全国のドクター9,207人の想いを取材
クリニック・病院 160,820件の情報を掲載(2021年4月15日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 台東区
  4. 浅草橋駅
  5. 医療法人社団 恵愛会 腰原歯科クリニック
  6. 腰原 偉旦 院長、腰原 輝純 副院長

腰原 偉旦 院長、腰原 輝純 副院長の独自取材記事

腰原歯科クリニック

(台東区/浅草橋駅)

最終更新日:2020/04/01

26942 %e8%85%b0%e5%8e%9f%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

浅草橋駅前という好立地にある「腰原歯科クリニック」。待合室や診察室には腰原偉旦(こしはら・ひであき)院長の家族が作製したという油絵や木彫りの壁掛けなどが飾られ、温かい雰囲気が漂っている。長年、地域の高齢者のために噛み合わせの診療や口腔ケアに注力してきた同院では、クリニックの継承とさらなる発展のため、2019年4月より腰原院長の息子である腰原輝純(てるよし)副院長が診療に加わった。補綴や咬合治療の専門家である腰原院長と、「父が大切にしてきた患者さんや想いをきちんと引き継いで、子どもから高齢者まで幅広い世代の患者さんに信頼されるクリニックへと成長させていきたい」と語る輝純副院長に、診療の内容やモットー、今後の展望について話を聞いた。
(取材日2020年2月17日)

二診制を導入し、より充実した歯科医療を提供

2019年4月から、二診制を導入されたそうですね。

1

【腰原院長】はい。息子には数年前から手伝いに来てもらっていたのですが、昨年から本格的に一緒に診療しています。私が補綴を専門としていることもあって、当院の患者さんは入れ歯や噛み合わせに悩む高齢者が中心です。その点、息子も補綴が専門ですから安心して任せられます。一方で、今後を考えると、高齢の患者さんだけでなく若い世代の患者さんを増やしていく必要があります。私はこれまでの経験を息子に継承しつつ、息子から新しい知識や技術を教わっていくつもりですし、息子も開業医として一人前になるため、専門外のことも積極的に学んでいく必要がありますね。幸い息子は性格が穏やかで、子どもにも優しいんです。一生懸命やっていけば、きっと若い世代にも慕われる良い歯科医師になるだろうと期待しています。

お二人の経歴とご専門をお聞かせください。

【腰原院長】1974年に東京医科歯科大学を卒業し、約11年間、補綴科の文部教官として大学に残った後、1985年に開業しました。普段の診察でも義歯のメンテナンスや噛み合わせなどを診る機会が多いですね。噛み合わせの異常は、発音機能の低下や転倒リスクの上昇などさまざまな悪影響を及ぼすことが考えられますから、全身の健康状態を意識しながら口腔ケアを行うことを重視しています。
【輝純副院長】私は東京歯科大学を卒業後、同大学の大学院へ進み補綴学を学びました。その後、東京歯科大学の講師として水道橋病院にて研鑽を積み、2019年4月から週3回、当院で診療しています。専門は父と同じ補綴ですが、中でも歯科用CAD/CAMシステムを用いたクラウンやブリッジによる補綴物治療を得意としています。

輝純副院長、大学病院とクリニックで診療に違いを感じておられますか?

2

【輝純副院長】大学では診療ペースが緩やかだったので、歯周病患者さんへのブラッシング指導なども含め、すべての治療を自分で行っていました。一方、当院は患者さんの人数が多く、スピーディーにテキパキと診察することが求められます。しかし、幸い当院には優秀な歯科衛生士が3人、常勤で勤務してくれていますから、ブラッシング指導など歯科衛生士に任せられるところは任せて、私と父は治療に専念できる体制が整っています。私が一人で全部診るのでなく、スタッフ全員で一人の患者さんを診ることで診療により深みが出ると感じており、そこが大学病院での診療と大きく違う点だと思います。

