%bd%e5%96%89%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

「船戸耳鼻咽喉科医院」は、医師として4代、耳鼻咽喉科の医師として3代続くクリニック。現理事長である父の船戸昭利先生の背中を追い、5年前より同院にて診療を始め、院長を務めている船戸宣利先生。同院での診療以外でも、昭利先生は校医として、宣利先生も中野区で講師を務めて啓発活動を行うなど、地域に根付いた活動をしており、長年地域住民に親しまれている。親子3代にわたって来院している患者もたくさんいるそうで、地域とともに歩み続けてきたクリニックだ。2017年にバリアフリー対応にするなど、クリニックをリニューアルし新しくなった同院。今回は宣利先生に診療や患者にかける思いを含めてクリニックについてたっぷりと話を聞いた。
(取材日2018年1月28日)

親子3代で地域に根付いて診療を行うクリニック

―耳鼻咽喉科の医師として3代目の船戸院長ですが、子どもの頃はお父さまの仕事をどのように見ていましたか?

僕自身も子どもの頃は風邪を引くと父に診てもらっていました。父に対しては、患者さんから慕われ、信頼を寄せられている印象を働く姿を通して強く持っていましたね。そして私が大学受験を控えているときに、自分のめざす道は本当に医師で合っているのか、と考えていたある日のこと、父の患者さんに「いい後取りになってね! 期待しているよ!」と言われたんです。僕に期待を寄せてくださっている患者さんの存在がうれしく、その言葉が僕の背中を押してくれましたね。大学の臨床実習でさまざまな診療科を回りましたが、いつか父の後を継ぎたいという目標があったので、私自身も関心があった耳鼻咽喉科を専門に選びました。勤務医時代は、嚥下障害をはじめ、咽喉頭異常感症、喉頭疾患など喉に関する研究に力を入れていた他、めまいに関する診断・治療も多く行ってきました。

―その後、いつからこちらに勤務されるようになったのでしょうか?

父の元気なうちに一緒に診療をしたいという思いがあり、2012年よりこちらで診療しています。小さい頃から父に診療してもらっていたので、診療を始めた時、やっと目標にたどり着けたという感慨深い気持ちでいっぱいでしたね。私も父も全般的に診療を行っていますが、私は現在も大学病院で外来を行っているので、新しい治療法に精通し得意としています。父は、舌下免疫療法の臨床治験の段階から携わっていたりと、アレルギー疾患、喘息の治療を専門としています。また、地域医療に関しては父が先輩で、患者さんとの接し方など大学の医局では学べないことがたくさんあり、見習うことが多くありますね。それまで私は長らく大学病院に勤務していたので、扱う病気や患者さんとの距離感の違いに、当初は地域医療の難しさを感じたのを覚えています。

―患者さんはどちらからいらっしゃいますか?

主に近隣にお住まいの方にご利用いただいています。患者さんとの付き合いも長く、祖父の代から親子3世代で受診されている患者さんもいらっしゃいます。ですから、患者さんの中にはいまだに私を「坊や」と呼ぶ方も多くいらっしゃるんです(笑)。そうして地域と一緒に成長させていただいていることをうれしく思いますね。また、当院のスタッフの中には10年以上勤務している者もおり、患者さんについてよく把握していますので頼りになりますし、変わらないスタッフの存在も患者さんに安心して通院いただける理由の一つだと思います。最近はホームページをリニューアルしまして、それを見て舌下免疫療法やレーザー治療、めまいの治療を希望されて来院される方も増えましたね。それといまだにクチコミによる来院が多いのも当院の特徴です。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細