沼崎歯科医院

沼崎歯科医院

沼崎 光 院長

27285 df 1 main 1387268829

JR中野駅北口出て、早稲田通りを西に5分ほど歩くと、「沼崎歯科医院」が見えてくる。院内にある2台のユニットは、それぞれ半個室状となっていて、プライバシーへの配慮が工夫されている。同院の沼崎光院長は、大学院で歯周病を専攻し博士号を取得した専門医だが、「基本に忠実でありたい」と一般治療にも力を入れている。時間をかけてじっくりと取り組む誠実な姿勢が評判を呼び、紹介やクチコミで来院する患者も少なくないそうだ。枝葉の知識よりも、幹に該当する問題解決を重視するという沼崎先生に、歯周病に関する専門家の知見を伺ってみることにした。
(取材日2013年12月5日)

自慢のロードレーサーで毎朝通勤、体力づくりに挑戦中

―先生のご出身はどちらですか?

私は茨城県の土浦市で生まれ、大学も実家から通っていました。中学生のころはサッカー部に所属していましたが、当時はJリーグもまだ誕生しておらず、あまりメジャーな存在ではありませんでした。サッカー部のある学校自体が、市内に2校ぐらいしかなかったんじゃないかな。いつもその学校と試合をしては、負け続けていましたね。実家が歯科医院を開業していまして、家に帰ると父親が技工物に取り組んでいたことを思い出します。私が歯科医師を目指そうと考えたのも、父親の影響があるのでしょう。一時は一般医科も考えたのですが、結局、日本大学歯学部へ進学することになりました。

―大学で取り組んでいたことはありますか?

体を動かすことが好きなので、大学では、競技スキー部に入りました。スキー自体は、小さい頃から親に連れられて滑った経験があったのですが、ポールの間をくぐり抜けるタイムアタックですからね。一般のスキーとは、滑り方も道具も違います。全日本歯科学生総合体育大会では、チーム優勝をしたこともあるのですよ。この大会には、卒業したOBや諸先輩も、その日だけは休みを取って駆けつけてくるんです。盛り上がった雰囲気の中で栄冠を勝ち得たのは、今でもいい思い出になっています。

―今でもスキーは続けているのですか?

すっかりご無沙汰しています。今の趣味は、あえて言えば自転車でしょうか。近所に自転車好きな方がいて、話をしているうちに興味を持ち始めてきました。テレビでツール・ド・フランスの特集をやっていると、つい見てしまいますね。ご存じの方も多いかもしれませんが、あのレースは、基本的にチーム戦なんです。特定の人に勝たせるために、ある者は先頭を切って風よけになるし、ある者は後に控えていざというときの体力を温存する。そうした普通のスポーツとは違うところに、おもしろさを感じます。それで、つい影響されて、ロード・レーサータイプの自転車を購入してしまいました。運動不足を感じていたところだったので、毎朝通勤に利用しています。また時間ができたらスキーにも行きたいですね。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細