患者の声を聞き、真摯に向き合う姿勢を大切に診療

こちらのクリニックの特徴を教えてください。

3

【腰原院長】虫歯や歯周病の治療をはじめ、一般歯科領域を幅広く診察していますが、やはり私たちの専門が補綴治療ということで、入れ歯についてのご相談が多いですね。中でも部分床義歯の方がメンテナンス不足によって噛み合わせ異常を起こし、来院されるケースが目立っています。それから、私と息子が籍を置いていたそれぞれの大学が近いので、意見を求めることができたり、大学病院へのご紹介をスムーズに行えるといったことも特徴として挙げられます。余談ですが当院の待合室にも一つ特徴があって、あちこちにイノシシがいるんですよ(笑)。私の干支がイノシシだということで、家族がプレゼントしてくれた人形や絵を飾ってあるのです。今ではイノシシが当院のマスコットキャラクター的な存在になっています。

院長先生の診療モットーを教えてください。

【腰原院長】患者さんの訴えを真摯に受け止めることでしょうか。時には、患者さんが「この歯が痛い」という訴えで受診され診察しても、何も悪くないということもあるんです。ですが、そこで私が問題ないと済ませてしまっては、痛みは取れないままになってしまいます。それでは患者さんのためにならないので、周りの歯や口腔内の状態にまで視野を広げて診るなどしながら、痛みの原因を見つけて治療していくわけです。知識や経験があるからこそできる診療方法ではありますが、患者さんを理解しようという気持ちがなければ、正しく診ることはできません。そのためにも、普段の何げない会話から患者さんのニーズをくみ取ることが大切だと思います。「何となく違和感がある」など、患者さん自身もうまく言葉にできなかった悩みにきちんと対応することで信頼関係が生まれますし、患者さんも非常に喜ばれますね。

輝純副院長の診療モットーもお聞かせください。

4

【輝純副院長】基本的には、患者さんが望むゴールにどこまで近づけるかを考えながら診療しています。お互いのゴールが乖離(かいり)している場合は、患者さんとよく話をして、理解を共有しながら治療を進めるようにしています。そのためには、患者さんとのコミュニケーションが大切です。特に初診時は緊張している患者さんが多いので、緊張を和らげるためによく笑うようにするなど、話しやすい雰囲気づくりを心がけています。

歯と口の健康を通じて全身の健康へ貢献

最近、力を入れている分野はありますか?

5

【輝純副院長】父が掲げてきた「噛むことは健康の源」という合言葉を継承し、口腔の健康だけでなく全身の健康維持にも貢献していければと思っています。近年、老化による噛む・飲み込む・話すといった口腔機能の衰えを示す「オーラルフレイル」の概念が提唱されています。よく噛むことは脳への刺激につながり、脳の機能が活発になりやすいことから認知症の予防が期待されていますし、唾液の分泌も活発になりやすいです。唾液には口腔内を自浄する作用があり、虫歯や歯周病の予防のほか、インフルエンザなどの感染症や誤嚥性肺炎の予防など、お口と全身の健康を維持する上で重要な働きを担っています。口腔内の乾燥やストレスが、唾液の減る一因になります。必要な方には口や舌の運動や唾液腺のマッサージなど、唾液の分泌を促すケアをお勧めしています。

今後の展望をお聞かせください。

【腰原院長】体が動くうちは週に何度か診療に出て、できることをやっていこうと思っています。また、念願だった歯に関する博物館を、2019年11月に埼玉県幸手市にオープンしました。長年、趣味で集めてきた、お歯黒の道具、歯科用足踏みエンジン、昔の入れ歯など、歯に関する骨董品を展示しています。今後はこの博物館をさらに充実させていきたいですね。

輝純副院長は、いかがですか?

6

【輝純副院長】私は補綴を専攻しているので歯を削る機会が多いのですが、理想を言えば、削る状態になる前の段階から患者さんに関わることで、口腔内のケアや歯を守るお手伝いができればと思ってきました。今後はその理想を実現するため、すでに当院へ来てくださっている患者さんだけでなく、患者さんのお子さんやお孫さんも一緒に来ていただけるようなクリニックづくりに注力していきたいです。小さい頃から家族と一緒にクリニックに通っている子どもは歯科医師を怖がらないので、定期的に噛み合わせのチェックや歯磨きの練習ができ、虫歯になるリスクも抑えられます。予防歯科に取り組んでいくことで、子どもや若い人たちの歯も守っていければと考えています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

義歯:金属床/15万円~(材料・欠損状態による)、
クラウン1歯:オールセラミック(ジルコニア)/14万円、メタルボンド/10万円
ホワイトニング:上下顎1回目3万円、2回目(1年以内)2万5000円
※すべて税抜き

Access